伊勢の国で対立した国人氏族

 

        長野氏       関 氏

            北勢四十八家

            

 

   長 野 氏

 長野氏は伊勢4家のひとつで、始祖は工藤祐経であります。その子の祐長が長野の地頭と

なり、その子の祐政が長野氏を名乗ったのがはじまりであります。祐政の長男の祐藤は文永

11年(1274)に長野城を築き居城としました。祐藤の長男の祐房は家督を継ぎ、次男

の祐高は雲林院家を、三男の祐宗は細野家を興して長野家の分家として有力な一翼を担いま

した。

 長野氏は足利尊氏に仕え、北畠氏と対立していました。暦応元年(1338)の北畠顕家

の義良親王を奉じての吉野下向を高 師秋の命でさえぎったりして北朝側として行動しまし

た。北畠顕能は大宮尾張守・阿曽宗貫ら3000で長野氏討伐にむかわせますが、高 師秋

の来援により長野氏側の勝に終わりました。北畠顕能は興国6年・貞和元年(1345)に

長野氏の一族である佐野孫三郎を介して雲林院出羽守・細野掃部助に味方に来れば長野氏の

所領を2分して与えると誘って北畠側につかせました。同7年(1346)、大宮尾張守・

阿曽宗貫に雲林院・細野両氏が加わって長野城を攻撃、当主長野藤房ら一族・家臣が自決し

て城は陥落、藤房の子豊藤は京都に脱出して雲林院出羽守が長野城主になりました。

 高 師秋は同年から正平5年・観応元年(1350)まで再三にわたって長野城を攻めて

北畠氏と戦いつづけたが、9月に師秋は1万余の軍で長野城を攻めたが敗れて矢田城へ逃

げ込みました。そして近江への脱出の途中、鈴鹿山麓で北畠軍に捕らえられて殺されまし

た。翌年(1351)、今度は仁木義章が伊勢守護となります。義章は翌年(1352)

に北畠氏攻略をはかり、長野豊藤を嚮導役として長野城を奪回します。その後仁木義章は足

利義詮を捕らえて自立をはかります。しかし失敗し、伊勢に下向し幕府の追討軍に抵抗する

が、土岐善忠・佐々木崇永の軍に敗れて康安元年(1361)に南朝に下ります。5年後今

度は南朝に背いて京都に帰り、伊賀の守護となりました。その後長野豊藤が長野城を自力奪

回し再興しました。

 長野氏6代長野経藤のとき、次男の藤忠が中尾家、四男の藤照が川北家を継いで、長野氏

は安濃・奄芸2郡を基盤として中伊勢の有力国人としての勢力をかためました。南北朝合体

後の応永21年(1414)の伊勢国司北畠満雅の小倉宮を奉じての挙兵には幕府に従って

当主長野満藤は土岐持益・仁木満長とともに北畠氏を倒しました。そして正長元年(142

8)にまた北畠満雅の小倉宮を奉じての挙兵にも幕府側として加わり、仁木持長・一色義貫

らとともに岩田山の合戦に勝ち、北畠満雅を敗死させています。この功績によって将軍足利

義教に一志郡を与えられました。その後長野氏は北畠国司家と抗争をつづけるが、永享9年

(1437)に足利義教の命令により細川成之に従って大和多武峰に出て、翌年長野満藤は

草生大和・中尾民部・雲林院ら一族を率いて世保持頼を三輪に攻めて討ちました。

 文正元年(1466)の将軍足利義政夫妻の神宮参詣の時は伊賀柏原に、守護一色氏を安

濃津に迎えました。翌年の応仁の乱では守護の一色義直に従って山名方の西軍に属し、細川

方の東軍に従った国司北畠氏と戦いました。東軍の細川勝元は強化のために足利義教に殺さ

れた世保持頼の子の世保政康を伊勢に侵入させました。しかし政康は西軍となり、北畠教具

に討たれました。そして北から土岐成頼が侵入、そして北畠教具の死去による子の北畠政郷

の西軍参加により西軍が有利となりました。長野氏は自己の勢力の保持・拡張のため、美濃

の土岐成頼・斎藤利国らとむすんで北伊勢に進出、桑名まで至りました。北畠政郷は長野氏

を討つため攻め込みましたが、敗れて神戸城にこもりました。

 15代長野藤定は南伊勢に勢力をひろげようと画策し、5000の兵で北畠氏と垂水鷺山

で戦いましたが、勝敗はつかずに互いに南北に退きました。それからも北畠氏と中伊勢で攻

防戦あるいは共闘がつづきました。天文13年(1542)、長野氏は北畠氏・関氏らとと

もに美濃の土岐氏・越前の朝倉氏とむすんで近江の六角氏を助けて京極氏を攻めています。

天文16年(1545)から18年(1547)にかけて北畠晴具は長野氏を抑えようと襲

撃、戸木と七栗の間の葉野で戦い、長野方の大将分部与三右衛門が戦死するなど激戦になり

ました。弘治3年(1557)には神戸氏で一族・家臣の間で内紛が発生、神戸氏は長野氏

に救援を要請、長野藤定は同心し、神戸城にこもった反乱した家臣を討ったが、永禄2年(

1559)に藤定は神戸具盛の西条の居城を攻めましたが、夜襲にあって大敗しました。

 永禄元年(1558)、長年の北畠氏との抗争に終止符がうたれました。長野氏は北畠氏

と講和をすすめており、ついに議が整って北畠具教の次男具藤を長野藤定の養子とすること

に決定、長野氏は北畠氏の幕下にはいって一本化しました。そして具藤を筆頭に赤堀氏と塩

浜で戦ったり、関氏の神戸西城を攻めたが敗れました。永禄11年(1568)になると尾

張より織田信長が中伊勢に侵攻を開始、長野氏を滅ぼすために安濃城の長野一族の細野藤敦

を攻めました。長野一族は信長に対して和戦両論にわかれ、細野藤敦は抗戦固守を主張し、弟

の分部光嘉・川北藤元は和睦を主張しました。藤敦は安濃城で抵抗したが、光嘉らは和睦のた

め、信長の弟の三十郎信包を長野氏の養子とすることを申し入れました。長野具藤は細野藤敦

に異心ありという流言にまどわされ、藤敦を攻撃したので藤敦は長野城を攻めて具藤を多芸に

逃亡させました。長野一族は永禄12年(1569)、信包を正式な長野家宗主に決定、安濃

津・上野に本拠地をおいて織田家の幕下にはいりました。

 伊勢の有力国人として勢力をはっていた長野氏ですが、北畠氏との抗争の間、同族連合の古

い形のままであり、戦国大名まで成長できませんでした。そのまま織田氏に屈し、北畠討伐に

参加して従軍しました。その後、前当主の具藤は信長によって天正4年(1576)に田丸城

で殺され、長野氏は滅亡しました。一族の細野藤敦は織田信包の清洲行の隙に長野城を奪回、

しかしもどってきた信包に攻められて、一身田専修寺に逃れ、のちに豊臣秀吉の家臣となり、

秀吉の側室松の丸殿の家司となりました。雲林院氏は伊勢を離れ、分部氏の光嘉は信包の城代

として上野城にはいり、のちに豊臣氏に仕えて上野1万石の大名となりました。そして関が原

で東軍に属して戦い、徳川家康より加増されて2万石の近世大名として生き残りました。

 

 ・長野氏系図・

  工藤祐経―――祐政―――長野祐藤―――祐房―――藤房―――豊藤―――経藤―――義藤┐

  └満藤―――宗忠――┬政藤
                 ├藤継
                 └藤直―――通藤―――稙藤―――藤定====具藤 

                           

 

    関  氏

  関氏は伊勢の鈴鹿地方の関谷の地頭だった平 実忠が始祖であります。実忠は平 資盛の子

の平 盛国の子であります。元久元年(1204)の三日平氏の乱によって平 実忠が功績を立

て、関谷の地頭に補任されて初代関氏を名乗りました。「吾妻鏡」では関左近大夫実忠の名で、

平 盛綱ら北条氏重臣とともに記述されており、北条氏の重臣として鎌倉において活躍していた

のでしょう。その後、実忠は宝治元年(1247)に老齢のために本領に帰り、久我に住みまし

たが、ここは中心から離れていて不便であったので領内の野村の板淵氏と2年間の交渉のすえ、

亀山に移動しました。そして同地の亀山城において文永2年(1265)に死去しました。

 2代目の盛泰、3代目の盛光、4代目の盛勝、5代目の盛治とあいついで関谷24郷の地頭と

なりましたが、常時鎌倉に在住し、幕政に参与していたので、領地の関谷には目代をおいて治め

させておりました。しかし、目代の氏名や土地行政・行動は明らかではありません。6代目の盛

政の代になると関氏は勢力をのばしはじめ、正平15年(1361)の伊勢守護の仁木義章討伐

に功績を上げ、鈴鹿・河曲の2郡を与えられました。そして自分の5人の子を亀山・神戸・峰・

鹿伏兎・国府の各城に配置して各氏を名乗らせ、北伊勢随一の豪族に成長しました。その後9代

目の盛雅は応永6年(1399)の応永の乱に幕府方について伊勢国司の陣にはせさんじて活躍

したり、応永20年以降再び起きた南北朝の激しい対立では北畠満雅の挙兵に従って幕府と戦っ

たりしました。応仁の乱では10代目の盛元が相国寺の戦いで、備前の松田氏とわずかな兵で三

条殿を固めていましたが、山名方の大軍に敗れて松田氏は戦死、盛元はしりぞきました。

 戦国時代にはいると、中・北伊勢に勢力をのばしていましたが、織田信長の西上によって関一

党はつぎつぎに信長に降伏したり、離散したりして、12代目盛忠も天正2年(1574)の長

島の戦いで戦死しています。本能寺の変後羽柴秀吉と柴田勝家の争いでは関家中でも両派に分か

れて争い、関城を守っていた滝川法忠らは秀吉に攻め落とされ、関 盛信が入ることになりまし

た。その後、関氏は蒲生氏郷の麾下に入り、九州征伐や小田原征伐に参加し、氏郷の会津転封に

は盛信も同行して白河城に入り、文禄2年(1593)に同城で死去したとされています。

 

 ・関氏系図・

  平 資盛―――盛国―――関 実忠―――盛泰―――盛光―――盛勝―――盛治―――盛政―――盛繁┐

 └隆盛―――盛雅―――盛元―――盛昭―――盛貞―――種盛―――盛雄―――┐

 └盛信――┬盛忠
        ├ 一政―――氏盛―――長盛―――久盛
        └ 一俊

  

 

      北勢四十八家

 

   北勢四十八家とは、北伊勢(特に現在の四日市市の周辺)に勢力をもった小規模豪族の集合体で、

  総勢五十三家あり、五家オーバーしている。途中で興亡入替等や、同名の別系家があり、正確な四

  十八家は不明である。ここで、その五十三家中四十九家の出自を簡略に紹介したい。  

 

    1・千種家

   千種城主で1000の兵力。千種忠顕の末裔で、伊勢岡村に築城する。千種常陸介忠治は独立勢

  力として存在していたが、弘治元年(1554)に六角義賢軍の小倉河内守が侵入してくると

  六角家家臣の後藤但馬守の子を聟として千種三郎左衛門尉とし、六角配下となった。そして忠

  治は剃髪隠居し、ト斎と名乗った。しかし忠治は子・又三郎に継がそうと計略をはかるが見破

  られて、忠治父子が寺方村大日寺参詣の旅に行ったときに城門を閉じられて、城を追われた。

   忠治は川北村に武士を集めて千種三郎左衛門を攻撃するが敗れて六角の配下となった。滝川

  一益が伊勢長島を平定して、攻撃してくると六角のスパイとして滝川軍に参加、しかし見破ら

  れて又三郎は殺害された。忠治は伊賀に難を逃れて遁世した。本能寺の変後、織田信雄の召集

  を受けて、音羽村600石の領主となった。養子の千種左衛門は美濃加賀井の戦いで戦死、忠

  治は大坂の陣まで生存し、大坂城に篭城中戦死した。

    2・神戸家

    「その他の北畠一族」の項を参照してください。

    3・赤堀家

     三重郡赤堀城主・朝明郡羽津城主。藤原秀郷の五男・千常の11世の孫・忠綱の末裔。忠綱の子

    である佐野小次郎の8世の孫・佐野景綱が伊勢国司に仕えて赤堀城を築城した。北畠国司家の与

    力として、神戸具盛の子・具之を養子に迎えた。

    4・楠家     

     三重郡楠城主。楠木正成の子孫ともいわれるが、当主・楠十郎は諏訪氏の出自で信濃諏訪氏か

    ら養子として迎えられているともいう。のちに楠貞孝が神戸具盛の娘を嫁している。500人の兵を擁

    している。

    5・朝倉家

     朝明郡持福城主。鎮守府将軍平惟茂の末裔である城 鬼九郎の子孫。源平合戦期の越後の武士

    城 資永の子・資光が伊勢に来て朝倉を称して持福城を築城し、居住する。当主朝倉下総守光豊は

    神戸氏の与力であったが、滅亡後は信長に仕えた。

    6・南部家

     朝明郡富田城主。源義光の後裔。元々富田城は仲原肥前守一族の城であったが、断絶したので南

    部頼武が信濃からやってきて継いだという。5世孫・南部少輔兼綱は信長が侵攻してくると、信長に属

    している。

    7・春日部家

     朝明郡萱生城主。伊勢平氏富田家資の後裔。文治5年に富田家資が源頼朝に捕らえられて伊勢に

    流され、春日部を称する。子孫の春日部宗方は西国に移動したが、また伊勢に戻り萱生城を築城した。

    戦国時代、4世孫・春日部大膳亮俊家は千種家と武威を挙げている。

    8・稲生家

     奄芸郡稲生城主。物部守屋の末裔である和田兼通の子孫。稲生勘解由左衛門兼顕は織田信長に属

    して曽原の戦いで戦死した。

    9・矢田家

     桑名郡矢田城主。元々毛利氏の家臣で山内を称していた。永禄11年に山内俊頼が戦死、その子・俊

    行も菊池氏戦で戦死、俊行の子・俊元が伊勢に移動して伊勢国司に仕えて、矢田に築城して矢田氏を称

    する。天正5年に滝川一益に滅ぼされた。

    10・田原家

     三重郡赤堀城主。当主・田原肥前守は赤堀氏と同系で、関氏の配下。

    11・田丸家

     「その他の北畠一族」の項を参照してください。

    12・後藤家

     三重郡宇野部城主。当主は後藤民部実重。

    13・沼木家

     朝明郡柿城主。当主・沼木太郎宗治入道宗喜は神戸氏の与力であったが、弘治3年に小倉河内守の攻

    撃で滅亡した。

    14・大矢知家

     大矢知遠江守という当主がいたが、信長の伊勢平定後は柴田勝家に仕えた。

    15・片岡家

     桑名郡上深谷城主。当主は片岡掃部郎。

    16・水谷家

     桑名郡大鳥井城主。当主は水谷與三兵衛。

    17・栗田家

     員弁郡縄生城主。伊勢新九郎氏綱の一族。当主は栗田監物季重で、北畠国司家の配下であったが、

    天正5年に滝川一益に滅ぼされた。

    18・高井家

     員弁郡小山城主。北畠国司家配下で、当主は高井民部少輔。

    19・小串家

     員弁郡猪飼城主。北畠国司家配下で、当主は小串次郎右衛門常政であるが、天正5年に縄生城の戦

    いで戦死した。

    20・赤堀家

     朝明郡中野城主。もうひとつの赤堀家で、当主は赤堀藤左衛門。

    21・草薙家

     桑名郡御衣野城主。当主は草薙出雲守。

    22・横瀬家

     朝明郡広永城主。当主は横瀬勝五郎。

    23・春日部家

     朝明郡伊坂城主。当主は春日部太郎左衛門。

    24・江見家

     北畠国司配下で、当主は江見藤七郎。土地は不明。

    25・後藤家

     桑名郡別所城主。当主は後藤弥五郎。

    26・後藤家

     桑名郡糠田城主。当主は後藤太郎左衛門。

    27・春日部家

     員弁郡星川城主。当主は春日部若狭守。

    28・毛利家

     員弁郡桑部城主。当主は毛利次郎左衛門。

    29・松岡家

     員弁郡上井城主。当主は松岡彦之進。

    30・富永家

     員弁郡長深城主。当主は富永筑後守。

    31・保々家

     員弁郡保々城主。当主は保々越前守。

    32・多度家

   員弁郡笠田城主。当主は多度大蔵助。

    33・治田家

   員弁郡治田城主。当主は治田山城守。

    34・片山家

   上木城主(郡は不明)。当主は片山主計であったが、天正5年に縄生城の戦いで戦死。

    35・西野家

   員弁郡野尻城主。当主は西野左馬助であったが、天正5年に縄生城の戦いで戦死。

    36・伊藤家

   桑名郡桑名城主。当主は伊藤武右衛門。

    37・野村家

   員弁郡島田城主。近江佐々木氏の末裔。当主は野村兵庫助。

    38・浜田家

   三重郡浜田城主。当主は浜田遠江守宗武。

    39・小阪家

   桑名郡梅戸城主。当主は小阪源九郎政吉。

    40・近藤家

   員弁郡白瀬城主。当主は近藤弾正左衛門尉吉綱。

    41・種村家

   員弁郡大泉金井城主。当主は種村弾正左衛門尉であったが、滝川一益によって子・千代次

  とともに長島で戦死。

    42・伊藤家

   桑名郡松が島城主。元々工藤氏を称して長野家配下。当主は伊藤四郎重晴。

    43・渡辺家

   桑名郡東方城主。当主は渡辺掃部郎。

    44・矢田家

    桑名郡走井城主。当主は矢田市郎右衛門尉。

    45・森家

    桑名郡中江城主。信長侵攻後は信長に仕え、当主・森小一郎と子・清十郎は北畠家を攻めている。

    46・安藤家

    桑名郡深谷部柳が島城主。当主は安藤左京進。

    47・片岡家

    桑名郡堺村城主。当主は片岡掃部郎。

    48・西松家

    桑名郡柚井村城主。当主は西松要人。

    49・近藤家

    桑名郡深谷部北狭間城主。藤原鎌足の末裔、近藤宗高が後醍醐天皇に仕え、京都で戦死。その7世

   の孫である近藤左京進の子が当主・近藤右京亮教恵。