北畠氏総合年表

第1部・・南北朝時代T(〜1340まで)

西暦 年号 南朝年号 日付

出来事

1293 正応5年   1月13日 北畠親房生まれる。(29日説あり)
      3月7日 鎌倉幕府、鎮西探題を設置する。
      4月13日 鎌倉の大地震 死者2万余人。
      4月22日 北条貞時、平 頼綱・資宗父子を殺害する。
      5月25日 鎌倉幕府、政務・庭中・人身売買について定める。
      6月24日 北畠親房、従五位下に叙される。
  永仁元年   8月5日 改元。
      11月17日 奈良興福寺一乗院の僧徒と大乗院の僧徒が交戦。
1294 永仁2年   1月6日 北畠親房、従五位上に叙される。
      1月14日 京都大火。
      4月 楠木正成生まれる。
      6月29日 鎌倉幕府、弘安の役に関する賞罰の詮議を停止する。
      12月24日 北畠師重、参議に就任。
1295 永仁3年   5月5日 吉田兼好、賀茂で競馬を見物する。
      5月14日 京都洪水。
      9月14日 内侍所に願文を奏上し、持明院統の皇位継承のことを祈る。
      12月29日 北畠師重、権中納言に就任。
      この年 北畠持房生まれる。(親房の弟)
1296 永仁4年   9月13日 奈良春日社神人、上洛して狼藉を働く。
      10月24日 北畠師重、左衛門督を兼任する。
      11月20日 吉良義世が謀反、鎌倉幕府はこれを捕らえて斬罪にする。
      11月29日 北畠師重、検非違使別当に就任。
1297 永仁5年   2月18日 北畠親房、正五位下に叙される。
      3月6日 永仁の徳政令が発布される。
1298 永仁6年   2月28日 鎌倉幕府、越訴・質券売買・利銭出挙を認める。
      5月23日 北畠親房、従四位下に叙される。
      この年 吉田兼好、東宮蔵人に就任する。
1299 永仁7年   1月5日 北畠師重、正二位に叙される。
      1月27日 鎌倉幕府、鎮西評定衆を設置する。
      4月10日 鎌倉幕府、鎮西引付衆を設置する。
  正安元年   4月25日 改元。
      10月8日 元の使僧の一山一寧、鎌倉に来て国書を進呈する。
1300 正安2年   1月5日 北畠親房、従四位上に叙される。
      閏7月14日 北畠親房、元服して兵部権大輔に就任する。
      この年 邦良親王生まれる。
1301 正安3年   1月21日 後二条天皇、即位する。
      この年 金沢貞顕、伊勢国守護に就任
1302 正安4年   7月27日 京都大火。
  乾元元年   11月21日 改元。
      11月22日 北畠師重、中納言に就任する。
      12月11日 鎌倉大火。
1303 乾元2年   1月20日 北畠親房、左少将に就任する。
      2月29日 金沢貞顕、「たまきはる」を書写校合する。
  嘉元元年   8月5日 改元。
      8月28日 北畠師重、権大納言に就任する。
      12月17日 北畠親房、正四位下に叙される。
      12月30日 北畠親房、右中将に就任する。
1304 嘉元2年   7月16日 後深草法皇、崩御する。
      9月26日 鎌倉幕府、興福寺の訴えにより大和国の地頭を撤廃する。
      12月22日 第33回内宮遷宮。
1305 嘉元3年   3月9日 京都大地震。
      4月6日 鎌倉大地震。
      4月23日 北条宗方、連署の北条時村を殺害する。
      5月4日 北条貞時、北条宗方を殺害する。
      9月15日 亀山法皇、崩御する。
      12月30日 北畠親房、権左少弁に就任する。
1306 嘉元4年   4月25日 日本商船、元で貿易を開始する。
  徳治元年   12月14日 改元。
      12月20日 第33回外宮遷宮。
      12月22日 北畠親房、左少弁に就任する。
1307 徳治2年   7月28日 北畠師重、出家して深覚と号する。
      11月1日 北畠親房、弾正大弼に就任する。
      この年 後宇多上皇、出家して法皇となる。
1308 徳治3年   8月10日 守邦親王、第9代鎌倉将軍に就任する。
      8月25日 後二条天皇、崩御する。
      9月19日 尊治親王、皇太子となる。
  延慶元年   10月9日 改元。
      11月8日 北畠親房、従三位に叙される。
      この年 護良親王生まれる。
1309 延慶2年   2月8日 吉田兼好、左馬助に就任する。
      3月9日 大宰府、蒙古襲来のことを朝廷に報告する。
1310 延慶3年   3月9日 北畠親房、正三位に叙される。
      6月14日 吉田兼好、怪鳥を射止める。
      6月25日 金沢貞顕、六波羅北方探題に就任する。
      11月6日 鎌倉大火。
      12月17日 北畠親房、参議に就任する。
1311 延慶4年   1月17日 北畠親房、左近衛中将を兼任する。
      3月30日 北畠親房、備前権守を兼任する。
  応長元年   4月28日 改元。
      7月20日 北畠親房、左兵衛督・検非違使別当に就任する。
      10月26日 北条貞時、死去する。
      12月21日 北畠親房、権中納言に就任する。
      この年 宗良親王生まれる。
1312 正和元年   3月20日 改元。
      5月23日 鴨川洪水。
      8月10日 北畠親房、従二位に叙される。
1313 正和2年   10月23日 京都地震。
1314 正和3年   閏3月4日 石清水八幡宮の神輿上洛し、強訴する。
      7月28日 鎌倉幕府、大和国に地頭を設置する。
1315 正和4年   3月8日 鎌倉大火。
      4月16日 北畠師親、死去する。
      6月23日 鎌倉幕府、路次の狼藉を禁止する。
1316 正和5年   1月5日 北畠親房、正二位に叙される。
      5月6日 鎌倉幕府、大友・少弐両氏に鎮西警固を命じる。
      7月10日 北条高時、第14代鎌倉幕府執権に就任する。
1317 文保元年   2月3日 改元。
      4月 文保の御和談成立。
      5月6日 山伏、禁中に乱入する。
      9月3日 伏見法皇、崩御する。
      10月25日 一山一寧、死去する。
1318 文保2年   3月6日 京都地震。
      3月9日 邦良親王、皇太子となる。
      3月29日 後醍醐天皇、即位する。
      4月7日 京都地震。
      4月25日 延暦寺衆徒が、園城寺を焼く。
      この年 北畠親房、世良親王の養育を命ぜられる。
      この年 北畠顕家生まれる。
      この年 護良親王、梶井門跡となる。
1319 元応元年   4月28日 改元。
      8月5日 北畠親房、中納言に就任する。
      この年 結城宗広、伊勢光明寺を再建する。
1320 元応2年   9月10日 延暦寺の訴えにより検非違使・左兵衛督吉田隆長を罷免する。
      10月21日 北畠親房、淳和院別当に就任し、源氏の長者となる。
      この年 北畠顕信生まれる。
1321 元応3年   1月1日 北畠顕家、従五位下に叙される。
      1月30日 京都大風。
  元亨元年   2月23日 改元。
      3月24日 京都地震。
      4月30日 京都大暴風雨。
      9月12日 鎌倉幕府、大友貞宗と少弐貞経に鎮西警固を命ずる。
      12月9日 後宇多法皇、院政を廃止して記録所を置き天皇親政となる。
     

この年

北畠顕能生まれる。
1322 元亨2年   1月13日 北畠師重、死去する。
      1月16日 京都大暴風雨。
      8月16日 虎関師錬、「元亨釈書」30巻を選進する。
1323 元亨3年   1月13日 北畠親房、権大納言に就任する。
      5月 北畠親房、奨学院別当に就任する。
      5月3日 鎌倉大地震。
      6月15日 北畠親房、按察使を兼任する。
      6月30日 大仏宣時、死去する。
      7月14日 京都大暴風雨。
      9月16日 第34回内宮遷宮。
      12月5日 京都大火。
1324 元亨4年   4月27日 北畠親房、大納言に就任する。
      6月25日 後宇多法皇、崩御する。
      9月19日 正中の変が発生する。
      10月4日 日野資朝・日野俊基、鎌倉に護送される。
      11月16日 金沢貞将、上洛して厳戒態勢をしく。
  正中元年   12月9日 改元。
1325 正中2年   1月7日 北畠親房、内教坊別当に就任する。
      閏1月8日 邦良親王、六条有忠を幕府に派遣して密かに登祚を計画する。
      6月 京都大雷雨洪水。
      8月 鎌倉幕府、日野資朝を佐渡へ流罪に処する。
      9月16日 第34回外宮遷宮。
      12月30日 北畠顕家、侍従に就任する。
      この年 楠木正行生まれる。
1326 正中3年   3月13日 北条高時、出家する。
      3月16日 金沢貞顕、第15代鎌倉幕府執権に就任する。
      3月20日 邦良親王、死去する。
  嘉暦元年   4月26日 改元。
      7月24日 量仁親王、皇太子となる。
      8月12日 鎌倉幕府、伊賀守護代に黒田の悪党の逮捕を命ずる。
      10月30日 嵯峨の北畠親房の屋敷が焼失する。
      この年 護良親王、得度して尊雲法親王と号する。
1327 嘉暦2年   4月24日 赤橋守時、第16代鎌倉幕府執権に就任する。
      この年 護良親王、天台座主に就任する。
1328 嘉暦3年   3月16日 北畠顕家、少納言に就任する。
      4月19日 北畠顕家、左少将に就任する。
      5月26日 僧忍性に菩薩号が贈られる。
      11月9日 北畠顕家、中宮権亮に就任する。
1329 嘉暦4年   2月11日 護良親王、天台座主を辞任する。
  元徳元年   8月29日 改元。
      12月14日 護良親王、天台座主に就任する。
1330 元徳2年   3月26日 後醍醐天皇、慈遍著の「神懐論」を叡覧する。
      4月1日 大判事中原章房、清水寺で殺害される。
      9月17日 世良親王、死去する。
      9月17日 北畠親房、出家する。
      10月5日 北畠顕家、左中弁に就任する。
      12月14日 宗良親王、天台座主に就任する。
      この年 金沢貞顕、伊勢守護職を解任される。
      この年 足利義詮生まれる。
1331 元徳3年   1月13日 北畠顕家、参議に就任する。
      1月16日 北畠顕家、左中将を兼任する。
      5月5日 元弘の変が発生する。
      6月 日野俊基ら、鎌倉に押送される。
      6月12日 北畠顕家、弾正大弼を兼任する。
    元弘元年 8月9日 南朝改元。
      8月22日 鎌倉幕府軍、上洛する。
      8月24日 後醍醐天皇、神器を持って京都を脱出する。
      8月27日 後醍醐天皇、笠置寺に行幸する。
      9月14日 楠木正成、挙兵する。
      9月20日 光厳天皇、事実上即位する。
      9月28日 笠置が幕府軍の攻撃で陥落する。
      10月1日 後醍醐天皇、捕らえられる。
      10月3日 後醍醐天皇、六波羅に移される。
      10月6日 後醍醐天皇、光厳天皇に神器を授与する。
      10月21日 赤坂城が陥落し、楠木正成は逃亡する。
      11月5日 北畠顕家、従三位に叙せられる。
1332 元徳4年 元弘2年 1月21日 桜山茲俊、吉備津宮に火をかけて自害する。
      3月7日 後醍醐天皇、隠岐に流される。
      3月8日 尊良親王、土佐に流される。
      3月8日 宗良親王、讃岐に流される。
      3月8日 恒良親王、但馬に流される。
      3月22日 光厳天皇、完全に即位する。
      4月28日 北朝改元。
  正慶元年   5月3日 鎌倉幕府、足助重範を斬罪に処する。
      5月22日 鎌倉幕府、平 成輔を相模で殺害する。
      5月 鎌倉幕府、花山院師賢らを流罪に処する。
      6月2日 鎌倉幕府、日野資朝を佐渡で斬罪に処する。
      6月3日 鎌倉幕府、日野俊基を鎌倉で斬罪に処する。
      6月19日 鎌倉幕府、北畠具行を斬罪に処する。
      6月26日 護良親王の令旨を得た竹原八郎らが熊野勢と十津川衆を率いて挙兵する。
      11月 楠木正成、千早城に挙兵する。
      11月 護良親王、吉野で挙兵する。
      11月 鎌倉幕府、伊勢神宮外宮長官度会常昌に上洛を命じる。
      12月6日 伊勢神宮外宮長官度会常昌、鎌倉に釈明のために出発する。
1333 正慶2年 元弘3年 1月5日 楠木正成、鎌倉幕府軍を破る。
      1月21日 赤松則村、播磨で挙兵する。
      2月 赤坂城が陥落する。
      閏2月1日 吉野城が陥落する。
      閏2月24日 後醍醐天皇、隠岐を脱出する。
      2月25日 護良親王、志摩の木本孫三郎に挙兵の令旨を発する。
      3月13日 菊池武時、博多で鎮西探題軍攻撃中に戦死する。
      3月15日 護良親王、結城宗広に挙兵の令旨を発する。
      4月1日 護良親王、熊谷小四郎に挙兵の令旨を発する。
      4月1日 護良親王、伊予の怱那孫九郎に挙兵の令旨を発する。
      4月28日 護良親王、和泉の和田一族に挙兵の令旨を発する。
      5月7日 北条仲時、五辻宮守良親王軍に敗れて自害する。
      5月8日 新田義貞、挙兵する。
      5月10日 足利高氏、六波羅探題を滅ぼす。
      5月21日 新田義貞、鎌倉を攻撃する。
      5月22日 北条高時ら283人が鎌倉東勝寺で自害し、鎌倉幕府が滅亡する。
      5月24日 足利高氏、吉見円忠に命じて伊勢の幕府軍を討つ。
      5月25日 北条英時、鎮西探題が滅ぼされて自害する。
  元弘3年   5月25日 光厳天皇が廃立され、年号が元弘3年に統一される。
      5月26日 長門探題の北条時直、降伏する。
      5月31日 吉見円忠、伊勢の地頭等に味方につくように命令を発する。
      6月5日 後醍醐天皇、京都に戻り復位する。
      7月19日 岩松経家、飛騨の守護職に就任する。
      8月5日 足利高氏、従三位武蔵守に就任し、「尊」の字を与えられる。
      8月5日 新田義貞、従四位上左馬介に就任する。
      8月5日 脇屋義助、正五位下右衛門佐に就任する。
      8月5日 北畠顕家、従三位陸奥守に就任する。
      10月9日 記録所・雑訴決断所・窪所・武者所が設置される。
      10月20日 北畠顕家、北畠親房とともに陸奥に下向する。
      11月29日 北畠顕家、陸奥多賀城に入る。
      この年 興良親王生まれる。
1334 元弘4年   1月12日 日本最初の紙幣が発行される。
      1月18日 結城宗広が結城一族のトップになる。
      1月23日 恒良親王、皇太子となる。
      1月26日 南禅寺が五山のトップとなる。
  建武元年   1月29日

改元。

      1月 結城宗広・親朝父子、奥州評定衆に就任する。
      1月 雑訴決断所の条規を制定する。
      3月28日 乾坤通宝が鋳造され、紙幣と併用される。
      7月9日 少弐頼尚が、規知高政の乱を平定する。
      8月 二条河原に落書が書かれる。
      9月7日 服制が定められ、奢侈を禁じる。
      10月22日 護良親王、名和長年・結城親光に捕らえられる。
      11月15日 護良親王、鎌倉に護送される。
      11月19日 北畠顕家、津軽の旧幕府軍を滅ぼして津軽を平定。
      12月17日 北畠顕家、従二位に叙せられる。
      この年 北畠顕信、正五位下右中将に就任する。
1335 建武2年   5月 北畠親房、伊勢に下向する。
      6月22日 西園寺公宗ら、謀反により捕らえられる。
      7月22日 北条時行、鎌倉を撃破して足利直義を破る。(中先代の乱)
      7月23日 護良親王、足利直義に殺害される。
      8月1日 成良親王、征夷大将軍に就任する。
      8月2日 西園寺公宗・日野氏光ら、殺害される。
      8月9日 足利尊氏、征東将軍となり鎌倉へ進軍する。
      8月19日 足利尊氏、北条時行を破り鎌倉を奪回する。
      10月15日 足利尊氏、帰京命令を無視して鎌倉で反乱を起こす。
      11月2日 足利直義、新田義貞討伐の兵を募る。
      11月12日 北畠顕家、鎮守府将軍に就任する。
      11月25日 遠江鷺坂の戦いで、新田義貞が足利軍を破る。
      12月11日 箱根竹の下の戦いで、足利尊氏が新田義貞を破る。
      12月22日 北畠顕家、義良親王を奉じて陸奥を出発する。
1336 建武3年   1月10日 後醍醐天皇、延暦寺に行幸する。
      1月11日 足利尊氏、入京する。
      1月20日 結城親光、足利尊氏軍に虚偽に降って破壊を企てるが殺害される。
      1月27日 北畠・新田連合軍、京都の足利尊氏軍を破って京都を奪回する。
      1月30日 足利尊氏、丹波へ敗走する。
      2月4日 北畠顕家、右衛門督に就任し、検非違使別当を兼任する。
      2月5日 北畠顕家、鎮守府大将軍に就任する。
      2月6日 北畠顕家、豊島河原の戦いで足利尊氏を破る。
      2月6日 楠木正家(正成一族)、常陸久慈西郡の戦いで佐竹義冬を敗死させる。
      2月10日 楠木正成、西宮の戦いで足利尊氏を破る。
      2月12日 足利尊氏、光厳上皇の院宣を受けて、海路で九州へ逃れる。
  延元元年   2月29日

改元。

      3月2日 筑前多々良浜の戦いで、菊池武時・阿蘇惟直が足利尊氏に敗れる。
      3月2日 北畠顕家、権中納言に就任する。
      3月10日 義良親王、元服する。
      3月13日 志摩円応寺の雑掌が、山田吹上光明寺僧恵観が海賊したと訴える。
      3月20日 北畠顕家、義良親王を奉じて陸奥に帰国する。
      4月3日 足利尊氏、博多を出発して東上をはじめる。
      4月9日 後伏見天皇、崩御する。
      5月25日 湊川の戦いで、楠木正成が足利尊氏に敗れて戦死する。
      5月27日 後醍醐天皇、延暦寺に行幸する。
      6月5日 足利直義、延暦寺を攻撃し、千種忠顕が戦死する。
      6月14日 足利尊氏、光厳上皇・豊仁親王を奉じて入京し、東寺に陣どる。
      6月30日 京都の戦いで、名和長年が戦死する。
  建武3年 延元元年 8月15日 光明天皇、即位する。北朝は建武の年号を使用する。
      9月18日 懐良親王、征西大将軍に就任する。
      10月10日 後醍醐天皇、京都に戻る。
      10月10日 新田義貞、恒良親王・尊良親王を奉じて越前に行く。
      10月10日 北畠親房、宗良親王を奉じて伊勢に下る。
      10月11日 近江塩津の大雪での戦いで、新田方の得能通綱・土居通増が戦死する。
      11月2日 神器授受が行われる。
      11月7日 足利尊氏、建武式目17か条を定めて室町幕府を開く。
      11月12日 恒良親王、奥州の結城宗広に出兵を要請する。
      11月30日 宗良親王、志摩の木本盛房に出兵を要請する。
      12月11日 楠木正家の常陸瓜連城が陥落する。
      12月11日 北畠親房、吉津の加藤定有に出兵を要請する。
      12月21日 後醍醐天皇、神器を奉じて吉野へ行幸する。
      12月21日 事実上、南北朝の対立が始まる。
      12月21日 北畠親房、志摩の木本盛房に出兵を要請する。
      12月 北畠親房、伊勢の軍を率いて北朝方の棚橋大神宮法楽寺を占領する。
      この年 北畠親房、従一位に叙される。
     

この年

高 師直、室町幕府執事に就任する。
1337 建武4年 延元2年 1月1日 北畠親房、北畠顕家に伊勢へ来援を要請する文書を送付。
      1月1日 高 師泰、新田義貞を越前金崎城に攻撃する。
      1月4日 北畠親房、潮田幹景の兵を召集する。
      1月8日 北畠顕家、尊良親王を奉じて霊山城に拠る。
      1月18日 北畠親房、大杉氏の兵を召集する。
      1月25日 北畠顕家、脇屋義助に吉野へ行くことを言上する。
      2月3日 吉野朝廷、結城宗広に急遽来援することを命じる。
      2月9日 越前の恒良親王、結城宗広に急遽来援することを要請する。
      2月11日 藤中将某、宗良親王の令旨を奉じて志摩の豪族に出兵を要請する。
      2月19日 吉野朝廷、結城宗広に西上を命じる。
      3月6日 越前金崎城が落城する。尊良親王は自害し、新田義貞は退却する。
      3月6日 金崎城の戦いで、新田義顕が戦死する。
      3月7日 金崎城の戦いで、恒良親王が捕らえられる。
      4月1日 北畠顕信、伊勢東黒部浜で幕府軍と戦う。
      4月2日 堀河具信、北畠顕信に味方して幕府軍と戦う。伊勢泥沼の戦場化する。
      4月5日 吉野朝廷、結城宗広に西上を督促する。
      4月28日 吉野朝廷、結城宗広に吉野来援を命令する。
      5月6日 北畠親房、結城宗広に西上を促す。
      5月6日 後醍醐天皇、志摩の豪族小山一族に出兵を求める。
      5月14日 綸旨をもって結城宗広に朝敵撃退を命じる。
      6月9日 北畠親房、結城宗広に遠江南朝軍井伊氏と関東平定をすすめる。
      6月11日 足利尊氏、堺浦の魚貝商人を南朝内通の疑いで商売停止を命じる。
      7月 仁木義直、伊賀の守護職に就任。
      7月11日 北畠親房、結城宗広に上洛できずば関東出兵することを促す。
      7月下旬 大中臣隆経、伊勢宝楽寺方面の戦いで戦死する。
      8月11日 北畠顕家、義良親王を奉じて霊山城を立って上洛の途につく。
      8月30日 伊勢一之瀬城の宗良親王、加藤定有の勲功を賞する。
      9月 北畠親房、度会家行の館で神道関係の書籍を書写する。
      9月24日 北畠親房、加藤中務丞と小山政景の勲功を賞する。
      9月26日 北畠親房、志摩の豪族が出兵要請に背いたことを叱責する御教書を出す。
      9月28日 北畠親房、大本盛房の勲功を賞する。
      10月26日 北畠親房、大本盛房の志摩大木御厨下司職を安堵する。
      11月6日 北畠親房、志摩の豪族に出兵を督促。
      12月8日 北畠顕家、小山城を陥落させ、小山朝郷を捕らえる。
      12月23日 北畠顕家、鎌倉を陥落させる。足利義詮逃亡し、斯波家長戦死する。
      この年 潮田幹景、松阪神山城を築城する。
      この年 吉水院の宗信法印、吉野皇居を造営する。
      この年 上杉憲勝、関東執事に就任する。
      この年 甲斐に飢饉が発生する。
1338 暦応元年 延元3年 1月2日 北畠顕家軍、鎌倉を出発する。
      1月7日 北畠顕家、三島神社に伊豆安久郷を寄進して天下泰平を祈願する。
      1月21日 北畠顕家軍、尾張に入る。
      1月23日 吉田定房、死去する。
      1月24日 北条時行、美濃で北畠顕家軍に入り、洲俣川で幕府軍を破る。
      2月1日 北畠顕家軍、伊勢に入る。
      2月2日 山中道俊ら幕府軍、鈴鹿峠に布陣して北畠顕家軍を迎え撃つ。
      2月11日 幕府軍の別府幸実、北畠顕家軍攻撃のために伊勢へ急行する。
      2月13日 近江の豪族肥後弥九郎、五辻宮を奉じて南朝につき鮎河城に拠る。
      2月14日 幕府軍高 師泰ら、北畠顕家軍と一志郡雲出川で戦う。
      2月16日 北畠顕家軍、飯野郡櫛田川で幕府軍の石河兼光を追い散らす。
      2月21日 北畠顕家軍、幕府軍を京都に敗走させる。
      2月28日 北畠顕家軍、幕府援軍の桃井直常らと奈良坂で敗れ、河内に敗走する。
      3月8日 北畠顕家軍、天王寺の戦いで幕府軍に勝つ。
      3月13日 高 師直、北畠顕信らの拠る男山城を攻撃する。
      3月14日 北畠顕家軍、阿倍野・河内片野で幕府軍と戦う。
      3月15日 北畠顕家軍、摂津渡辺の戦いで幕府軍に勝つ。
      3月16日 北畠顕家軍、足利尊氏と阿倍野で戦い、敗れて和泉へ敗走する。
      3月22日 南朝、九州の阿蘇惟時に急遽出兵して北畠顕家の救援を命じる。
      3月21日 坊門清忠、死去する。
      4月27日 南朝、再度九州の阿蘇惟時に出兵を命じる。
      5月6日 北畠顕家軍、幕府軍が拠る堺浦の町家に放火する。
      5月8日 北畠顕家、和泉坂本に観音寺城を築城する。
      5月9日 北畠顕家軍、和泉熊取等に進撃を開始する。
      5月15日 北畠顕家、吉野朝廷に諌奏の上奏文を書く。
      5月22日 北畠顕家、高 師直と堺浦・石津で激戦する。
      5月22日 北畠顕家、石津の戦いで高 師直軍に敗れて戦死する。
      5月29日 南朝、再度九州の阿蘇惟時に急遽出兵を督促する。
      5月30日 高 師直、男山城に進撃する。
      6月1日 北畠顕信ら、男山麓放生川まで討って出る。
      7月5日 男山城と石清水八幡宮が幕府軍により炎上する。
      7月11日 男山城が落城する。
      7月29日 伊勢玉丸城の兵、北朝方の内宮大宮司大中臣忠緒の宿所に放火する。
      閏7月2日 新田義貞、斯波高経と藤島で戦い戦死する。
      閏7月20日 吉野朝廷、大本盛房に出兵の綸旨を出す。
      閏7月26日 北畠顕信、従三位陸奥介となり鎮守府将軍に就任する。
      閏7月26日 北畠顕能、従四位上伊勢守に就任する。
      8月11日 足利尊氏、征夷大将軍となり幕府を開く。
      8月12日 北畠親房、加藤定有に武功を賞して領地を与える。
      8月17日 北畠親房ら南朝方、東国へ向けて大湊を出帆する。
      9月11日 北畠親房ら南朝方の乗った船団が台風で遭難する。
      9月29日 北畠親房、結城親朝に義良親王の安否を問う文書を送付する。
      10月5日 北畠親房の拠る神宮寺城が陥落し、阿波崎城そして小田城に移る。
      11月6日 北畠親房、結城親朝に出兵を要請。
      11月11日 台風で遭難した船団に乗ってた結城宗広、伊勢に帰ってくる。
      11月26日 結城宗広、再び東国に行く為に軍船を準備する。
      12月 結城宗広、死去する。
      12月 潮田幹景、神山城に篭城する。
      12月27日 千種忠顕の父・六条有忠、死去する。
      この年 満良親王、土佐へ下向する。
      この年 懐良親王、九州へ下向する。