浪岡北畠氏の簡略な紹介

 

 浪岡北畠氏は伊勢国司北畠氏とは親族な関係であります。しかしながら、戦国時代において

頻繁に伊勢と浪岡が交流していたかどうかということは、残念ながら不明であります。浪岡北

畠家は南北朝時代の元弘3年(1333)10月義良親王を奉じて北畠親房の長男の陸奥守北

畠顕家と陸奥・多賀国府に下向したときにはじまります。土地の豪族で、のちに奥州の戦国大

名に成長する南部氏の祖先の一人の南部師行は、北畠顕家に従って国代となります。その後北

畠顕家は、足利尊氏討伐のために畿内へ出陣し、暦応元年・延元3年(1338)3月に摂津

天王寺において細川顕氏軍をやぶったが細川軍に来援した高 師直軍と5月3日に和泉堺・石

津浜において戦うがやぶれ、5月22日に吉野へ退却しようとしたところ阿倍野で越生四郎左

衛門尉と武藤政清という者に討たれて戦死しました。

 そして今度は北畠顕家の弟の顕信が陸奥に赴任して白河城に在城、兄にかわって東国経営に

のりだします。父・親房による東国経営が豪族たちの北朝への寝返りなどで失敗して吉野に帰

還すると、顕信は南部・相馬諸氏に所領安堵や官位の推挙をおこなって糾合し、霊山城・宇津

峰城を拠点として奮戦します。しかし、康永2年・興国4年(1343)に父・親房が頼みとし

ていた結城親朝が北朝足利方に降り、貞和2年・正平元年(1346)、足利尊氏が吉良貞家・

畠山国氏を奥州探題として下向させて以来、かなり苦しい立場となっていきました。翌年9月、

宇津峰城が陥落して出羽に逃れます。しかし、観応の擾乱やそれに伴う直義党の畠山国氏挙兵

(国氏は吉良貞氏・結城親朝に討たれた)などの奥州探題内の派閥争いが発生し、顕信はこれ

に乗じて挙兵し、南部諸氏を引き連れて多賀城・宇津峰城を奪回します。しかし観応3年・正

平7年(1352)3月に吉良貞家・仁木義長軍に多賀城が攻められ、翌年には宇津峰城が陥

落します。その後、顕信は陸奥・出羽各地を転戦するが貞治元年・正平17年(1362)に

吉野へ帰還します。この顕信の次男の守親が父のあとを継いで陸奥国司となり、吉良貞家・結

城朝常らと戦い、まもなく吉野に帰還し、権大納言そして従一位内大臣に就任します。このこ

ろにはもうすでに南朝勢力も衰え、体勢も北朝有利となっていました。それゆえ、守親の子・

親能は北畠顕家の子である北畠顕成とともに南部氏を頼ってその領内に居住しておりました。

そして顕家の娘が出羽の安東貞季に嫁いでおり、その関係もあって南部・安東領の中間地点で

ある浪岡にはいる原因となりました。北畠氏が完全に浪岡に入部したのは文中〜応永年間(1

372〜1428)で、このときは南部氏の北朝への参陣、そして南北朝の合一、鎌倉公方足

利氏による東国支配がおきます。そして陸奥国司も南部守行の手に移りました。南部氏は公然

と南朝の北畠氏を庇護することが難しくなり、さらに隣国の安東氏との対立が表面化しており、

どちらにも顔がきく北畠氏を中間地点におく必要性があったために南部側が意図的に北畠氏を

浪岡に配置し、安東側も浪岡に北畠氏を迎えた模様でありますが、ここも諸説乱立状態であり

完璧なことは不詳であります。一族郎党を率いて浪岡に入ったのは北畠顕家のひ孫の北畠顕邦

(父・顕元 祖父・顕成)であります。これにより顕邦は浪岡御所と呼ばれ、「浪岡御所北畠

氏」が名実ともに誕生しました。そのあとすぐに北畠顕家の弟顕信の子である守親の一族が浪

岡に入部、浪岡氏となり「川原御所」と呼ばれました。別説としましては、北畠顕家の家臣で

あった浪岡兵部大夫の娘が顕成を生んで、その縁で浪岡入部をはたしたというものもあります。

 浪岡北畠氏は北中野や吉内・本郷というところの山麓地帯に館を建て、顕邦の子・顕義のと

きに浪岡城を築城しました。このころには入部したときとはうってかわって浪岡北畠氏の勢力

は大きくなり、出羽の安東氏を十三湊から追い払うなど、武威を見せました。この顕義のひ孫

の北畠具永(祖父・顕具 父・顕統)の時代から戦国時代のはじまりです。具永の祖父の代か

らたびたび名前に「具」の文字が入る当主がいることから、伊勢の北畠氏と何らかの交流があ

ったのでしょう。家格は断然、伊勢の北畠氏の方が上です。浪岡北畠具永の官位は従四位下左

中将ですが、伊勢北畠の方はだいたい従二位権中納言から正二位権大納言の間です。さらに、

名前の一字をもらう以上は家格の上の方からもらいますので、「具」は家格の高い伊勢北畠家

から浪岡北畠氏にさずけられたとみていいでしょう。具永の跡を継いだ具統は、さらに津軽地

方の支配を強化し、地元の国人領主である大光寺氏・八戸氏・三戸氏・大浦氏らと津軽地方の

共同統治を行い、特に三戸氏とは親密となり「三戸の軛」と呼ばれています。この時代の天文

15年(1546)には「津軽郡中名字」が断絶していた川原御所を復興して4代目当主とな

った浪岡具信(北畠具永の子で具統の弟)によって作られています。

 でも、浪岡北畠家は地元の大名たちから見れば、家格の上では一線もニ線も上でした。官位

任官に関しても、普通大名は幕府を通じて受領していました。しかし北畠氏はたびたび使者を

送って直接京都の公家衆に掛け合って官位を受領していました。具永は京都の公家である山科

言継と親しく、昆布やいりこなどの海産物などが言継に贈られています。8代当主北畠具運

(父・具統)のときには寺社の修築に力を入れ、油川の熊野権現宮や今別の八幡宮・猿賀の権

現堂・浪岡京徳寺などが修築されています。そして今淵城主の平館俊忠の娘を嫁し、蝦夷地の

蠣崎氏(後の松前氏の前身)に潮潟の地を船着場として与えています。しかし具運の寺社修築

は北畠氏の財政を逼迫させ、一族内紛を引き起こしました。永禄5年(1562)、川原御所

の浪岡具信が謀反により当主北畠具運を殺害する川原御所の乱が発生、家臣団も動揺して出奔

者が相次ぎ、具信は浪岡顕範(具運の弟)に殺害されるものの、浪岡北畠家は急速に勢力が衰

えました。そして具運の跡を継いだ当主北畠顕村は永禄12年(1569)蝦夷地の蠣崎季広

の仲介によって安東愛季の娘を正室に迎えます。しかし天正6年(1578)7月20日には

南部家から独立した大浦氏(後の津軽氏)の為信が津軽地方統一のために浪岡に侵入、当主北

畠顕村は戦うが敗れて捕らえられて西根の寺に送られて自害させられました。ここに浪岡北畠

氏による浪岡支配は終了しました。南部側によると浪岡城陥落は天正18年(1590)3月

となっていますが、このときには津軽氏も南部氏も豊臣秀吉の小田原征伐に参陣しているので

難しいです。しかし、津軽氏の家臣が落城させたというなら話はわかりますし、単なる南部と

津軽の小競り合いとも考えられます。だが天正13年(1585)に津軽氏が油川城を攻撃す

るために浪岡城は津軽軍拠点になっていることから、天正6年落城説が有力でしょう。自害し

た顕村ですが、生存していたともあり、岳父・安東愛季を頼って逃れ、その子・秋田実季にも

仕えて代々秋田家家臣となったということです。落城したあと一族の浪岡顕則(顕村の従兄弟・

浪岡顕忠の子)は南部家に仕官し、顕則の弟・慶好(顕村の子ともいわれる)は秋田家に仕官

して家老にまで進み、顕則・慶好の弟・顕佐は顕村の娘を嫁して宗家と称し、館野越に隠居し

て山崎氏を名乗りました。

 その後、他の浪岡北畠氏一族・家臣たちは散り散りになって放浪していましたが、本家の伊

勢北畠氏が織田信長によって崩壊させられて当主北畠具房の遺児である北畠昌教が伊勢を脱出

し、各地を巡って出羽鹿角の折戸館にはいり、津軽氏の客分武将として関が原に戦って浪岡に

館を建ててもらって入部すると、散り散りになっていた浪岡北畠一族が集まりました。でも数

人で多くありませんでした。なぜに浪岡北畠氏を潰した津軽氏が伊勢北畠氏の遺児を客分とし

て迎えたかは定かではありません。津軽為信の子の津軽信枚が教養文化に興味があって文化人

でもある伊勢の北畠氏から文化を学ぶために父・為信に客分としての召抱えを言上したとか、

北畠旧家臣の個人武力に注目して召抱えたとか、浪岡北畠氏を滅ぼした際の罪滅ぼしなど色々

説が乱立していますが、どれもあてはまると考えられます。

 その後、この地で伊勢北畠氏は再興運動に力を入れ、北畠昌教の孫・有馬昌範のときに京都

において再興をはたしました。しかし浪岡北畠氏は再興できずに一部は有馬氏と改姓して浪岡代官

職の家臣としてや、そのまま津軽藩の藩士、盛岡藩の藩士など各藩藩士として生き延び、ま

た一部は北畠氏として姓を残す者もいて続きました。そして浪岡顕佐の子孫は山崎氏と称して色

々諸氏を名乗ったりした者もおりました。北畠有馬氏の家臣や津軽藩士となった浪岡有馬氏は五

本松に居住していたといわれ、今でも浪岡五本松地区は有馬氏が多いです。幕末になると北畠有

馬氏は没落して浪岡に逃避してきます。これを地元で庇護したのも旧浪岡北畠氏である浪岡有馬

家といわれています。この浪岡有馬家の出身といわれる浪岡代官職(検断役と同類?)の有馬金

次郎は、幕末の当主・有馬範顕の死後にその2人の子(丑之助麿・酉松麿)を養子に入れ、さらに

は偽物の過去帳と金次郎の一族の津軽藩士に謀ってこれまた偽の津軽藩藩士籍を作って佐幕派を

検挙しようとする官憲の目から逃れさせています。これまでが浪岡北畠氏についてのことであります。