久我一族と時代世相

 

 久我家とは、北畠家の親元でありまして、近世では清華家の公家として大臣まで昇進する

家柄であります。久我家のはじまりは源 顕房の子供の久我雅実であります。雅実は康平元

年(1058)に生まれました。母は権中納言源 隆俊の娘であります。治暦4年(106

8)に従五位下に叙任され、翌年侍従に任ぜられます。延久元年(1069)に元服し、同

4年(1072)右少将になります。翌年従五位上から正五位下に、そしてそのまた翌年の

同6年(1074)には従四位下から従四位上、さらに正四位上に昇進し、中宮権亮・近江

権守・右中将を歴任、承保2年(1075)には左中将・蔵人頭に任ぜられます。同4年(1

077)従三位に進み、承暦元年(1077)参議に任ぜられます。同2年(1078)備

前権守、同3年(1079)正三位から従二位に進み、永保2年(1083)には権中納言

に任ぜられ再び侍従となりました。応徳2年(1085)正二位に進み、同3年(1086)

権大納言に任ぜられました。寛治2年(1088)には侍従を辞し、同5年(1091)に

は中宮大夫に任ぜられたが同7年(1093)に辞します。同年11月右大将となり、康和

2年(1100)内大臣となります。同5年(1102)には左大将、嘉承元年(1106)

に皇太子伝に任ぜられますが、翌年伝を辞します。永久元年(1113)従一位に進み、同

3年(1115)右大臣となりました。元永2年(1119)には左大将を辞します。官位

昇進のスピードは雅実の代には父祖を超えて高速かつ高位高官となり、保安3年(1122)

12月には最高官の太政大臣に就任しました。この太政大臣就任は源氏初のものでありまし

た。しかし2年後の天治元年(1124)7月、病によって66歳で出家して法名を蓮覚と

します。そして大治2年(1127)2月15日に69歳で死去しました。雅実は文化人で

もあり、舞楽・文学に長じ、日録に「久我相国記」があります。そして祖父・師房より伝え

られている京都洛南の久我庄に久我水閣を構えて営み、白河上皇や公卿たちを招き、その地

名「久我」を名字としています。

 次の久我顕通は雅実の長男であります。生年は不詳ですが、母は宮内卿藤原隆信の娘であ

ります。寛治5年(1091)に叙爵、翌年侍従に任ぜられます。寛治7年(1093)従

五位上から正五位下に進み、同8年(1094)左少将、嘉保2年(1095)には伊予介

に任ぜられました。同3年(1096)従四位下から従四位上へ進み、永長2年(1097)

には左中将・蔵人頭・中宮権亮を歴任し、正四位下に昇進しました。そして康和元年(10

99)には参議、同2年には伊予権守に任ぜられて従三位、同4年正三位に進み、翌年伊予

権守を辞しました。同年右中将に任ぜられます。そして嘉承元年(1106)権中納言、同

2年(1107)には皇后宮権大夫に任ぜられて従二位に昇進しました。天仁元年(110

8)正二位に進み、翌年右衛門督、永久3年(1115)には中納言となりましたが、胸の

病気で保安3年(1122)4月8日、父の雅実よりも先に死去しました。

 顕通の死後、まだ顕通の子の雅通はまだ幼かったので、かわりに顕通の弟である久我雅定

が継ぐことになりました。一般の系譜では顕通の子・雅通は雅定の養子ということになって

います。雅定は久我雅実の次男で、嘉保元年(1094)の生まれであります。康和4年(1

102)殿上小舎人に任ぜられ、長治2年(1105)に元服・叙爵し侍従・右少将に任ぜ

られました。同3年(1106)従五位上に進み周防介となり、嘉承2年(1107)正五

位下に叙されます。天仁元年(1108)10月、藤原顕季の娘を娶ります。天仁2年(1

109)には従四位下より従四位上に昇進、天永2年(1111)美作権介になり正四位下

となりました。永久3年(1115)右中将、同4年(1116)備中介に任ぜられました。

元永2年(1119)参議となり、保安元年(1120)美作権守に任ぜられます。しかし

同2年(1121)に辞しました。同年従三位に進み、同3年(1122)権中納言に任ぜ

られました。大治4年(1129)には正三位に昇進し、同5年(1130)右衛門督、天

承元年(1131)使別当に任ぜられさらに中納言になりました。同2年(1132)には

左衛門督になりました。長承2年(1133)に使別当を辞し、同3年(1134)従二位

になりさらに保延2年(1136)には正二位に昇進し権大納言に就任しました。同6年(1

140)左大将、永治元年(1141)には皇后宮大夫に任ぜられました。そして久安5年

(1149)には内大臣、翌年には右大臣、さらに左大将に任ぜられました。しかし仁平4

年(1154)5月に官を辞して61歳で出家し、法名を蓮如としました。しかし、出家後

も朝政の諮問を受け、久寿元年(1155)7月の近衛天皇崩御後の皇嗣選定を議する鳥羽

上皇御前会議に出席しています。雅定は舞踊・雅楽に長じ、有職故実に精通した人でしたが、

応保2年(1162)5月27日に69歳で死去しました。

 一般系譜では雅定の養子となっている久我雅通は元永元年に久我顕通の長男として生まれ

ました。母は権大納言源 能俊の娘であります。父・顕通の死後7年後の大治4年(112

9)1月に元服・叙爵しました。長承三年(1134)兵部権大輔に任ぜられます。保延4

年(1138)正五位下より正五位上に進み、同6年(1140)左少将、翌年近江権守・

美福門院(藤原得子)の立后により皇后宮権亮になりました。康治元年(1142)には従

四位下から従四位上さらに正四位下に昇進、天養元年(1144)権中将、久安2年(11

46)近江権介となり皇后宮権亮を辞しました。同3年(1147)には蔵人頭となり、同

6年(1150)には参議・侍従に任ぜられます。仁平元年(1151)備後権守、同2年

(1152)右兵衛督となり侍従を辞します。そして久寿元年(1154)に奨学院別当、

同2年(1155)近江権守となり従三位に進みます。保元元年(1156)には権中納言・

左兵衛督に任ぜられました。同2年(1157)正三位となり、翌年右衛門督から左衛門督

そして使別当になりました。しかし同年のうちに左衛門督・使別当は辞しています。永暦元

年(1160)中宮権大夫、さらに権大納言に任じられ、従二位に進みます。同2年(11

61)には正二位になり、淳和院別当となり中宮大夫そして大納言に任じられました。応保

元年(1161)中宮大夫を辞任したが仁安3年(1168)皇太后宮大夫・右大将そして

さらに内大臣に任じられました。嘉応元年(1169)右馬寮御監督となりますが、病気で

久我別庄に隠退しました。承安4年(1174)右大将を辞しましたが翌年安元元年(11

75)2月27日に58歳で死去しました。

 今までの3人の時代の世相と時代背景はというと院政の展開と源平の争い初期のころであ

りました。治暦4年(1068)に藤原家を外戚といない天皇といて後三条天皇が即位しま

した。天皇は荘園の増加が国衙領を圧迫し、国家財政に大きな影響を与えていると心配し、

延久元年(1069)に荘園整理令をだしました。この荘園整理令は寛徳2年(1045)

以後にできた荘園を停止し、それ以前の荘園でも国務に妨げがあり、証拠のはっきりしない

荘園も停止することにしました。そして記録荘園券契所を設置して、荘園領主からだされた

文書を調べさせ、基準にあわない荘園を停止させました。この役所の職員には摂関家に反発

する源 経長等の貴族や大江匡房等の学識に秀でた人材を登用し、従来の国司任せではなく

朝廷において、荘園領主と国司と両方の主張を裁決させることにしました。そして摂関家に

も証拠書類の提出をもとめました。さらに国司の重任禁止など諸般の政治改革につとめまし

た。しかし後三条天皇は在位4年で子の白河天皇に譲って5ヶ月後に崩御します。白河天皇

も藤原氏にはばからず政治を行いましたが、在位14年で子の堀河天皇に位を譲って上皇と

して院中において政治をみることにしました。ここからが院政の開始であります。院政の院

とは上皇の居所の意味でありましたが、のちに上皇自身をさすようになりました。そして院

政をおこなう役所を院庁といい、別当・年預・判官代・主典代などの職員をおきました。こ

れら院庁の職員を院司と呼んでいます。それから北面の武士をおいて警護させ、院の軍事的

基礎としました。こうして白河上皇は43年、鳥羽上皇は27年、後白河上皇は34年の3

代104年の長きにわたり院政をおこないました。いずれも専制政治で、摂政・関白はおか

れていましたが、実権はほとんどありませんでした。そして院庁からだされる院庁下文や、

上皇から出される院宣は朝廷の太政官符や、天皇の詔勅・宣旨よりもおもんぜられました。

院に仕えた役人は院近臣と呼ばれ、中流以下の貴族で、朝廷官職は高くありませんでしたが、

院の勢力が伸びるにつれて院近臣の勢力も伸び、朝臣と対立するようになりました。院政を

おこなった3上皇はあつく仏教を信仰していずれも出家して法皇となり、盛んに造寺・造仏

をおこない法会をいとなんだりしました。そして熊野や高野への参詣も異常なまでの回数が

おこなわれました。その費用は莫大となり、売官・売位がはげしくなり、重任も復活するな

ど政治はみだれました。

 このころ久我雅通の子の久我通親が登場しました。通親は久安5年(1149)にうまれ

ました。母は典薬助藤原行兼の娘であります。通親の叙爵のまえに京都では保元元年(11

56)に保元の乱がおこりました。このとき鳥羽法皇は息子の崇徳天皇との対立が激しくな

っていました。鳥羽法皇の妃の美福門院が皇子を生むと法皇は崇徳天皇に位を譲らせました。

ここに近衛天皇が即位するのであります。ときに近衛天皇は3歳でありました。しかし近衛

天皇が若くして崩御すると、崇徳上皇は自分の息子である重仁親王の即位を望んだが、法皇

は上皇の弟をたてました。これが後白河天皇であります。この処置に上皇の不満は強まりま

した。同様に藤原氏でも氏長者争いがありました。前関白藤原忠実は次男の左大臣藤原頼長

の学識をみこんで長男の関白藤原忠通に氏長者の地位を頼長に譲るように強要し、譲らせま

した。忠通は納得いかず近衛天皇の崩御後、鳥羽法皇の信任を得て後白河天皇のもとで関白

の地位をまもりました。弟の頼長は崇徳上皇と結びました。保元元年7月、鳥羽法皇の崩御

に際して後白河法皇方が崇徳上皇方の弔問をうけつけなかったことに端を発し、ついに衝突

しました。崇徳上皇は藤原頼長と語らって武士の源 為義・為朝父子、平 忠正などを招い

て戦備を整えました。後白河天皇も藤原忠通とはかって源 義朝、平 清盛・重盛父子を招

いて備えました。後白河天皇方は源 義朝の作戦で機先を制して上皇の御所を夜襲します。

この一撃で勝敗は決しました。藤原頼長は敗走中に流れ矢にあたって死に、崇徳上皇は讃岐

に流されました。上皇方の源 為義・平 忠正は斬られ、源 為朝は伊豆に流されました。

 乱後、天皇方だった平 清盛・源 義朝の勢力が大きくなっていきました。平 清盛は院

近臣の藤原通憲(信西)と結び、源 義朝は通憲と対立する藤原信頼と結んで源氏と平氏の

対立がはじまりました。それ以後日々対立の溝が深くなっていきました。平治元年(115

9)、平 清盛が熊野へ参詣している留守を見て、源 義朝・藤原信頼が挙兵しました。義

朝軍はまず藤原通憲を捕らえて殺害、後白河上皇・二条天皇を宮中に幽閉しました。乱の発

生を聞いた清盛は急いで引き返し、上皇を仁和寺に移し、天皇を六波羅の自宅にむかえて皇

居を占領した義朝・信頼軍を攻めて撃破しました。藤原信頼は捕らえられて斬られ、源 義

朝は東国に逃げたが途中の尾張で暗殺されました。義朝の子の義平はのちに斬られ、頼朝は

捕らえられたが伊豆に流されました。これによって源氏の勢力は急激に衰え、平氏の勢力は

急激に向上しました。

 二つの戦乱の最中に久我通親は叙爵します。保元3年(1158)8月5日に従五位下、

応保元年(1161)10月19日治部権大輔に任ぜられます。長寛3年(1165)1月

5日には従五位上、仁安元年(1166)11月13日には正五位下、翌年2月11日には

右近衛権少将に任ぜられます。その時、平 清盛は太政大臣に就任、平家の勢いは絶頂を極

め、長男の重盛をはじめ一族はほとんど公卿・殿上人となり高位・高官となりました。通親

はこのころから朝廷においての仕事が忙しくなってきます。石清水放生会の参向や、内裏遷

幸の供奉、内侍所御神楽の召人としての参仕などで、その功績などにより仁安3年(116

8)1月6日に従四位下に、同月11日には加賀介となります。同年2月19日に高倉天皇

が即位、久我通親は高倉天皇皇太子時代からの近臣以外に新たに昇殿をゆるされた8人の中

に加えられ、高倉天皇の側近として朝政の中枢にはいっていくきっかけとなります。同年3

月26日には従四位上そしてさらに同年8月4日には正四位下に昇進するという高速スピー

ドの昇進でした。嘉応3年(1171)1月18日には右近衛権中将となりました。そのこ

ろ平 清盛は藤原氏の例にならって娘の徳子を高倉天皇の中宮として入内させ、平氏は朝廷

内で並ぶもののないほどに権力を築き上げました。通親は台頭著しい平氏との提携に力を入

れ、徳子入内では女御家侍所別当になり、承安元年(1171)には清盛の弟・教盛の娘を

めとっています。治承元年(1177)、平 清盛を打倒しようとした鹿ケ谷の陰謀事件が

発覚しました。後白河法皇の近臣である藤原成親・西光・俊寛らが京都東山にある俊寛の別

荘において平氏打倒の陰謀を密議していたのでありました。しかし同志のひとり多田行綱の

密告で発覚、西光は斬られ、成親は備前に、俊寛は九州の鬼界島に流されました。後白河法

皇は平 重盛の意見によって清盛に責任を追及されませんでした。

 治承3年(1179)1月19日、通親は高倉天皇の蔵人頭に就任、そして同年12月2

4日には中宮権亮を兼任しました。このとき通親は天皇や中宮に側近し、朝廷内の諸事を監

理しはじめ、各公卿廷臣らから重要人物扱いとなり、朝政一般にも影響をもたらすようにな

りました。後に激しく対立する九条兼実はこのときくらいから通親に不快感を持ちはじめま

す。このときの平氏の動きに変化がおこりました。清盛の長男の重盛が死去したのです。重

盛は平氏にしては珍しく有能武勇で文武両道の名将でありました。この重盛の死去によって

清盛の暴走をとめられる人がいなくなり、平氏はますます横暴・専横の限りをつくすように

なるのであります。重盛・さらに平 盛子(清盛娘)が死去したことで後白河法皇が遺領を

没収します。清盛はそれによって数千の軍勢で摂津福原から上京、後白河法皇の院政を中止

させて鳥羽殿へ幽閉、関白松殿基房以下40人を更迭してしまいました。これによって平氏

政権は確立し、翌年の治承4年(1180)2月21日、娘の徳子が生んだ安徳天皇を即位

させ、高倉上皇に院政をさせました。その時久我通親は先述の事件には連座せず、蔵人頭と

しての職務から関白更迭の処遇と清盛の姻戚藤原基通を関白に任ずる奉行を担当、そして同

年1月28日参議・左近衛権中将に就任し、2月24日には高倉院庁別当になって高倉上皇

の院近臣となっています。そして高倉上皇の安芸厳島神社行幸には供奉しています。

 このころには通親は親平氏方公卿としてみられるようになります。治承4年(1180)

5月、通親は以仁王・源 頼政の平氏打倒の挙兵を後援した興福寺・園城寺討伐に関する院

殿上定の議には即時討伐という平氏の意向に同調して発言していますが、九条兼実の反対に

より討伐は流れてしまいます。清盛は頼政を宇治の平等院にて自刃させ、以仁王は奈良へ逃

げる途中で敗死しました。しかし以仁王は平氏打倒の令旨を発していたので各源氏勢力が反

平氏の動きを活発にしていました。12月になると清盛は平 重衡を派遣して平氏に反抗し

た東大寺ら南都寺院を焼き討ちしています。そのころにわかに勃発した福原遷都問題が朝廷

内をにぎわせていました。平 清盛は新都として摂津福原を独断で決め、通親ら親平氏方公

卿とともに安徳天皇の行幸を強行します。同時に大嘗祭の実施場所についても新都(福原)・

旧都(京都)のいずれで行うのか等、朝政に混乱をきたし、7月にやるべき祈年穀奉幣に至

っては10月に延期するという事態にまでなりました。通親は福原に滞在して政務を行いま

したが、他の公家たちは新都と旧都を往復して政務を行い、下級公家・官人に至っては経済

的に破綻する者も出現し、不満が増大、さらには延暦寺の衆徒が京都還都を要請し、高倉上

皇も自分の病状悪化から京都還都の院宣を発するに至り、ついに清盛も京都還都を決意し、

11月に後白河法皇・高倉上皇・安徳天皇が京都に還幸し、6ヶ月にわたる福原遷都の騒動

は終了しました。病状が悪化した高倉上皇は京都にもどったあとの治承5年1月14日に崩

御ました。

 治承5年(1181)1月5日、通親は従三位に進み、播磨権守に任ぜられます。そして

閏2月4日に平 清盛は熱病で死去、子の平 宗盛があとを継ぎました。通親は4月10日

の安徳天皇閑院内裏還幸に供奉、7月14日の養和への改元を議題とする朝議に出席してい

ます。この改元を議題とする朝議に出席するということは、有能な公卿ということとされ、

名誉あることでした。このとき通親は「弘保」「応暦」の二つの改元案を提出しています。

同年(養和元年)11月25日には中宮権亮を辞し、建礼門院別当に就任しました。清盛が

死去したことにより、後白河法皇は居所を八条から二条南の閑院に移して自らを超越的立場

として朝廷独立の回復を計画、公卿たちも法皇の下に集合してくるようになりました。通親

も平氏を離れて法皇に接近しはじめ、清盛によって焼き討ちされた東大寺復興事業に尽力し

ています。同年8月17日に伊豆の源 頼朝は妻・政子の親である同地の豪族北条時政の支

援を受けて挙兵したが、石橋山の戦いで平氏方の大庭景親に敗れ、安房に逃れました。しか

し頼朝の挙兵を聞いて関東の平氏に不満を持つ武士は安房に結集しました。そして2ヶ月足

らずで武蔵に進軍、鎌倉に根拠地をおいて勢力をかためました。清盛は孫の平 維盛を総大

将として頼朝追討の軍を関東におくりました。頼朝はこれを富士川をはさんで対陣しました。

公家風に慣れた柔弱化した平氏軍は、水鳥の飛び立つ音を源氏の夜襲と間違えて敗走しまし

た。寿永2年(1183)1月7日、通親は正三位に進み、白馬節会・園韓神祭の主事など

をつとめ、伊勢神宮に祈願する公卿勅使にも選ばれています。その年、木曾の源 義仲は北

陸へ進出してきました。宗盛は維盛を派遣し、加賀・越中の国境の倶利伽羅峠で義仲軍と戦

いました。夜中、義仲軍は牛の角にたいまつを結びつけて平氏軍につっこませ、これにより

平氏軍は敗走、義仲は京都にはいったのです。朝廷は義仲入京に対し対策会議を行い、通親

も徳大寺実定・吉田経房らとこれに出席しています。この会議で法皇の法住寺移動が決定し、

7月24日には通親と平 時忠らの供奉で到着、神器の神鏡はそのまま閑院内裏に置かれま

した。義仲の入京により平氏一門は西に逃れることになります。平 宗盛は後白河法皇も連

れて行こうとしましたが、事前に法皇が法住寺を脱出、比叡山に逃げられて宗盛は安徳天皇

と神鏡を奉じて西に落ちていきました。通親は平氏に従わず後白河法皇にさらに接近してい

きました。法皇は平氏西下後すぐに京都にもどり、通親らと平氏追討・安徳天皇と神鏡の奪

還について会議を開きます。法皇は義仲に平氏追討を命じますが、朝廷や法皇が期待してい

た義仲は京内で略奪や皇位継承に干渉するようになります。義仲は以仁王の子・北陸宮を擁

立しますが、法皇は高倉上皇の皇子がいるのに、それを差し置くことはできないとして朝廷

でのト占を使って義仲を抑え、高倉上皇の皇子・尊成親王を即位させて後鳥羽天皇としまし

た。ここに西方で平氏に擁立されている安徳天皇と京都の後鳥羽天皇の二人の天皇が並立す

ることになり、ある意味南北朝時代ならぬ東西朝時代ともいえるべき状態となります。平氏

追討を命ぜられている義仲は平氏の反撃により京都にもどり、さらに狼藉をおこなうように

なります。これをみた源 行家は義仲軍を去るなど、朝廷・民衆の反感をかうようになり、

法皇は期待に背いた義仲の追討を決意、源 頼朝に東海・東山両道の支配を認め、入京をう

ながしました。義仲は鎌倉の頼朝を討つために法皇から追討の院宣を要求しますが、法皇は

武士に御所を警護させてこれを拒否します。義仲は11月19日に法皇の法住寺御所を急襲

して法皇を捕らえて摂政近衛基通邸に押し込め、近臣を罷免して義仲政権を樹立、松殿師家

を摂政に任じました。このとき法住寺御所にいた通親は追放をまぬがれて義仲政権に参加し

ています。鎌倉の頼朝は弟の範頼・義経に義仲を討つように命じ、進軍してきます。義仲は

頼朝と対決するために密かに平氏と和議と法皇を奉じての北陸への下向を計画、翌年1月に

征夷大将軍に任じられますが、範頼・義経と宇治や勢多の戦いでやぶれ、寿永3年(118

4)正月に近江の粟津で戦死しました。このころに通親は高倉範兼の娘で高倉範季の養女と

なって後鳥羽天皇の乳母となった範子を妻に迎えています。範子はもともと法勝寺の能円法

印の妻でしたが、能円が平氏とともに西下したので範子は後鳥羽天皇養育を理由に離縁、通

親と結婚しました。天皇の乳母と結婚した通親は乳父という権威を得て、このあと天皇の後

見にあたることになります。通親は乳父となってからは改元朝議から後鳥羽天皇の即位礼・

大嘗祭、院御所の仏事と職務が多忙となります。通親は4月の改元朝議で「元暦」との改元

を決定しますが、安徳天皇を擁する福原の平氏側が「寿永」の年号を引き続き使用したので、

二つの天皇だけではなくと二つの元号まで並立する事態となってしまいます。福原で京都回

復を狙っていた平氏でしたが、同年に頼朝が平氏追討の院宣を後白河法皇からうけ、京の範

頼・義経に平氏を討つように命じました。2月に摂津一の谷で平氏をやぶり、翌年の文治元

年(1185)2月には讃岐屋島で平氏を急襲してやぶり、5月には長門壇ノ浦で平氏一門

を滅ぼしたのであります。

 源氏軍が平氏軍を攻撃していた文治元年(1185)1月20日、通親は権中納言に任ぜ

られ、源氏によって取り戻された神器の帰京方法についても会議しています。捕虜となった

平 宗盛ら重要平氏一族は鎌倉に送られましたが、平 時忠・能円ら9人は通親が吟味し、

流罪が申し渡されることになりました。源 頼朝は平氏滅亡後、弟・義経との不和が表面化

して朝廷をまきこむ兄弟喧嘩にまで発展しました。義経を庇護した法皇ら朝廷は頼朝追討の

宣旨を出しますが、義経は頼朝によって京都を追われてしまい、法皇は鎌倉の頼朝に使者を

遣わして弁明し、義経追討の院宣を発しています。頼朝はこのことで朝廷改革に乗り出し、

義経を捕らえるために諸国に守護・地頭の設置権と兵糧徴収権を朝廷に認めさせ、自分の追

討を奉行した葉室光雅・小槻隆職・平 親宗・高階泰経の更迭を要求し、同年12月6日に

は奏請により、議奏公卿が設置されることになります。通親は九条兼実・三条実房・中山忠

親・吉田経房らとともに議奏公卿10人のひとりに選ばれ、議奏公卿への知行地割り当てに

より、因幡国を得ます。大炊御門経宗は左大臣の重職にありましたが、頼朝追討宣旨発布の

関係者であったために議奏公卿には選ばれませんでした。文治2年(1186)3月12日、

頼朝に支援されている九条兼実が摂政に就任、しかし法皇の信頼が薄い兼実が権勢を握るこ

とは無く、法皇は兼実の意見を無視して頼朝追討宣旨を奉行して更迭されていた公家たちを

翌年までに復権させ、頼朝の議奏公卿制度などの朝廷改革を失敗させ、近臣擁護の姿勢を通

して法皇権力を強化していきます。通親は法皇派として地位を固めていき、禁中雑事奉行と

して禁中の雑務を統轄し、禁中内廷女房とも結びつきを深めました。通親は同3年(118

7)1月23日従二位となり、3月4日の公卿・官人の政治に対する意見徴収の時には、通

親も意見封事で述べています。同4年(1188)7月7日には淳和院・奨学院別当となり

ます。しかし、九条兼実の次男・九条良経が超越して正二位になったことで、通親は自分も

正二位に叙位するように要求し、良経の父・九条兼実を激怒させています。同5年(118

9)1月7日正二位となり、7月10日には右衛門督を兼任します。この年には源 頼朝の

奥州征伐がありました。源 義経は以前に後白河法皇から頼朝追討の院宣をうけましたが、

頼朝軍が上京したと聞き奥州へにげていきました。奥州の藤原秀衡は義経をかくまい、子の

泰衡に義経をいただいて結束を固めようとしましたが、秀衡が死去すると泰衡は頼朝の要求

を拒みきれず、泰衡は衣川の義経の館を攻めて討ち取りました。しかし頼朝は義経をかくま

ったという理由で奥州を攻め、奥州藤原氏一族を滅ぼしました。

 建久元年(1190)1月の後鳥羽天皇元服の儀には通親は天皇の装束などについて奉仕

します。元服で加冠役となった九条兼実は娘・任子を天皇の皇后とし、朝廷での足場を固め

ようとしていました。7月17日に通親は中納言、翌日兼左衛門督・検非違使別当(翌年2

月1日に別当を辞任)に就任しました。奥州を平定した頼朝は法皇の命に応じて上洛、六条

殿で法皇に謁見、そのあと九条兼実と面談します。しかし、頼朝は法皇の信頼が薄い兼実に

見切りをつけ、法皇と直接交渉することにして法皇妃・丹後局に接近していきます。頼朝は

征夷大将軍の補任を要求しますが、拒否されて通親の奉行による除目で右近衛大将に叙任さ

れます。このころの通親は政務にはげみ、他の公卿が辞退した仕事をも積極的に務めていま

す。そして法皇妃・丹後局と結び、丹後局と後白河法皇の子・覲子内親王(のちの宣陽門院)

の勅別当となり、建久2年(1191)6月26日の院号宣下の日には院別当に任ぜられて

います。これで宣陽門院庁は通親を中心とする勢力の拠点となりました。建久3年に後白河

法皇が崩御すると、莫大な長講堂領は宣陽門院に伝領されて通親がこれを管理しました。通

親・丹後局と対立し、法皇呪詛事件の嫌疑などで消沈気味の関白九条兼実は法皇崩御から頼

朝に強く接近、7月には頼朝に征夷大将軍の宣下を実現させます。しかし通親もこの征夷大

将軍就任の儀の上卿をつとめています。通親は翌年12月9日に左衛門督を辞しています。

建久6年(1195)11月1日、後鳥羽天皇の後宮に入れていた通親の養女の在子が皇子

(のちの土御門天皇)を生んだので通親の勢いは大きくなりました。11月10日には権大

納言になります。それから幕府の政所別当の大江広元に対する官位優遇策や、源 頼朝の娘・

大姫の入内問題を利用して幕府と九条兼実との離間をはかっていた通親は、建久7年(11

96)11月24日には九条兼実の娘の任子を宮中から退下させ、翌日通親自ら上卿として

関白九条兼実を罷免し、近衛基通を関白・氏長者に任命しました。これ以後九条家の勢力は

後退しました。同年の12月には源 頼朝の縁に連なる一条高能を参議に、西園寺公経を蔵

人頭に任命しました。頼朝は通親・丹後局に大姫入内を約束させており、入内を成功させる

ために、この九条兼実失脚劇を黙認しています。翌年12月には内密に計画されていた後鳥

羽天皇の譲位が世の噂となり、歌人で有名な藤原定家はこの噂に困惑しています。大姫と一

条能保・高能父子をあいついで失って朝幕窓口を無くしている鎌倉の源 頼朝ははじめ譲位

に反対しますが建久9年(1198)正月にはしぶしぶ同意、後鳥羽天皇は土御門天皇に譲

位し、通親は外祖父として院庁別当に就任して朝政・院政を掌握しました。その権勢はすご

いものでした。譲国の儀が行われた閑院内裏では、親王宣下がないまま即位するのは光仁天

皇の時の例とされ、それについて藤原定家が「光仁天皇の例ならば道鏡は誰か」と怒ってい

ます。通親は自らが右近衛大将になるときに、頼朝の子・頼家を同時に左近衛中将に昇進さ

せて幕府の歓心を買おうと期待しますが、正治元年(1199)1月13日に源 頼朝が急

死してしまいます。頼朝死去が公表されれば頼家中将昇進が延期され、通親の右近衛大将就

任も延期となり計画が狂ってしまいます。通親は20日早朝に現職右近衛大将大炊御門頼実

から辞表を受けて自分が権大納言に右近衛大将に兼任、臨時小除目を行って源 頼家を左近

衛中将に昇進させました。そのあと頼朝死去を正式に朝廷に報告、喪に服すことになります。

藤原定家はこの臨時小除目強行を非難、通親に対し奇謀の至りと罵っています。このあとす

ぐに通親は前年に死去した親鎌倉派の一条能保の家臣である後藤基清・中原政経・小野義成

の3人によって西園寺公経・持明院保家・源 隆保・文覚上人らと通親を排斥して能保死去

後冷遇されている主家に権威を回復させようとし襲撃計画を立てられます。しかし、通親は

院中に籠って幕府に京都騒擾中と通報、幕府は大江広元が中心となって通親支持を決定し、

2月14日には3人が捕らえられ、関与した西園寺公経らも出仕停止が言い渡されました。

このようにして京都内での排斥運動を潰した通親は、6月22日には内大臣に任ぜられ、同

2年(1200)4月15日には東宮傅を兼任しています。翌年1月、またも通親の地位失

脚を狙うかのような事件が発生します。越後の城 長茂が庇護者である梶原景時を幕府が討

伐したことに怒って京都に侵入、景時討伐に加担した上、景時にかわって播磨守護になった

小山朝政を三条東洞院に襲撃して将軍頼家の追討宣旨を後鳥羽上皇に要求するという事件が

発生します。しかし小山朝政は朝覲行幸に供奉していたために不在、さら頼家追討宣旨もも

らえず幕府によって捕らえられて2月25日に大和吉野で殺されています。幕府は4月の長

茂の甥・城 資盛の越後挙兵も資盛戦死によって鎮圧しています。この城 長茂の変の関係

者として藤原高衡(元吉冠者・奥州藤原泰衡の子または弟ともいわれる)が逮捕されていま

す。高衡は通親の妻の養父・高倉範季に庇護されており、さらに通親と同族(村上源氏)の

三井寺の公胤も事件に関与しているとし、九条兼実は強引に通親を事件関係者として主張し

ますが、通親自身は全く関与しておりませんでした。その後通親は和歌の世界にも入り、建

仁2年(1202)7月には和歌所寄人に選ばれ、「厳島御幸道記」や「高倉院昇霞記」「千

載和歌集」「新古今和歌集」「新勅撰和歌集」などに数多くの和歌がのこされています。そ

の通親は建仁2年10月21日、54歳で死去しました。同月26日、従一位を贈られます。

通親と親密な関係をむすんでいる葉室宗頼は、娘婿で幼少である通親の子・通光のかわりに

遺産を預かっています。通親は進歩的な政治家で前例を重視する保守的な九条兼実と鋭く対

立、これを追放して実権を握りました。通親は有能な人材を登用し、本来なら高官になれな

い者でも高官に推挙し、中級・下級公家からは人望が厚かったようです。歌道世界で有名な

藤原定家は九条兼実の一味であるために通親ととても仲が悪く、通親のすることに兼実とと

もにイチャモンをつけています。さらには自分が和歌集の歌人選定から漏れたことに対して

も歌道の対立分子である藤原季経が通親に讒言したせいだと通親・季経に文句をつけていま

す。通親の子には久我通宗・土御門定通・久我通光・堀川通具・中院通方・道元禅師がおり

ます。このなかで北畠氏と直接関係あるのは5男の中院通方であります。

 中院通方は文治5年(1189)に通親の五男として生まれました。母は従三位高倉範兼

の娘・範子であります。中院を氏姓として中院家を興しました。近世では中院家は大臣家の

ひとつとなりました。建久5年(1194)正月従五位下叙されます。同6年因幡守、同9

年従五位上となり、正治2年(1200)には正五位下に進み、建仁元年(1201)12

月左少将、同2年従四位下、翌年には従四位上に進み土佐介となりました。元久2年(12

05)正四位下、承元元年(1207)10月右中将、建暦元年蔵人頭に任ぜられました。

同2年12月従三位に進み、建保元年(1213)に讃岐権守、同3年12月には参議に任

ぜられました。そして同5年正三位、同6年丹波権守、同7年4月には右衛門督・検非違使

別当を兼任、承久2年(1220)正月に権中納言となり、寛喜2年(1230)2月中宮

権大夫を兼任します。同3年3月権大納言、同年中宮大夫になりますが、天福元年(123

3)に辞します。暦仁元年(1238)に大納言に就任しました。中院通方も父と同じで和

歌に秀でて「続古今和歌集」に和歌がのせられています。暦仁元年12月27日に出家しま

したが、翌日の28日に50歳で死去しました。著作には「飾抄」があります。中院通方の

子供は通氏・通成・通世・顕方・雅家がおります。その中でも5男の雅家がのちに北畠氏を

称して現代へつながっていくのです。

 この中院通方の時代の出来事といえば大きいのが承久の乱であります。通方の父・通親の

死後、後鳥羽上皇は鎌倉幕府の討幕を計画し、西面の武士を新設し、在京の武士・熊野、比

叡山の僧兵と結んで実行にそなえました。承久元年(1219)正月に3代将軍源 実朝が

公暁に暗殺されました。北条氏は上皇の皇子・頼仁親王もしくは雅成親王を将軍に迎えたい

と願いますが上皇は許可せず、摂津長江・倉橋の地頭罷免を要求します。北条義時は弟・時

房に1000の兵をもたせて地頭罷免要求拒否を回答させるために上洛させます。ここに朝

廷と幕府の関係は崩れてしまいます。義時は親王の将軍をあきらめ、九条兼実のひ孫であり、

頼朝とも血縁のある九条頼経を将軍に迎えます。上皇は幕府内部の混乱に乗じて政権の回復

を狙い、順徳天皇が仲恭天皇に譲った承久3年(1221)5月、上皇は北条義時追討の院

宣を諸国の武士に伝えました。しかし上皇に応じた兵力は熊野・比叡山の僧兵のほかはおも

ったより少なかったのであります。それに対し幕府方の結束は以外に固かったのであります。

幕府方は尼将軍北条政子の演説に感動した御家人が一致団結し源氏への忠誠を誓ったのであ

ります。大江広元の作戦により短期決戦策をとった北条義時は、長男泰時を大将・弟の北条

時房を副将として、東海・東山・北陸の3道から京都に向かわせました。19万の幕府軍は

上皇軍を木曾川にやぶり、宇治・勢多でもやぶり1ヶ月足らずで京都を占領してしまいまし

た。乱後、義時は泰時・時房を京都にとどまらせました。そして事後処理として仲恭天皇を

廃して行助親王(後鳥羽上皇の兄で初名は守貞親王・後高倉院と称する)に院政させ、親王

の子・茂仁親王(後堀河天皇)を即位させます。そして後鳥羽天皇を隠岐に、順徳上皇を佐

渡に、土御門上皇を土佐に流しました。そして乱の中心となった武士や公家を斬り、上皇方

の公家・武士の所領3000余ヶ所を没収し、戦功のあった御家人にあたえたのであります。

摂政の九条道家は責任をとって辞任し、近衛家実が新摂政に就任、そして幕府側について院

の動向を通報していた西園寺公経が朝廷の実力者となりました。このあと幕府は六波羅探題

を設置して京都警備と朝廷監視・西国統制をおこなうことになります。

 この久我氏の時代、それも通親の時は大きく政治に関与し、久我氏の権勢は大きくなりま

した。法皇・平氏・源氏と大勢力のなかをうまく生き抜き、それらを利用したりしてついに

天皇の外祖父にまでなったのであります。この通親は相当処世術に長けた人でありました。

やはりこういう人でないとこの時代に勢力を大きくすることなどできないでしょう。