結城家について

 

 結城家は初期北畠家の重臣であります。現在、北畠家のゆかりの方々の会合では

なくてはならない存在であります。北畠神社の大祭においては、北畠家末裔の方々ほか

この結城宗広の子孫の方々が参列しています。現在の三重県美杉村の村長の結城氏

もこの結城宗広の末裔ということであります。

 そもそもこの結城宗広という人物は、陸奥国の白河庄を分与されて白河結城家の祖

となった結城祐広の子であります。母親は熱田大宮司範広の娘であります。通称は孫

七、上野介を名乗っております。はじめ執権北条氏に仕え、南奥州方面における年貢

催促の使節を務めるなどして得宗家と接近して勢力を拡大していきました。その後、後

醍醐天皇から討幕の綸旨をうけると新田義貞に協力して鎌倉攻略に活躍、天皇の信任

を得ていきました。

 北畠顕家が陸奥国司に任ぜられると、顕家の支配下に入り奥州式評定衆に任ぜられ、

建武3年・延元元年(1336)には顕家とともに上洛して足利尊氏と対峙、これを破って

尊氏を九州に退けました。足利尊氏が復活して京都を奪回し、天皇が吉野に潜行すると

再び顕家とともに西上、しかし暦応元年・延元3年(1338)に高 師直らとの戦いで顕家

が戦死すると吉野へ逃れました。

 宗広は顕家の父である北畠親房らと奥州に南朝勢力の新拠点を再建しようと海路東国

をめざしましたが、海上で遭難して親房は常陸に着きますが、宗広は伊勢に戻ってしまい、

同地にて同年に死去しました。三重県津市にある結城神社は宗広を祭っており、墓所は

伊勢市の光明寺にあります。

 結城宗広の長男は結城親朝といい、大蔵大輔・修理権大夫と名乗っています。父宗広と

弟親光が討幕軍に加わると、国許の白河で支援、そして建武政権が樹立されると父ととも

に奥州式評定衆・引付頭人に任ぜられ、白河以下の諸郡庄保の検断奉行になりました。

足利尊氏が室町幕府を開設すると、奥州の南朝勢力の中心となりましたが、父の宗広が

死去すると形勢観望に転じ、康永2年・興国4年(1343)に足利尊氏が挙兵すると北畠親

房を裏切って足利方として挙兵しました。

 結城宗広の次男は結城親光といい、九郎・左衛門尉・大夫判官と名乗りました。元弘の

乱には幕府方として出兵しましたが、後醍醐天皇方に寝返って六波羅探題を攻撃しました。

その後、天皇の信任を得て建武元年(1334)には恩賞方寄人・雑訴決断所衆に任ぜられ

るなど高い処遇をうけ、楠木正成らとともに「三木一草」と称せられました。建武3年・延元

元年(1336)、足利尊氏が京都を占領すると親光は偽って足利軍に投降、足利軍内部で

斬り合いを行い足利軍の武士である大友貞載に重傷を負わせるが、斬られて戦死しました。

 結城宗広の長男結城親朝の長男は結城顕朝といい、七郎左衛門尉・弾正少弼・大膳大

夫と名乗りました。建武3年・延元元年(1336)に祖父の宗広より陸奥出羽以下の所領を

譲られますが、父の結城親朝とともに北朝足利方に属し、貞和2年・正平元年(1346)に

奥州管領に従って南朝方の伊達氏・田村氏らの拠る霊山・宇津峯両城を攻撃しました。

文和2年・正平8年(1353)には足利氏から白河など奥州8郡の検断職に任ぜられ、その

後の貞治6年・正平22年(1367)には足利義詮の命によって吉良治家軍を討っています。

翌々年に所領を子の結城満朝に譲りました。

 結城顕朝の弟は結城朝常といい、左衛門尉・三河守・安芸守と名乗りました。康永2年・

興国4年(1343)に小峯城主となり父・兄とともに北朝足利方に属す。兄とともに霊山・宇

津峯両城を攻撃、そして観応の擾乱の一時期に足利方を脱して奥州の北畠顕信に従った

が、観応2年・正平6年(1351)にまた足利方にもどって兄・顕朝とともに所領を安堵され

ました。その後はずっと足利方の有力武士として活躍し、文和元年・正平7年(1352)の

宇津峯城攻めでは吉良貞家に従って出陣、翌年には陥落させて北畠顕信を陸奥から追い

払っています。

 その後の結城氏は室町幕府の有力武士として活躍し、伊達持宗の乱や上杉氏憲の乱に

出陣して功績をあげたり、武勇伝もあります。そして白河結城氏を発展させました。戦国大

名や徳川家康の次男結城秀康の養子先として有名な下総の結城氏とは一族で、結城宗広

の祖父・結城朝広の長男結城広綱の一系がそれにあたります。

 

 ・結城氏系図・

 結城朝光──朝広─┬広綱──時綱──貞広──十四代略──政勝
              └祐広──宗広─┬親朝─┬顕朝──満朝
                          │    └朝常──政常
                          ├親光
                          └朝胤──朝治──光胤