初代北畠氏とその時代

 

 

 北畠氏を名乗りはじめたのは久我通親の孫で、中院通方の子の雅家からであります。はじ

め雅家は父方の姓である中院を名乗っておりましたが、のちに独立して万里小路となります。

その後、自らの邸宅のあった洛北の北畠の地(京都市上京区)の「北畠」をとって姓とし、以

後そう名乗ったのです。初代北畠雅家は建保3年(1215)生まれで、父は大納言中院通方・

母は中納言壬生雅頼の娘であります。一般的な公家で、正四位下に叙され、蔵人頭に任ぜられ

ます。これの辞任後、右中将に任ぜられます。宝治元年(1247)12月に参議、同2年正

月には従三位となり備後権守を兼任、建長2年(1250)には正三位、翌年には従二位とな

り任職を辞します。建長4年(1252)権中納言に就任、建長8年(1256)4月には正

二位、正元2年(1260)3月には権大納言となります。弘長元年(1261)10月に皇

后宮大夫を兼任しますが、翌年には辞しています。文永5年(1268)10月5日、後嵯峨

天皇の落飾とともに出家します。54歳で法名は如覚といいます。没年に関しては諸説があり、

文永11年(1274)3月22日60歳説、文永12年3月27日61歳説、文永5年11

月3日59歳説(年が合わないので間違いか?)、文永5年11月13日説の4つがあります。

 次に2代目の北畠師親についてであります。2代目北畠師親は仁治2年(1241)生まれで、

父は北畠雅家・母は参議鷹司頼平の娘であります。仁治4年(1244)正月に叙爵、宝治2年

(1248)に従五位上、建長2年(1250)には侍従となります。そして同4年には正五位

下、同6年には従四位下に進み備前介・左少将に任ぜられます。同8年には従四位上、正嘉元年

(1257)には左中将、翌年には正四位下となります。弘長2年(1262)12月には従三

位に進み非参議・右衛門督に任ぜられます。文永4年(1267)には正三位、文永6年3月に

は参議、11月には権中納言となり、翌年には従二位、文永8年(1271)には左衛門督とな

りますが、同10年に辞します。建治2年(1276)正月に正三位、弘安6年(1283)3

月には権大納言となりました。正応2年(1289)9月7日、亀山天皇の落飾とともに出家し

ます。46歳で法名は覚円といいます。師親も没年には諸説があり、嘉元3年(1305)9月

27日62歳説、正和4年(1315)10月6日75歳説のふたつがあります。

 この初代・二代目の時代の背景として元寇があります。文永5年(1268)、元のフビライ

は高麗を仲介として日本に入貢を促してきます。幕府は入貢を要求する国書を無礼とし返書を送

らないことにし、60余歳の執権北条政村は18歳の北条時宗に執権職を譲り、連署として後見

することにしました。フビライは文永6年(1269)、再び書を送り、さらに文永8年(12

71)には趙良弼を使者として朝貢を迫るが、北条時宗は断固拒否し、九州方面に所領を持つ御

家人を帰国させて筑前・肥前の防衛を厳重にしました。朝廷では、元の要求を断るにしろ、返書

だけは送ろうと草案をつくりましたが、時宗の態度はかわりませんでした。

 元はついに文永11年(1274)10月、忻都・洪茶丘らを将として、元兵2万・高麗兵5

000からなる軍を兵船900隻に分乗させ、朝鮮南端の合浦から出発させました。まず対馬に

上陸し、対馬守護代宗 助国の軍を破り、壱岐へと進撃、さらに肥前の松浦郡を攻めて博多湾に

侵入しました。対馬から急報を受けた大宰府では九州の御家人たちを動員召集して豊前・筑前・

肥前・対馬・壱岐守護兼大宰少弐の武藤資能とその子経資・景資を大将とし迎え撃ちました。し

かし、元軍の用いた集団戦法や「てうはう」等の火器による攻撃のために苦戦に陥った日本軍は、

大宰府に近い水城まで退きました。日没になり元軍は船まで引き返した。その夜、大暴風雨が起

こり、元の兵船200余隻を破壊しました。元軍はこれにより残船をまとめて合浦に退却してい

きました。(文永の役)

 しかし、フビライは日本征服の野望を捨てず、建治元年(1275)には服属を勧告する使者

杜世忠らを長門へ送りました。しかし、北条時宗はこれを鎌倉で斬り捨て、九州の御家人を動員

して異国警固番役を課し、さらに長門・周防・安芸の御家人に長門警固番役を課し、翌年には長

門探題を設置して指揮させました。そして博多湾の沿岸一帯に石塁を築いて防衛体制を強化して、

同時に山陰・山陽・南海三道の海辺の地頭・御家人や本所一円の地には、いつでも船員を動員で

きるように準備を命じました。フビライは杜世忠らの消息を聞かないまま、弘安2年(1279)

に南宋を滅ぼし、また日本に使節をおくってきましたが、北条時宗に博多で斬り捨てられました。

この頃杜世忠ら斬殺の報がフビライに伝えられました。

 フビライは再び日本遠征を計画、2つの軍に分けて出発。忻都・洪茶丘ら率いる東路軍は元・

高麗・江北の兵合わせて4万、范文虎の率いる江南軍は降伏した南宋水軍を中心とした江南の兵

10万であります。弘安4年(1281)5月、朝鮮の合浦を出発した東路軍は対馬・壱岐そし

て博多湾に攻め込みました。しかし日本軍の河野通有・竹崎季長らの奮戦に東路軍は退いて肥前

の鷹島に拠り、江南軍の到着を待ちました。予定より遅れて寧波を出発した江南軍は6月末に到

着し東路軍と合流、7月末に鷹島に集結しました。大宰府を目指して総攻撃に移ろうとしたその

夜、またも大暴風雨に襲われて元船4000隻を破壊しました。これにより残った船は200隻

に過ぎませんでした。日本軍は暴風雨がやむのをまって鷹島を攻撃、2000人を捕虜としたの

です。元軍14万のうち、逃げ帰れたのは3万余だけでした。(弘安の役)フビライは3度目の

日本遠征を計画するが、江南を中心とする中国民衆の一揆や反乱、ベトナムの反抗などにより実

現しませんでした。日本は神風ともいえる大暴風雨と日本軍の奮戦により大勝利をえたのであり

ます。

 話は北畠氏の三代目にもどります。

 3代目の北畠師重は文永7年(1270)生まれで、父は権大納言北畠師親であります。文永

8年(1271)に叙爵し、同11年(1274)に石見守に任ぜられます。建治3年(127

7)には従五位上となり、同年に石見守を辞します。同4年には正五位下、弘安2年(1279)

には左少将となります。同4年には従四位下、同8年(1285)には従四位上に進み、左中将

に任ぜられます。正応元年(1288)には正四位下、翌年には左中将を辞します。正応4年(1

291)3月に従三位非参議となり、翌年に右衛門督に任ぜられます。同6年正月には正三位と

なり、永仁2年(1294)12月に参議となりついで再び左中将となります。同3年12月に

は権中納言となり、翌年11月には左衛門督を兼任、検非違使別当にもなります。同5年に検非

違使別当を辞し、翌年には従二位となり、左衛門督を辞します。正安元年(1299)に正二位

となり、乾元元年(1302)には中納言となり、嘉元元年(1303)8月には権大納言に任

ぜられますが、同3年には辞しています。徳治2年(1307)7月28日、後宇多天皇の落飾

とともに出家します。38歳で法名は経覚といいます。祖父・父と3代にわたって天皇とともに

出家しています。没年は元亨2年(1322)正月13日で、享年は53歳であります。

 この3代目北畠師重の時代背景としては鎌倉幕府での得宗専制政治の確立があります。得宗と

いうのは執権北条氏の嫡流のことであります。元寇のあと8代執権北条時宗が没し、子の貞時が

9代執権となります。ここに至ってますます得宗の権力が強化されました。得宗権力の基盤とな

るのは、その家臣の御内人であり重要な役職はこれら御内人を起用しました。このことにより外

様の御家人との対立が激化しました。

 御内人の代表である内管領(北条氏の家宰)の平 頼綱と外様の代表・安達泰盛の争いとなり

ました。安達泰盛は執権北条貞時の外祖父であったため、発言力が強くなっていました。これを

不満とする平 頼綱は安達泰盛の子の安達宗景が源姓を名乗ったことで謀反を企てていると執権

北条貞時に讒しました。弘安8年(1285)11月17日、安達泰盛は平 頼綱以下御内人軍

に攻められ滅ぼされました。安達泰盛方の御家人もあいついで討たれ、外様勢力は壊滅しました。

 これより8年間、平 頼綱が恐怖政治をおこなったが、正応6年(1293)4月22日、平

頼綱の次男の飯沼資宗を将軍に擁立しようとの陰謀を嫡男の平 宗綱に密訴され、鎌倉経師が谷

の自邸を執権北条貞時に攻められ滅ぼされました。平 頼綱の滅亡後、長崎氏が実権を握るよう

になり、こうして御内人を背景とした得宗専制政治が確立しました。 このころ御家人の生活は

窮乏し、所領の質入や売却がおこなわれました。幕府は御家人救済のために永仁5年(1297)

永仁の徳政令をだし、土地の質入・売却を禁止するとともに売却20年未満のものは無償でとり

もどせるようにしましたが、効果は一時的なものでありました。

 この時の北畠一族には他に従三位左中将北畠師行(父・北畠雅家)、左中将北畠雅世(父・北

畠師親)などがいます。時代的に北畠氏は活躍したという時代ではありませんが、ここのときに

徐々に朝廷内で勢力を持ち始め、師重の子の親房が当主になったとき北畠氏の家格は向上し、朝

廷において確固たる不動の地位を築き上げ、南北朝時代で南朝方のトップとして君臨して活躍す

るのであります。