その他の北畠一族

 

木 造 家(木造御所・戸木御所)
大 河 内 家(大河内御所)
星 合 家
坂 内 家(坂内御所)
田 丸 家(田丸御所)
波 瀬 家(波瀬御所)
岩 内 家(岩内御所)
大 阪 家(大阪御所)
神 戸 家
藤 方 家(藤方御所)
滝 川 家
北 畠 国 永 一 族 家
北 畠 政 成 一 族 家(東御所)
方 穂 家
森 本 家
そ の 他 の 一 門

 

 

木 造 家

 この木造家は北畠一族の中でも重要な位置を占めた一門で、北畠顕能の子の顕俊が氏祖で

木造氏を名乗り、その長男の俊通が早世したので、北畠顕泰の子俊康が木造氏を継ぎ一志郡

木造城を拠点としました。木造氏は他の一門とはちょっとちがっています。明徳4年(13

93)に足利義満が伊勢神宮参詣の時に、「北畠殿」と呼ばれ、さらに木造俊康は義満の烏

帽子子となり、叙爵されています。この時より、北畠氏をはなれて将軍家の附属となり、京

都油小路に屋敷を建てて、「油小路殿」とも呼ばれました。

 この木造氏は北畠一門でありながら、宗家に対して何度も弓を引いています。まずは北畠

満雅の良泰親王を奉じての挙兵の時であり、このとき木造当主俊康は足利幕府につき、留守だ

った木造城は満雅に攻略されました。これを聞いた幕府は土岐持益を先頭に木造俊康を城に

送り出陣、木造城の城番である義理の弟雅俊を破って城を取り返し、俊康が入りました。そ

してまた北畠氏のもとに入ったり、忙しく出入りをつづけています。しかし、官位について

は北畠氏と同格の叙位をされていました。ほとんどの当主が参議または権中納言に任ぜられ、

官位に関してもほかの一門とは別格の扱いでありました。

 戦国時代に入ると、木造政宗は木造城の北西に戸木城や川北城などを築城し、宗家ととも

に長野氏などの国人と戦っており、応仁の乱では足利義視の出迎えなども行っています。明

応6年(1497)の木造師茂の乱では娘婿の師茂に味方して北畠材親に攻められています。

その後、当主が北畠具教の弟の木造具政になったときに織田信長が現れます。具政は北畠家

の馬揃え祭に際に、馬番が田丸・大河内・坂内の3大将の後という事に不満を示し、さらに信

長に通じた源浄院の僧(滝川雄利)と柘植三郎左衛門尉らにそそのかされて織田信長に通じ、

宗家北畠家に謀反を起こします。宗家北畠軍は木造城を攻めますが、木造軍の屈強な防衛と

織田軍の援軍により苦戦し、信長の本隊が来ると撤退しました。そして信長は木造城に入り、

軍議を行っています。北畠具房の養子に織田信長の子信雄が入るとその与力家臣となる。そ

の後、木造氏は織田信雄・徳川家康と羽柴秀吉の戦いである小牧・長久手の戦いに前哨戦段

階から信雄軍として登場します。具政の子の長正は戸木城にこもって秀吉軍の蒲生氏郷軍と

戦ったが、信雄と秀吉が講和したために田辺城に退去しています。その後は豊臣秀吉に転仕

し、信長の孫・織田秀信の老臣として配属され、美濃で2万5000石を領有します。関が

原の戦いでは秀信に東軍につくことを勧めますが、成らずに西軍として前哨戦である岐阜の

戦いに出陣、負傷して岐阜城は福島正則らによって陥落します。その後木造氏は安芸・備後

の国主で広島城主の福島正則に招かれ、広島に行って福島氏の家臣となりました。

   兵士数・・・・・・・1000人

 

  *木造氏の主要な人物*

 木造俊康    正二位権大納言      応永28年(1421)4月26日死去

   持康    従二位権大納言      生没年不詳

   教親    従二位権大納言      応仁2年(1468)12月26日死去

   政宗    正四位下参議・右中将 法名・宗威   没年不詳

   俊茂    従三位参議・左中将    没年不詳

   具康    従四位下左中将      生没年不詳

   具政    従四位下左中将・兵庫頭  生没年不詳

   長正    左衛門佐・大膳亮     生没年不詳 


大 河 内 家

 この大河内家は北畠顕泰の子の顕雅が応永22年(1415)に兄の北畠満雅の挙兵によっ

て飯高郡大河内城に入って大河内氏を名乗って始まりました。満雅が戦死すると、降伏して足

利義教に謁見して本家に一志郡と飯高郡を安堵されるよう手配、満雅の子・教具を後見し、成

長するまで政務を代行しました。大河内氏ははじめのうちは代々国司の子を養子とし、相続さ

せていました。戦国初期の当主大河内頼房は猛将として有名で一志郡星合に城を築城し、国司

家相伝天蓋の馬符を授けられました。そして次男の具種に星合を継がせて星合城主としました。

長男具良は大河内氏を継ぎ、国司家が大河内城を居城に定めると、度会郡大淀城に移るが大河

内氏を名乗り続けました。大河内氏最後の当主の教通は兵法の達人でありましたが、織田信長

の攻撃中は病で田丸にいました。しかし天正4年(1576)11月25日に織田の討手によ

って殺害されました。

   兵士数・・・・・・・1000人

 

  *大河内氏の主要な人物*

 大河内顕雅   従三位左中将        生没年不詳

    親郷   従四位下左中将       生没年不詳

    親忠   正四位下左中将       生没年不詳

    頼房   正三位権中納言       天文24年(1555)11月死去

    具良   左中将           生没年不詳

    教通   相模守           天正4年(1576)11月25日死去


星 合 家

 この星合家は大河内家の当主・大河内頼房の次男の具種が一志郡星合城に入って星合氏を名乗

って始まりました。星合具種は後に同じく一門の坂内氏の養子となり、具種の子の教房が星合氏

を継ぎました。しかし教房・その子弥十郎が相次いで早く死去しまいます。教房には多くの弟が

いましたが、星合の氏を名乗ることが嫡子・嫡孫以外に許されていなかったので、母方の堀江氏

を称しています。堀江氏は新田氏の子孫で、大河内氏の家臣となっていました。そのうちのひと

りである堀江教賢の子の具泰が星合氏を継ぎました。教賢は軍代として幼年の具泰を後見しまし

た。伊勢国司が織田軍に敗れると、伊勢を退去して大和吉野に潜伏、天正13年(1585)に

尾張の織田信雄の家臣となります。さらに信雄の長男織田秀雄の家老になり、河内・越前に所領

を与えられます。その後徳川氏に仕えて、大坂の陣に参陣し代々幕臣として続いていきました。

 

  *星合氏の主要な人物*

 星合具種   従四位下参議・長門守     元亀3年(1572)11月9日死去

   教房   侍従             永禄5年(1562)7月15日死去

   具泰   采女正            寛永16年4月7日死去


坂 内 家

 この坂内家は、木造家の木造顕俊の子雅俊が北畠満雅の挙兵によって陥落させた木造城に入りまし

たが、足利方に入った木造俊康が土岐軍によって奪回されたために坂内城に退却して、坂内氏を名乗

ったのが始まりです。その後、大河内氏の具種が坂内氏を継いだりして、重要一門衆のひとつとなり

ました。織田信長の伊勢攻めのとき当主は坂内具房・具義父子で、具義は敗れて田丸城に他の一門と

ともに拘禁されて天正4年(1576)11月25日に殺害され、具房(具信)は家臣の裏切りによ

って殺害されました。この坂内家には「又一系」と呼ばれる一系統があり、これは坂内家後裔を称す

北 三郎兵衛が主張した系統で、木造持康の次男といわれる坂内具祐からはじまり、具盛・具政と続

きます。この具祐は法名を萬輔とし、具盛は右近と称しています。両人とも坂内具房と同一の人物の

可能性がありますが、具祐とは年代があいません。そして具政は兵庫頭を称しており、具義と同一で

す。ですから、この「又一系」は誤りなのではないかと考えられますし、「又一系」の方が正しいと

もいえます。

   兵士数・・・・・・・・1000人   

 

  *坂内氏の主要な人物*

 坂内雅俊                 生没年不詳 

   具能                 生没年不詳 

   房郷     従五位下侍従      生没年不詳 

   親文(親能)             生没年不詳

   具祐(具種) 参議・長門守・右中将  元亀3年(1572)11月9日死去

   具房(具信) 従四位下左中将・右近将監 法名・萬輔 天正4年(1576)11月24日死去 

   具義     兵庫頭         天正4年(1576)11月25日死去


田 丸 家

 田丸家は北畠政郷の4男の顕晴が度会郡田丸城に入って田丸氏を名乗って始まりました。顕晴は関

氏との峯城の戦いに出陣したりしましたが、田丸氏家臣の池山伊賀守の謀反によって顕晴は戦死しま

す。北畠晴具は池山を討って、顕晴の子の具忠を田丸城に入れます。具忠が老年にて一ノ瀬に隠居す

ると、子の直昌が田丸城に入りました。田丸直昌は織田信長の伊勢攻めのあと織田信雄が田丸城に入

った為に度会郡岩手城に移り、織田信雄の家臣となり、田丸城で北畠一門を殺害し、北畠具房の遺児

である北畠昌教追捕を命ぜらます。その後、羽柴秀吉の幕下となって小牧・長久手の戦いに出陣し、

蒲生氏郷の姉婿ということで氏郷の家臣となります。蒲生氏郷が会津転封になると、氏郷に従って須

賀川城主3万石となり、葛西・大崎一揆や九戸政実の乱に出陣、功績により森山城主5万2000石

となります。氏郷が死去するとその子の秀行に従い、秀行が宇都宮に移ると、信濃川中島城主となり

ます。その後、徳川家康の命で美濃岩村城に移り、4万石となりました。関が原の戦いでは西軍に味

方して、越後に流されます。直昌は出家しましたが、その子直茂は赦免されて蒲生秀行の家臣に復活

しました。蒲生氏が断絶すると、浪人して加賀前田氏に仕えたり、幕臣となったりしました。

   兵士数・・・・・・・・1000人

 

  *田丸氏の主要な人物*

 田丸顕晴     弾正少弼         天文年間死去

   具忠     弾正少弼・左中将     生没年不詳

   直昌     従四位下侍従・右中将・中務大輔 生没年不詳

   直茂     兵庫           生没年不詳


波 瀬 家

 この波瀬家は北畠一門衆であるが、出自はかなり不明な点が多い。一志郡波瀬の波瀬城主である。永禄年

間の赤堀氏との戦いに出陣しているが、敗れている。たが長野軍を援軍として赤堀氏を再度攻めて滅ぼしてい

る。織田信長の伊勢攻めでは田丸城に波瀬一族は拘禁され、当主の波瀬具祐は殺害されている。具祐の弟具

通は多芸城で殺害された。具祐の子の雅通は、波瀬城にこもって織田信長・信雄の攻撃を受けて落城、雅通は

子の康親とともに戦死した。

    兵士数・・・・・・・500人

 

   *波瀬氏の主要な人物*

 波瀬具祐(具之)   蔵人         天正4年(1576)11月25日死去

   具通       内膳正        天正4年(1576)12月4日死去

   雅通                  天正4年(1576)死去

   康親                  天正4年(1576)死去


岩 内 家

 この岩内家も波瀬氏同様に北畠一門でありながら出自が不明の点が多い。一説には北畠国司初代北畠顕能

の弟顕雄の子親雄の子である顕豊が岩内氏を名乗って始まったとも言う。多気郡岩内の住人である。当主岩内

光安は織田信長の伊勢攻めのときに田丸城に拘禁されて殺害されている。その子の光吉は北畠具親に養われ、

北畠又は岩内を称して度会郡山田に移り住んだ。

    兵士数・・・・・・・500人

 

   *岩内氏の主要な人物*

 岩内光安      主膳正          天正4年(1576)11月25日死去

   光吉      荘門           生没年不詳


大 阪 家

 この大阪家も波瀬氏・岩内氏同様に北畠一門でありながら出自が不明の点が多い。一志郡八幡の住人である。

当主の大阪具成は織田信長の伊勢攻めのときに大河内城に入っているが、その他については未だわかっていない。

 

   *大阪氏の主要な人物*

 大阪具成      侍従         生没年不詳


神 戸 家

 この神戸家はもともと北畠一門ではなく、伊勢の国人関氏の一族でありました。北畠政郷の子の具盛が神

戸為盛の養子となって神戸氏となり北畠一門となりました。具盛は岸岡城・高岡城を築いて一族や有力家臣

を入れ、河曲郡一帯を支配し、主家北畠家の命により赤堀氏と縁を結ぶ為に具盛の次男の治部少輔具之を赤

堀氏の養子にいれています。弘治3年(1557)の六角氏との戦いでは当主神戸利盛が六角軍に包囲され

た柿城を救援するために出陣中、六角氏に寝返った岸岡城主の佐藤中務丞が六角家家臣小倉三河守を引き入

れて神戸城を奪います。しかし、佐藤中務丞の家臣である古市与助は主人中務丞に反対して本城・岸岡城を

奪って神戸利盛に返却しています。利盛は長野家の協力を得て岸岡城から神戸城を攻撃、小倉・佐藤両を追

討して神戸城を奪回、小倉は千草城に退却、佐藤は神戸十宮に隠居しました。利盛は佐藤を赦免するとの理

由で城に呼び、そこで誅殺、佐藤の一族も十宮で殺害しました。利盛の弟の具盛が当主になると、国司本家

とも縁が薄れ、正式な系譜上の宗家である関家に再び接近し、塩浜の戦いで長野氏と戦ったりしました。織

田信長の伊勢攻めでは、神戸氏家臣と一門は抵抗しましたが、具盛は支えきれずに信長の子織田信孝を神戸

氏の養子に入れます。具盛は関盛信の子・勝蔵を養子にする約束をしていたので、信孝を疎略に扱ったので、

元亀2年(1571)1月、信長は具盛を沢城に隠居させ、のちに近江日野城に幽閉しました。そして神戸

検地を行って神戸氏直臣の領地を減らし、これを尾張から来た新規神戸信孝の家臣に与え、さらに抵抗する

高岡城の具盛の一族山路弾正少弼(先代神戸具盛の婿の山路正幽の子)を殺害して神戸氏家臣・一門120

人を粛正しました。具盛は信孝の四国出兵の際に赦免され神戸城の留守居に任ぜられ、そしてその後安濃津

で死去しました。

 その後、神戸家は先代神戸具盛の末子で母方・高島家の名跡を継いだ高島政光の子・高島政勝が神戸宗家

滅亡を憂いてその子・高島政房を神戸具盛(友盛)の養子として神戸宗家を相続させ、蒲生氏郷につかえて

蒲生家封地の会津へと移動し、蒲生家が無嗣で滅びると、政房の子・神戸良政は松阪にもどり紀州徳川家に

仕えて「勢州軍記」「伊勢軍記」等を著作している。

  *神戸氏の主要な人物*

 神戸具盛       蔵人  号・楽三      生没年不詳

   長盛           号・悦岩      生没年不詳

   利盛       下総守 号・涼岩      生没年不詳

   具盛(友盛とも) 蔵人            生没年不詳

   政房       外記            生没年不詳  高島家の出自

   良政                     寛文6年11月11日死去


藤 方 家

 この藤方家も波瀬氏・岩内氏・大阪氏同様に北畠一門でありながら出自が不明の点が多いです。一志郡藤

方城主であり、当主藤方入道慶由は剛勇な武将でありました。織田信長の伊勢攻めでは入道慶由の子の朝成

が北畠具教暗殺団の一味に加わるなど、反北畠を明確にしました。入道慶由はこれに怒り具教の死とともに

自害します。朝成はその後、羽柴秀吉に仕え、鈴鹿郡庄野に1000石を賜り、68歳で死去しました。朝

成の子の安正は、豊臣秀次や徳川家康に仕え、最終的には徳川秀忠に属しました。

   兵士数・・・・・・・・500人

  *藤方氏の主要な人物*

 藤方入道慶由      侍従           天正4年(1576)11月死去

     朝成      刑部少輔         慶長2年(1597)死去

     安正      平九郎          元和8年(1622)死去


滝 川 家

 この滝川家はちょっとかわった家でして、完全に北畠一門といえるかどうかわからない家であります。当主滝川雄

利は木造家の出身で、木造具康の子であり源浄院の僧となっておりました。木造氏の家臣として、柘植三郎左衛門

とともに織田信長に通じ、北畠氏を壊滅させています。織田氏の家臣の滝川一益の養子となり還俗して滝川を名乗

りましたので、正式な北畠一門というのにはいささか問題があります。北畠壊滅後は織田信雄の家老として伊勢組の

筆頭格となり、北畠具房の遺児北畠昌教の追捕を田丸・柘植らと行って伊勢全域に警戒令を敷くなどしました。小牧・

長久手の戦い以後は羽柴秀吉の家臣となり、伊勢神戸城主となる。小田原征伐などに出陣するが、豊臣秀次事件に

連座して所領没収されるが、秀吉の御咄衆となって3万石をもらいます。関が原の戦いでは西軍についてまた所領没

収されるが、徳川家康の御咄衆に再復活して常陸片野2万石に復帰しました。

 

   *滝川氏の主要な人物*

 滝川雄利            下総守             慶長15年2月26日死去

    正利            壱岐守             寛永2年11月7日死去


北 畠 (小 原) 国 永 一 族 家

 この北畠(小原)国永の一族は、北畠伊勢国司初代北畠顕能の弟顕雄の子孫であり、一志郡小原に住んでおりま

した。北畠一族として北畠を称したり、小原氏を称したりしたいます。国永は歌人として有名であり、国司北畠具教と

も歌合せを行ったり、歌をおくりあったりしています。国永の父の小原親治(北畠親治)は永正10年(1513)4月15

日に戦死しています。この国永本人が織田信長の伊勢攻めに北畠軍に従軍したのかは定かではありません。しかし、

国永の子らしき具就という人物がおり、具就は上野城で信長軍と戦っています。

 

   *北畠(小原)国永一族の主要な人物*

 北畠国永      従五位上左近衛少将          生没年不詳

    具就                    天正4年(1576)死去?


北 畠 政 成 一 族 家

 この北畠政成の一族は政成の祖父の政能が始まりです。北畠政能は伊勢国司北畠教具の子であります。この一

族は政能やその子政勝と多芸城や霧山城と城主をつとめ、織田信長との戦いでは政成は多気御所に配備され、防

戦するが敗れて自害します。政成の妹は鶴女といい、国司北畠具房の正室となりのちの北畠昌教を生むことになり

ます。

 

   *北畠政成一族の主要な人物*

 北畠政能       侍従                    生没年不詳

    政勝                              生没年不詳 

    政成       左衛門尉                 天正4年(1576)12月4日死去 


方 穂 家

 この方穂家は一門衆というよりも親族家臣で、御所とは称されませんでした。八下御所と森本氏とともに軍役500

人を課せられておりました。当主方穂民部少輔は織田信長の伊勢攻めのときに国司とともに大河内城に入っていま

す。この方穂氏も出自が明らかではなく、天文年間に方穂采女正久長という人がいたことしかわかっていません。

 

   *方穂氏の主要な人物*

方穂民部少輔                   生没年不詳

    久長    采女正            生没年不詳


森 本 家   

 この森本家も方穂氏と同じく親族家臣で、御所とは称されませんでした。八下御所・方穂家とともに500

人の軍役を課せられていました。初代当主森本俊氏は木造顕俊の子で、一志郡森本の住人となり森本氏を称

しました。織田信長とも戦いましたが敗れて、その時の当主俊貞は飯高郡下栃川にひきこもって称念寺を建

立しました。その後森本氏の多くは川俣に住居したり、伊勢を離れ全国各地に移り住みました。

 

  *森本氏の主要な人物*

 森本俊氏     飛騨守            生没年不詳

   俊重     飛騨守            生没年不詳

   俊三     飛騨守            生没年不詳

   俊栄     左京             生没年不詳

   俊成     飛騨守            生没年不詳

   俊信     飛騨守            生没年不詳

   具俊     飛騨守            永禄11年6月死去

   俊貞     飛騨守            寛永7年1月12日死去


そ の 他 の 一 門 

 その他の一門衆としましては、

      園 御 所

   出自は全く不明で、多気郡の宮川村萩原の園にありました。

      笠 木 御 所

   出自は全く不明で、多気郡田村笠木にあり、笠木城の城主であろう。現在も城跡がある。

      八 下 御 所

   矢下御所とも言われる。出自は全く不明。一志郡嬉野の矢下にありました。方穂氏・森本氏と軍役を課せられていました。

      林 家

   方穂氏・森本氏と同じく親族家臣である。大和日牧の住人であった。当主は林 備後守である。

      大 石 御 所

   北畠材親が隠居して入ったところ。松阪の大石にある。材親の死後に廃止された。

      田 村 御 所

   田丸直昌が田丸氏を継ぐ前に入った。松阪の田村にある。直昌が田丸氏を継ぐと廃止になった。

      一 ノ 瀬 御 所

   田丸具忠の隠居御所でもあり、愛洲一族がいたともいわれる。度会郡一ノ瀬城にある。

      長 野 御 所

   北畠具教の子の長野具藤の御所。長野氏については「伊勢の国人氏族」の項目を参照してください。