北畠氏への道

 

  北畠氏は村上源氏の一族であります。村上源氏とは、62代村上天皇の第7皇子である

具平親王の子の師房が、寛仁4年(1020)に源氏姓をあたえられてはじまったのであり

ます。この源 師房から北畠氏のほかに 中院氏・久我氏・岩倉氏・六条氏・梅渓氏・久世氏・

東久世氏、武士では赤松氏・別所氏・名和氏・大河内氏・春日氏・坂内氏・木造氏などの多

くの名家が出ているのであります。

 源 師房は寛弘7年(1010・一説に寛弘5年)、具平親王の子として生まれます。は

じめ資定と名乗ります。寛仁4年(1020)1月5日従四位下に叙され、同年12月26

日に藤原頼通の養子となり、源氏の姓を賜って上東門第にて元服して資房と改名、翌日に参

内して昇殿を許されます。治安3年(1023)右近衛権中将、翌年近江介に任ぜられ、万

寿元年(1024)9月19日正四位下に、同月21日には従三位となり右中将になります。

この昇進のスピードの裏には自らの才能もありますが、自分の妻・尊子が時の大権力者藤原

道長であったために道長・頼通父子の力も大きかったのでしょう。万寿3年(1026)に

は権中納言に昇進し、翌年春宮権大夫を兼任します。長元2年(1029)から正三位から

従二位になり、翌年には左衛門督となります。長元5年(1032)には正二位、同8年(

1035)に左衛門督を辞します。同年権大納言に任ぜられます。そして長久4年(104

3)に按察使を兼任、寛徳2年(1045)には春宮権大夫を辞しています。永承3年(1

048)按察使を辞し、康平7年(1064)右近衛大将となります。そして治暦元年(1

065)内大臣に就任します。延久元年(1069)、後三条天皇の即位に伴い右大臣に就

任、承保元年(1074)従一位。同2年に左近衛大将を兼任していましたが、承暦元年(

1077)2月13日に病を得たという理由で任職を辞します。同月17日、白河天皇は辞

任撤回を求める勅使を派遣し、師房の功に報いるために太政大臣に任じますが、師房はこの

任命を受けずに出家、同日に70歳で死去しました。源 師房は才識豊かな人物で、特に歌

人としてすぐれ、「後拾遺集」などに和歌が採られています。著作に日記の「土右記」があ

ります。これは一部現存しております。

 次に師房の子で万寿3年(1026・一説に長暦元年)に生まれた源 顕房についてであ

ります。この顕房は次男で、兄に従一位左大臣俊房がいます。母は摂政・関白・太政大臣藤

原道長の娘尊子であります。まず同母兄・俊房についてですが、俊房は父譲りの才識をもっ

て白河・堀河・鳥羽天皇に仕えます。父・師房が白河天皇の弟・実仁親王の傅役をしていた

関係から実仁親王とその弟・輔仁親王の後見人をすることになります。しかし皇太弟となっ

た実仁親王が応徳2年(1085)に死去すると、白河天皇は翌年に輔仁親王ではなく実子

の善仁親王(堀河天皇)に譲位、輔仁親王は朝廷から疎外視され、俊房自身も状況不利にな

っていきました。俊房は状況打開のために寛治3年(1089)に娘・任子を摂関家藤原忠

実に嫁がせて安泰を図りましたが、事態は思わぬ方向に向かってしまいました。俊房の弟・

師忠が輔仁親王に娘を嫁がせ、俊房の子・師時は輔仁親王と同じ祖父(源 基平)という縁

で親王に接近、さらには次子・醍醐寺僧の仁寛が親王の護持僧になるなど俊房の思いとは裏

腹に俊房の子や弟(顕房を除く)は輔仁親王に深く関わるようになったのです。ついに恐れ

ていた事件が永久元年(1113)10月に発生します。仁寛を首謀者として鳥羽天皇を暗

殺しようとした暗殺未遂事件です。これにより仁寛は流罪に処せられ、輔仁親王も蟄居、俊

房・師時父子は翌年の11月まで閉門を余儀なくされ、再び出仕しても事件の余波が大きく、

俊房一族の官位昇進はあまり見込めなくなり、保安2年(1121)2月に俊房が死去する

と、嫡流であるにも関わらず俊房一族は急速にその勢いを失い、宗家の座は顕房一族に移る

事になりました。その顕房の官位の変遷に関してですが、はじめは兄・俊房にくらべてロー

スピードな累進でした。永承2年(1047)従五位下に叙任され、翌年侍従に任ぜられ元

服。同4年(1049)右少将、同5年(1050)従五位上から正五位下、さらに従四位

下、同6年(1051)には従四位上から正四位下に進み近江権介、天喜3年(1055)

右権中将、同4年(1056)蔵人頭・近江介、同5年(1057)周防介、康平3年(1

060)には伊予権守と就任していきます。同4年(1061)従三位に進み参議、さらに

正三位から従二位に進みます。同7年(1064)左中将、治暦3年(1067)正二位に

進み権中納言になり、翌年右兵衛督、延久元年には左兵衛督・中宮大夫に任ぜられます。同

4年(1072)左兵衛督を辞し、権大納言になります。このとき一時的に兄・俊房の官位

を越えます。その理由は白河天皇即位の直前に娘の賢子を藤原師実の養女とし、当時皇太子

であった白河天皇の後宮に入れためでした。即位後は中宮としています。承保元年(107

4)には中宮大夫を辞して皇后宮大夫となり、承暦4年(1080)には右大将、そして永

保3年(1083)には右大臣となります。応徳3年(1086)、この賢子の子・堀河天

皇が即位すると外祖父となり、白河上皇や堀河天皇に厚遇されました。寛治4年(1090)

踏歌内弁となるが、同6年(1092)病気にて右大将を辞し、嘉保元年(1094)従一

位に進みます。歌人としても有名で、承暦の殿上歌合の判者として活躍しました。六条第に

住んでいましたが、嘉保元年(1094)9月5日に赤痢により58歳で六条の自邸で死去

しました。正一位が贈られています。著作には日記の「六条右府記」があります。

 このころの出来事といえば東国の争乱があります。上総・下総に勢力をふるっていた平 

忠常は朝貢を拒否し徭役も供せず、長元元年(1028)に安房に入って国守を殺害して反

乱をおこしました。朝廷は平 直方をおくって追討させましたが、効果はありませんでした。

それから4年が過ぎたあと朝廷は改めて源 頼信を甲斐守に任じて追討させにいかせました。

平 忠常は源 頼信の武名をおそれ降伏しました。しかし、平 忠常は京都護送中に病死し

てしまいました。(平 忠常の乱)

 平氏にかわり源氏が関東で勢力を延ばしはじめ、源 頼信の子の頼義と孫の義家の時、飛

躍的に勢力を延ばしました。そのきっかけのはじめは前九年の役からであります。そのころ

東北地方では安倍氏の勢力が強く、安倍頼時は隣郡を攻略したので朝廷は鎮圧軍を派遣した

が、反対に鎮圧軍が敗れてしまったのであります。そこで次に源 頼義を起用して陸奥守兼

鎮守府将軍として奥州に派遣します。安倍頼時は一時帰順しますが、再び反乱を起こして天

喜5年(1057)鳥海柵で敗死します。頼時の死後もその子の安倍貞任・宗任らの勢力が

強く、はげしく抵抗し長期戦となります。源 頼義は出羽の豪族清原光頼・武則兄弟に援助

を求め、ついに康平4年(1061)に安倍貞任が戦死、宗任は捕らえられて鎮圧します。

これより源氏の勢力が東北地方にもおよぶことになったのであります。

 次に後三年の役であります。前九年の役以後東北地方では源氏と前九年の役で功績のあっ

た清原氏の勢力が強まりました。功績のあった清原武則の子・武貞の死後、跡目争いがおこ

ったのであります。武貞の長男の清原真衡は異母弟の家衡、そして家衡の母の連れ子である

藤原清衡と戦いました。清原真衡の死後は家衡と清衡の戦いとなりました。陸奥守として入

国していた源 義家は清衡に味方して家衡と戦いますが、弟の源 義光の来援を求めるくら

いの激戦の末、ようやく鎮圧しました。この戦争後、源 義家の声望はますますあがり、各

地の武士が義家に荘園を寄進していきました。これを聞いた朝廷はあわてて禁止令をだすほ

どでした。源 義家は各地の武士を組織して強力な武士団をつくりあげ、源氏は武士の棟梁

としての地位を確立していったのであります。藤原清衡は東北でさらに勢力を拡大し、平泉

を中心とする奥州藤原氏の基礎を築いていったのであります。           

 こういう時代にあらわれた北畠草創期の人達は少しずつ政治の世界にはいっていきました。

このあと久我氏を名乗って大きく政治の世界に介入していくことになります。 

 補足として村上源氏の祖先たる村上天皇・具平親王について説明・紹介しておきましょう。

村上天皇は延長4年(926)に60代醍醐天皇の皇子として生まれます。兄弟には保明親王

や61代朱雀天皇、兼明親王、源 高明などがおります。成明親王と称し、天慶3年加冠し、

三品に叙されます。同5年上野太守、翌年大宰帥、同7年には朱雀天皇の皇太弟となり同9年

(931)に天皇の譲位を受け即位しました。天暦3年(949)、藤原忠平の死後、摂政・

関白を置かずに天暦の治といわれる天皇親政を行います。この時代、官選歴史書「新国史」編

纂のための撰国史所別当の任命、天徳2年(958)3月の皇朝十二銭最後となる乾元大宝の

鋳造、政治の得失を諸臣に論じさせて天暦8年(954)に菅原文時の意見封事における奢侈

の禁・売官の停止・外客厚遇の主張三か条の「意見封事三箇条」の採用、常平所(米価を安定

させる施設)を東西に設置しての官米の安価販売や天暦5年(951)の昭陽舎における和歌

所の設置、勅撰和歌集である「後撰和歌集」の撰集などをおこないました。この意見封事とは、

密封して意見書を提出するので意見封事とよばれ、この意見書はまず天皇によって開封されて

から、審議にかけられるものでした。天皇は文学を好み、天皇の作法を書いた儀式書「清涼記」

の撰述や家集である「村上御集」の著作があります。そして琵琶にも長じていたといいます。

康保4年(967)5月25日に42歳で崩御なされました。この村上天皇の7男として康保

元年(964)に生まれたのが二品中務卿具平親王であります。和漢の才人であり、当時文芸

才能の第一人者であった醍醐天皇皇子・兼明親王の称号「中書王」と並べて「後中書王」と呼

ばれました。「拾遺集」以下にその和歌が多数あります。そして詩文は「本朝文粋」におさめ

られています。著作として「弘決外典鈔」があります。寛弘6年(1009)に没しています。