北畠神社縁起

      

               北畠氏館跡庭園にジャンプ

 

 日本には北畠神社という神社は数社あります。我々の知る限りでは、まず三重県美杉村の北畠神社

です。そして青森県浪岡町の北畠神社、山形県天童市の北畠神社などがあります。それぞれ北畠一門

を祭った神社であります。ここでは主に三重県美杉村にある北畠神社を中心に説明させていただきます。

 三重県美杉村の北畠神社は、主神は初代伊勢国司北畠顕能公、配祀を北畠親房公・北畠顕家公とし

ております。創建に際しましては、寛永20年(1643)に北畠氏の一族とも家臣ともいわれる鈴木孫兵衛

家次という人が、旧縁のこの地に祖霊を慰めるべく小祠を建てたのが最初であります。はじめ「真善院」

と称しましたが、のちに「北畠八幡宮」と改称されました。その後明治14年には村社北畠神社と改称し、

大正時代に入ると地元を中心に昇格運動が起き、社殿の造営などの熱意が実って昭和3年11月10日

の昭和天皇の御即位の大礼の佳き日に村社より一躍して別格官幣社に昇格しました。神祇界としては

例を見ぬ破格の恩典であり、脚光を浴びたのですが、大東亜戦争の敗戦によるGHQの神道指令にとも

ない社格が廃止されて現在に至っております。この北畠神社の大祭は年に2回ありまして、5月5日と10

月13日の2回であります。

 この神社には昔から多くの著名人が訪れております。まずは国学者の本居宣長です。宣長の先祖は

北畠氏の家臣でありまして、著作の「菅笠日記」にも北畠八幡宮が登場します。さらには「伊勢国司記略」

の著者の斎藤拙堂や北畠氏の末裔の公家有馬氏なども参拝に北畠八幡宮を訪れています。現代では

歴史学者の平泉 澄や、「有馬範顕卿御一代記」の著者である有馬範治なども訪れており、一番有名な

のものではNHK大河ドラマ「太平記」の舞台のひとつになったことです。

 

北畠氏館跡庭園

 北畠氏館跡庭園とは、北畠神社の神苑にある庭園です。別称として「北畠庭園」「伊勢国司居館跡庭園」

など色々呼び名があります。昭和11年9月に国の「名勝及び史跡」に指定されました。 この庭園の作成

時期については以前は色々諸説が乱立し、南北朝時代につくられたのではないかとか戦国の時代につく

られたのではないかとか主張されていましたが、現在では管領細川高国の作と決着しています。

 細川高国は国司北畠晴具の妻の父で、足利幕府の管領職についていました。将軍足利義晴は対立して

いる一族の阿波足利義維の攻撃を回避するために朽木氏の本拠地朽木谷城に退避しています。細川高国

もこれに同行し、義晴に助成します。享禄3年、義晴方の状勢を打開するために高国は自分の娘婿の北畠

晴具に助成を求める為に、伊勢に来ています。このときに庭園を作成したといわれています。さらに朽木谷

にも細川高国は庭園をつくっています。この「朽木館跡庭園」は「北畠氏館跡庭園」と同一様式であります。

そしてこの細川高国も翌年には一族の細川晴元と摂津天王寺の戦いで敗れて戦死しています。このときの

辞世の句には「絵にうつし石をつくりし海山を 後の世までも目かれずや見む」とあり、これを北畠晴具に送っ

ています。ここにて作者が細川高国だといえましょう。

 この庭園の総面積は約850坪で庭のジャンルとしては武家書院庭園という種類であります。池泉観賞様式

であるため中央部には池があり、古くから「米字池」と呼ばれ汀線が複雑に屈曲し、護岸の石にも工夫された

配列がほどこされている。この石が約500年の風雨から池を守護しているのです。築山に関しては、樹齢40

0年以上の杉の大木が立ち並び、その山裾にひろがる枯山水もすばらしい景観を与えてくれます。また中央

方面には6尺4寸の立石(孔子岩と呼ばれている。)があり、これを取り巻くようにして数十の石が並んでいま

す。江戸期には各石に訪れた著名人らが各々名称を付し、仁王石・達磨石・三人唐子石・船石・虎石・大黒石

などが代表的なものです。現在はどの石がどの名称かは判別不可能ですが、一つの石に対して数個もの名称

が付されるということはこの庭が訪れる人々にとって、忘れ得ないところだったのでしょう。この石が生存している

かと思える石組、岸石巧妙配列の池泉、巨木の生い茂る築山、これらを見ていると京都などにある庭園とはまた

違う、素朴・豪放という感じがいたします。