南朝としての北畠氏と論争

 

 

 鎌倉時代末期から南北朝時代は北畠一族がもっとも活躍した時代であります。そしてもっとも

活躍した人物が北畠親房であります。この時代は簡単にいうと江戸幕末と似ています。江戸幕末

は王政復古対幕権強化の戦いですが、鎌倉幕末は天皇親政復活対得宗専制政治の維持であります。

 時代背景からいきますとこの時代は皇統の分裂からはじまりました。承久の乱後、皇位の継承

と院政を担当する上皇の決定権は幕府が握っていました。執権北条泰時の指示によってまず後嵯

峨天皇が即位、やがて後深草天皇に譲位して院政をとり、ついで後嵯峨上皇の強い意向もあり、

後深草天皇の弟・亀山天皇を皇位につけました。文永5年(1268)、後嵯峨上皇は年長であ

る後深草上皇の皇子・煕仁親王を差し置いて亀山天皇の皇子・世仁親王を皇太子に指名しました。

さらに後嵯峨上皇は文永9年(1272)に院政の後継者の選定を幕府に委任して崩御、幕府執

権北条時宗は蒙古襲来対策準備の傍ら院政後継者選定に関与、後嵯峨上皇の中宮・大宮院(後深

草・亀山の母)と諮ってその回答もあり亀山天皇に決定し、天皇は世仁親王(後宇多天皇)に譲

位して院政を開始しました。決定に不満をもつ後深草上皇は幕府の調停で後宇多天皇のあとに後

深草天皇の息子・煕仁親王をたて、その時に院政を行わせるとの条件で同意します。このように

して皇統が亀山天皇の流れである大覚寺統、後深草天皇の流れである持明院統のふたつにわかれ

ることになりました。大覚寺統は八条院領という220ヶ所、持明院統は長講堂領という180

ヶ所の膨大な荘園をもっていて皇位継承だけでなく皇室荘園の相続もからんでいました。両統は

皇位継承を自らの統に一本化させるために幕府に働きかけます。弘安10年(1287)、持明

院統の公家であり、幕府の厚い信頼を持つ西園寺実兼の働きもあり、ついに後宇多天皇が譲位し

て伏見天皇(煕仁親王)が即位、後深草上皇は約30年かかってやっと院政をすることができま

した。さらに正応2年(1289)、西園寺実兼は幕府の許可を得て伏見天皇の皇子・胤仁親王

の立太子も成功させ、持明院統一本化を決定づけようとしましたが、大覚寺統の亀山上皇が不満

を示して出家し、さらには持明院統の重鎮・西園寺実兼が伏見天皇の信任を得た同統の京極為兼

との対立から統と疎遠となり、大覚寺統に寝返るという事件が発生しています。西園寺実兼は大

覚寺統公家となって幕府に働きかけ、胤仁親王(後伏見天皇・持明院統)の即位のとき後宇多上

皇の皇子・邦治親王(大覚寺統)を立太子させました。正安3年(1301)に邦治親王(後二

条天皇・大覚寺統)が即位すると、父・後宇多上皇に院政を開かせました。この後二条天皇の皇

太子として両統は新候補者を擁立してきます。両統のトップは両方とも当時は皇子がいなかった

ため、持明院統のトップ後伏見上皇は弟・富仁親王を、大覚寺統のトップ後二条天皇も弟・尊治

親王を擁立してきました。

 延慶元年(1308)、幕府は皇位取得抗争激化の様子を呈してきた朝廷に両統が交代に即位

する両統迭立の議を申し入れ、この対立を利用して朝廷操縦をはかりました。まず富仁親王が後

二条天皇の皇太子として立太子させ、徳治3年(1308)に富仁親王(花園天皇・持明院統)

が即位すると尊治親王を皇太子として立太子させました。しかし問題の複雑化にともない立場が

不利になり文保元年(1317)、皇位継承に幕府は干渉しないから両統の話し合いできめる文

保の御和談を申し入れます。しかし紛争解決の見通しがたたなかったので両統迭立案で幕府がま

とめ役になることになりました。それで翌年の2月即位したのが大覚寺統の後醍醐天皇でありま

す。

 このころに政界に登場したのが北畠親房であります。親房は永仁元年(1293)正月に北畠

師重の長男として生まれました。母は左少将隆重の娘であります。生まれた年の6月には従五位

下に叙され、翌年従五位上、同5年には正五位下、同6年従四位下、正安3年(1301)には

従四位上に進み兵部権大輔と官位があがっていきます。そして嘉元元年(1303)には左少将

から右中将になり正四位下、同3年権左少弁、徳治元年(1306)左少弁に任ぜられる。同2

年左少弁を辞し、弾正大弼となります。延慶元年(1308)11月従三位、同3年正三位とな

り参議となりました。応長元年(1311)弾正大弼を辞し、兼左中将・兼備前権守・左兵衛督・

使別当ついで権中納言に任ぜられました。正和元年(1312)正月従二位に進み、備前権守・

左兵衛督・使別当を辞し、そして同4年権中納言も辞します。翌年正二位に進み、文保2年(1

318)再び権中納言に就任しました。元応元年(1319)中納言、同2年10月淳和院別当、

元亨2年(1322)右衛門督・4月5日には検非違使庁別当となり、同3年には権大納言・奨

学院別当・按察使に任ぜられ、1月23日に検非違使庁別当を辞任します。そして正中2年(1

325)に後醍醐天皇の人材登用により、大納言に就任しました。元徳2年(1330)3月5

日には従一位となっています。少々前の元亨3年(1323)から後醍醐天皇より第2皇子世良

親王の養育を任され、親王を亀山天皇の皇女・昭慶門院喜子の猶子とし、正中元年(1324)

に喜子が死去すると和泉若松以下18ヶ所の領地を相続させています。しかし、世良親王が元徳

2年(1330)9月に死去、親房はこれに嘆いて38歳で出家して法名を宗玄とします。(の

ち覚空と改めます。)北畠家は大覚寺統と関係が深いということがいえます。親房の曽祖父・北

畠雅家は大覚寺統の隆盛を望んだ後嵯峨上皇とともに出家、祖父・北畠師親は亀山上皇とともに

出家、父・北畠師重は後宇多上皇とともに出家と、亀山・後宇多両上皇ともに大覚寺統の天皇で

す。当人の北畠親房も大覚寺統の後醍醐天皇の重臣となっています。

 そのころ幕府は後醍醐天皇の皇太子に後二条上皇の皇子・邦良親王(正安の後二条天皇即位の

後に生まれる)を立て、そのあとには持明院統の後伏見天皇の皇子・量仁親王がたつことに決定、

後醍醐天皇は自分の皇子を天皇にすることができなくなってしまいました。後醍醐天皇は自分の

皇子を天皇にするには幕府を打倒するしかないと考え、討幕計画をはじめるのであります。正中

元年(1324)の天皇の討幕計画は、近臣の日野資朝・日野俊基ら若手公家によってすすめら

れ、畿内の武士・比叡山と南都の僧兵を味方につけて9月23日の北野社祭礼の時に起こるであ

ろう喧嘩の鎮圧による六波羅探題の武士出動の隙を見て探題北方北条範貞を殺害し、宇治・勢多

を固めて挙兵するというものでした。しかし、日野資朝と多治見国長との挙兵密議をキャッチし

た土岐頼春の密告により露見し、日野資朝・日野俊基は捕らえられ、多治見国長・土岐頼有は六

波羅探題軍に攻められて自殺しました。日野資朝は佐渡に流され、俊基は証拠不十分のために許

されて京都に帰されました。天皇は万里小路宣房を関東に勅使として派遣し、無関係と主張させ

て難をのがれました。(正中の変)

 正中の変で幕府は後醍醐天皇の警戒を強化することになります。これを見た持明院統と大覚寺

統邦良親王一派は後醍醐天皇の退位を要求し、持明統側は量仁親王を、大覚寺統邦良親王一派は

邦良親王をそれぞれ擁立しました。しかし、正中3年(1326)3月20日に邦良親王が急死、

後醍醐天皇は大覚寺統総意として自分の皇子を擁立しようと考えますが、7月24日に幕府から

量仁親王を皇太子に立太子せよとの通告が出ます。後醍醐天皇はまたも自分の皇子が天皇にでき

なくなったことで再度討幕計画を計画します。天皇は皇子の護良親王・宗良親王をあいついで延

暦寺の座主におくりこみ、南都北嶺の僧徒の力を糾合し、文観・円観・仲円らとともに幕府調伏

の修法をおこなったりしました。しかし、元弘元年(1331)4月、武力討幕に反対する近臣

の吉田定房が幕府に密告します。幕府は長崎高貞・南条高直らを京都に派遣して5月5日に関係

者を捕らえます。6月には関東に送られ、そののち日野資朝は佐渡で、日野俊基は鎌倉で斬られ、

文観は硫黄島、仲円は越後、円観は奥州の結城宗広のもとにながされました。幕府は六波羅探題

に命じて天皇を捕らえようとしたが、8月24日に天皇は京都を逃げて山城の笠置山に潜行、畿

内の武士に協力を要請しました。25日に六波羅は万里小路宣房・洞院実世ら天皇派公家を逮捕

し、27日には延暦寺を攻撃、持明院統の後伏見上皇・花園上皇・量仁親王を六波羅北方に移し

ました。そのときに河内の武士の楠木正成がはせ参じ、赤坂城にこもって幕府軍に抵抗します。

幕府は9月20日に笠置攻めと並行して後醍醐天皇のかわりに持明院統の量仁親王(光厳天皇)

を即位させ、後伏見天皇に院政を行わせました。幕府は28日には笠置を落として後醍醐天皇・

宗良親王・尊良親王を捕らえ、湯浅宗藤を派遣して10月21日には赤坂城の楠木正成を倒しま

す。翌年3月後醍醐天皇は隠岐に、宗良親王を讃岐に、尊良親王を土佐に、恒良親王を但馬にそ

れぞれ流しました。そして天皇に加担した公家はことごとく幕府の糾弾にあい、北畠一族の北畠

具行は六波羅攻撃用の兵士挑発の責任者として6月19日に斬られ、その他の公家たちも官位を

剥奪されたり流罪にされたりしました。(元弘の変)

 このへんより幕府に不満を持つ武士、畿内の武士は活動を活発化させていきました。後醍醐天

皇の息子の護良親王は吉野で僧兵を結集して挙兵、楠木正成も河内の金剛山に千早城を築いて挙

兵して幕府軍と戦うようになりました。各地にも後醍醐天皇の皇子を奉じた挙兵や武士の単独挙

兵の動きがうつり、但馬で恒良親王を奉じて太田守延が、肥後で菊池武時が、伊予では土居通増・

得能通綱が、紀伊では竹原八郎らが、播磨では赤松則村が次々に挙兵していきました。後醍醐天

皇は正慶2年・元弘3年(1333)閏2月24日に隠岐を脱出して伯耆の名和長年に迎えられ

て船上山にこもります。幕府は討伐のために足利高(尊)氏を派遣しますが、尊氏は後醍醐天皇

の綸旨をひそかに受けていたために4月29日に丹波篠山で幕府に背き、恒良親王・赤松則村・

千種忠顕とともに6月7日には京都の六波羅探題を攻め滅ぼしています。京都を脱出した光厳天

皇・花園上皇・後伏見上皇と北条仲時・北条時益でしたが、光厳天皇は捕まって京都にもどされ、

時益は京都東山で、仲時は近江番場で五辻宮守良親王軍によって討たれています。関東では5月

8日に幕府の楠木正成の千早城攻撃軍に加わっていたが、仮病で上野に帰国していた新田義貞が

幕府徴税使を斬り捨てて幕府に背いて鎌倉へ攻め込み、5月15日に小手指原で幕府軍の金沢貞

将・桜田貞国を撃破したが分倍河原で北条泰家に敗れます。しかし、再度分倍河原・関戸河原の

戦いにおいて北条泰家を撃破、5月18日から義貞とそれに加わった足利義詮らによる鎌倉攻め

が開始され、22日には北条高時以下北条一門を東勝寺で自刃させて滅ぼしました。

 そのころ後醍醐天皇は伯耆を出発して途中で光厳天皇の廃位を宣言して入京しました。天皇は

親政を実現させ、摂政・関白を廃止、年号を建武とあらためました。しかし、武士の勢力を無視

できず、公家・寺社への論功行賞のあと武士層にも論功行賞を行い、鎌倉幕府の機構をとりいれ

て公武協調をはかりました。中央機構としては国政の重要事項を決定する記録所、所領問題処理

のための雑訴決断所、軍事・警察を担当する武者所・侍所、恩賞を担当する恩賞方、そして地方

には守護・国司を併設したり、陸奥には将軍府をおいて義良親王(のちの後村上天皇)をおいた

り、鎌倉にも将軍府を設置して成良親王をおき、そして征夷大将軍には護良親王を任命して武士

をおさえました。しかし、各役所の長官は政務に不慣れな公家であったために不正や不手際が頻

発、さらに所領安堵の方式が一つ一つ権利の有無を調査してから承認をあたえる個別安堵の原則

であったため、混乱が生じて撤回を余儀なくされました。このようなこともあり、武士層から失

望の声が大きくなっていきました。そして大内裏の造営計画のために日本初の紙幣を発行し、さ

らに地頭層から「二十分の一税」の徴収など、武士層への配慮を著しく欠いたものでありました。

 建武政権の成立により出家していた北畠親房は従一位准大臣となり再び出仕して、元弘3年(1

333)10月20日義良親王を奉じて長男の陸奥守北畠顕家と京都を出発して11月29日に

は陸奥・多賀国府に下向します。顕家はまだ16歳だったので親房が実際の指揮にあたったので

しょう。この顕家は文保2年(1318)に生まれます。元亨2年(1322)正月5日に従五

位上、同4年正五位下に進み、正中2年(1325)には侍従に任ぜられます。同3年従四位下

となり右少将、嘉暦2年(1327)兼武蔵介となり従四位上、同3年には正四位下となり少納

言・左少将・中宮権亮に任ぜられます。元徳2年(1330)4月権左中弁、10月左中弁、そ

して同3年(元弘元年(1331))1月13日には正四位上参議・左近衛中将、従三位に進み

ます。しかし、11月には参議・左近衛中将を辞任しますが、正慶元年・元弘2年(1332)

参議・左近衛中将に再び任ぜられます。翌年8月には正三位陸奥守を兼任し、義良親王を奉じて

父の親房とともに陸奥へ下向します。建武元年(1334)従二位となります。顕家は若くして

舞楽の才能にも秀でており、元弘元年(1331)3月5日の後醍醐天皇による花見の宴では、

天皇の笛に合わせて陵王の楽を舞っています。さらにそのあと二条道平から贈られた紅梅の上衣・

ニ藍の衣をまとって久我長通の太鼓に合わせて舞を披露しています。

 陸奥では、顕家の政務の補助役として建武元年(1334)に合議体制で政務を取り仕切る式

評定衆8名、訴訟審理担当官の引付21名を7名ずつ三番に分けて設置、さらに政所奉行・評定

奉行・寺社奉行・安堵奉行・侍所などの諸奉行所を設置して、ある意味小幕府的な政治機関構成

となっています。この重職には一族からは冷泉家房、公家からは藤原英房ら、旧幕府官吏からは

二階堂顕行・二階堂行朝・長井貞宗・伊賀貞長ら、地元有力武士からは結城宗広・結城親朝・伊

達行朝・南部師行らが起用され、諸勢力融合の上に陸奥国政が執られました。陸奥は元々旧鎌倉

幕府執権得宗家の領地が多くて旧幕府残党が多数流れており、反建武政権として建武政権側の顕

家といざこざがおこりはじめていました。顕家はこれらを糾合することにし、官位や地頭職など

の職を与え、諸郡検断などを行って掌握と統制につとめました。しかし、顕家につかない者もお

りました。津軽地方に勢力を持つ旧幕府御内人の曽我道性が陸奥に流れてきた北条一門の名越時

如と安達高景とともに顕家に抵抗します。しかし、顕家派の南部師行が建武元年(11334)

6月から攻撃を開始、11月には名越時如と安達高景が降伏して鎮圧しています。このようにし

て陸奥支配を安定させ、顕家はついに建武2年(1335)11月に鎮守府将軍に任命され、特

に「大」の字を賜って鎮守府大将軍と称しました。この顕家と親房の陸奥下向ですが、顕家の陸

奥守就任・下向は親房の本意ではなかったようです。文官執政官である北畠家が武官的役職に任

じられる家柄ではないとはじめ固辞していましたが、後醍醐天皇の公武兼任にて天皇家を守護せ

よとの説得に応じたために補任が決定し、下向も決定したようです。後醍醐天皇がこの建武新政

権樹立時の多忙な時勢に重要執政官である北畠親房を政務に参加させずに遠国に飛ばした理由に

ついては諸説がありますが、まずは足利尊氏ら関東武士を抑えるためといわれています。鎌倉幕

府を滅ぼした中心集団は関東武士団であり、この本拠地関東を京都・陸奥ではさめば武士が反乱

しても鎮圧が可能と判断したためでしょうか。そうすれば対面側の陸奥には天皇の絶対の信頼を

持つ人物が必要でしょう。そこで北畠氏に白羽の矢が立ったと考えられます。次には北畠親房と

天皇の確執です。正中・元弘の変と天皇は若手公家と語らっており、老朽公家の新政権からの淘

汰にともなう下向命令とも考えられます。

 後醍醐天皇の親政が実現した建武政権も2年ほどであえなく崩れ去りました。おおかたの理由

は公武両方の政権に対する期待の食い違いでした。後醍醐天皇自身は天皇による親政を考えてい

ましたが、公家側は藤原時代のような貴族政治の再開だと思い武士側にいたっては北条氏にかわ

って新しい武家政権ができるものだと思っていたのでした。これによって天皇・公家・武士の間

で内部抗争がはじまるのでした。

 征夷大将軍の護良親王は父である後醍醐天皇と対立する足利尊氏の暗殺を計画します。しかし、

事前に発覚し、謀反の疑いをかけられて建武元年(1334)10月に清涼殿の和歌会中に結城

親光・名和長年らによって捕らえられ馬場殿・常盤井殿に拘禁され、のちに足利直義に送られ、

鎌倉東光寺に幽閉されました。足利尊氏は最大の対抗者のひとり護良親王をたおしたあと、これ

も最大の対抗者のひとり新田義貞との対立が表面化します。そのとき旧幕府の北条高時の遺児・

北条時行が建武2年7月に信濃で諏訪頼重らと挙兵して信濃守護小笠原貞宗や鎌倉の足利直義を

倒して鎌倉を襲撃、敗れた足利直義は幽閉中の護良親王を淵辺義博に命じて殺害させ、前年に足

利直義によって鎌倉に奉じてられている成良親王と三河へ逃れます。足利尊氏は北条時行討伐の

ために8月に京を出発、そのとき征夷大将軍への就任を要請しますが、成良親王がこれになって

しまい、尊氏は征東将軍を自称しました。三河矢矧で直義と合流した尊氏は時行の軍を討って鎌

倉を奪回します。諏訪頼重は戦死し、時行はからくも脱出しました。これを中先代の乱といいま

す。陸奥でも時行に同調したものが出現、顕家は伊達・南部氏らに出兵を命じて鎮圧、結城一族

で時行に同調した結城盛広も倒して領地を没収して結城宗広に預けています。

 尊氏はそのまま鎌倉にとどまり後醍醐天皇の帰京命令にも応じずに独断で功績のあった武士に

恩賞を与え、京都建武政権への離反を明確にしていきました。尊氏はさらに陸奥に政務にも干渉

するために奥州管領を設置しています。10月には後醍醐天皇は中院具光を鎌倉に派遣して恩賞

は京都で綸旨をもって決めるべきことと、尊氏の帰京を命じます。しかし尊氏はこれにも応じず、

11月2日には直義が新田義貞誅伐のために諸国武士に出陣を命じます。18日には尊氏が新田

義貞の追討を天皇に奏請しますが、新田義貞も尊氏追討を奏請します。朝廷は尊氏追討を決定し、

義貞は尊氏を討つために11月、尊良親王を奉じて鎌倉に下向していきました。尊氏は直義に義

貞を迎え討たせますがやぶれ、今度は尊氏自ら12月8日に出陣して箱根竹の下で新田軍をやぶ

ります。翌年1月には復活した直義軍が勢多にて名和長年を破り、尊氏が7日に宇治で楠木正成、

8日に八幡で新田義貞とあいついで破ります。10日には尊氏の命令により讃岐に派遣されてい

た細川定禅が中国・四国の軍団を率いて山崎の戦いで脇屋義助を破って入京、尊氏は11日に入

京しました。後醍醐天皇は近江坂本に逃れ、延暦寺に入っています。尊氏討伐の綸旨を受けた北

畠顕家は12月22日に陸奥を出発して鎌倉を経由して京都へ進軍、翌年の建武3年・延元元年

(1336)1月12日に近江愛智川で佐々木氏頼・大館幸氏を破り、翌日に不破の関を越えて

14日に近江坂本に到着します。16日には園城寺・粟田口・四宮河原で新田義貞とともに尊氏

を攻めて破り、杉原国経を戦死させ、尊氏を丹波へ敗走させます。こうして天皇方の巻き返しが

はじまり、尊氏は27日から29日の戦いで上杉憲房を失い、2月2日に摂津へ逃亡、10日に

は摂津打出浜において楠木正成に敗れ、さらに11日に豊島河原にて顕家・新田義貞連合軍に敗

れてついに九州へ退去します。しかし尊氏は九州豪族である少弐頼尚・島津貞久・大友氏泰らを

味方に引き入れて、少弐・大友らと対立する九州南朝方の菊池武敏・阿蘇惟直らを多々良浜の戦

いで大破し、たった2ヵ月ほどで九州を平定、4月には上洛の途につきました。

 尊氏九州落去のとき、顕家は3月に権中納言に任ぜられ、陸奥太守の義良親王を奉じたために

陸奥大介に任じられ、父・親房を伴わず、義良親王と陸奥へ帰っています。途中相模片瀬川で奥

州管領斯波家長を破り、4月24日には宇都宮で傘下に入った相馬胤平に官位を推挙、5月ころ

には陸奥へ入り、24日に相馬光胤の小高城を陥落させ、6月には多賀城にはいっています。そ

の時の6月19日に結城宗広に白河庄を与えています。そして常陸・下野を奥州府管轄国とし、

拠点を多賀城から霊山城に移し、義良親王・結城宗広らとともに移動しています。しかし、陸奥

は京都から遠すぎ、情報も半ばインチキなものや遅すぎるものばかり届いており、京都情報の把

握力は小さいものだったと考えられます。極めつけなインチキ情報は、7月に京都で尊氏・直義

が戦死したというふざけたものでした。顕家は陸奥在国中、足利に味方する者の討伐や、反政権

側の者たちの追捕に力を入れ、8月5日には石川松山城を攻略、22日には二階堂五郎を中心と

した佐竹・石川の反乱軍を鎮圧しています。後述のことになりますが、第二回の入京要請が12

月に来ますが、そのとき顕家は地元反乱の退治が難航し、即座に上洛のための出兵が出来ない状

態でした。建武4年・延元2年(1337)1月に相馬光胤の一族を倒し、7月14日には常陸

の佐竹義篤を倒して、やっと入京のための出兵ができるようになりました。この時の陸奥経営と

しては文書発給を多数しています。顕家は用途に応じて形式を変更し、所領宛行には国司下文を

使用、係争地の渡付には国宣を使用、政務諸事には御教書を使用、官途推挙権には鎮守府大将軍

御教書を使用しました。

 建武政権側は楠木正成の和平案及び尊氏軍迎撃で兵庫にいる新田義貞を召還し、尊氏をわざと

入京させて正成・義貞を中心とする畿内勢力でもって京都包囲して尊氏を討つ戦略案を退けて尊

氏と兵庫迎撃全面対決に決し、和平及び戦略を受け入れてもらえなかった正成は桜井駅で子・正

行と別れて足利尊氏と建武3年・延元元年(1336)5月に摂津湊川で戦い、弟・正季ととも

に戦死していまます。湊川後方の和田岬にいた新田義貞も尊氏により破られて京都に脱出します。

このとき楠木正季は兄・正成に死に臨んで「七生報国」の誓いを述べています。尊氏は6月には

近江西坂本で千種忠顕を、三条猪熊で名和長年を戦死させて14日には京都にはいってしまいま

した。そして8月15日には光厳上皇の皇子・光明天皇の即位を断行、10月10日には後醍醐

天皇も両統迭立を条件に和睦し、尊氏の攻撃に逃げていた比叡山を降りて花山院に入り、11月

2日に光明天皇に神器授与の儀を行いました。尊氏は6日に建武式目を制定して諸機関を整備し

て幕府設立の準備を行い、後醍醐天皇の皇子・成良親王を皇太子に立てました。その後12月2

1日、後醍醐天皇は突如神器をもって大和吉野に脱出します。後醍醐天皇吉野脱出の理由は尊氏

との重祚約束の反故への怒りと、大江景繁・北畠顕信(顕家の弟)による各地の反尊氏勢力の挙

兵が近いので、吉野潜幸して機会を待とうという密奏への反応でした。天皇は楠木一族に守護さ

れて吉野の吉水院に入ります。そして25日には一時陸奥へ帰っていた北畠顕家を兼右衛門督・

使別当・権中納言とし入京を要請します。ここに南北朝の対立がはじまりました。

 顕家が陸奥へ帰ったころ北畠親房は次男の北畠顕信・三男の北畠顕能とともに伊勢の玉丸城に

こもり、皇大神宮神官度会家行の支援を受け南朝の拠点構築に努力していました。親房父子の伊

勢を拠点としての選択の理由はたくさん論及されていますが、神道と経済の二つが大きなものと

なるでしょう。伊勢は天皇家の祖神をまつる日本神道の大聖地伊勢神宮があり、自らも神道家で

ある親房にとって南朝方に精神面でのささえとなるであろうと考えたからでしょう。そして天皇

家の祖神を奉じることによって南朝正統を論じようと考えていたのかもしれません。つぎに経済

ですが、伊勢はなかなかの農産適地で、収穫米も一級とされていました。さらに大型港湾漁場に

よる漁獲量の確保もあります。そして伊勢神宮への参宮道路などの陸上交通と大湊・鳥羽湊など

の海上交通の要地であり、両方が交差する地帯でもあるため、人口の増大による商業発展が大幅

にみこまれ、金銭収入の安定確保が可能になります。このような環境から親房は伊勢を拠点にえ

らんだのであろうと考えられます。親房は伊勢の豪族・国人である加藤定有・木本盛房・潮田幹

景・大杉一族・鹿海興時、志摩の古和一族らを南朝軍として召集、支援を受けている皇大神宮神

官度会家行を筆頭に豊受大神宮神官桧垣常昌、光明寺の僧・恵観ら宗教関係者も南朝側に属させ

ています。建武4年・延元2年(1337)4月1日、北朝足利方は軍勢を伊勢に向けてきます。

北畠顕信・顕能は松阪東黒部浜で北朝足利軍の田島貞国・太田藤四郎らと戦闘し、翌日には大口

浜・法田・立利縄手にまで戦闘区域が広がり、堀河具信・加藤定有らも北畠軍に動員されて小競

合い的な長期戦となっていきました。7月には親房は大中臣(棚橋)隆経・加藤定有に命じて、

攻撃してきた北朝足利軍の伊勢守護畠山高国を法楽寺・岩出・井尻口となどで戦わせています。

このときに大中臣隆経は戦死してしまっています。このあと北畠顕信は兄・顕家陸奥出向の報告

を得て翌年3月に京都付近で顕家と合流しています。

 建武4年・延元2年(1337)8月11日、北畠顕家は義良親王を奉じて霊山城を出向し、

奥州産馬で編成した騎馬隊を主力に結城宗広を侍大将とし南部師行・伊達行朝らと9月19日に

白河の関を越え、11月6日に小山朝郷の小山城を陥落させ、12月13日に下野利根川で足利

尊氏の子・足利義詮と斯波家長を大破し、16日には武蔵安保原でも足利軍を破って、23日に

鎌倉に入り、25日には杉本観音寺城を陥落させるなど各所で戦闘を繰り返し、そのあと鎌倉に

もどり休息し、年を越します。そして翌年の暦応元年・延元3年(1338)正月2日に鎌倉を

出発、28日に尾張に着陣して堀口貞光らを傘下に収め、美濃では宗良親王・北条時行と合流し、

美濃志賀の渡・美濃足近川・墨俣川と進撃、26日には美濃青野原で高 師冬・土岐頼遠軍と対

峙します。足利軍は顕家軍を青野原部隊と顕家を追ってきた後方関東足利軍の桃井直常・今川範

国らとの挟み撃ちにしようと計画します。顕家は新田義貞と合流して足利軍を討って入京する予

定でしたが、新田軍が来なかったので、孤立しますが、奮闘の末に足利軍をやぶっています。し

かし後方の黒地川に陣する高 師泰を討つことが困難なために、予定の「そのまま入京」をやめ

て南下し、新田義貞とは合流せずに、30日伊勢路から伊勢に入り、雲出川を越え、2月16日

に追尾してきた石河兼光を伊勢雲出川・櫛田川に破って、伊賀を経由して大和に入りました。顕

家軍迂回の理由は上記の師泰軍攻略不可の理由だけでなく、新田義貞との合流共同合戦によって

義貞に功績が移るのを嫌ったためともいわれています。2月21日には奈良に入り、28日ころ

までには奈良坂・東大寺・般若坂・三条畷の各戦いで高 師直・桃井直常らと戦うが大敗してし

まいます。3月には伊勢から合流した顕家の弟・顕信が冷泉持家・家房・春日顕国とともに残兵

を率いて男山八幡に陣します。この各戦いでやぶれた顕家は河内に、義良親王は吉野へと逃れま

した。しかし、顕家は3月8日に摂津天王寺において細川顕氏軍をやぶります。だが細川軍に来

援した高 師直軍と5月3日から16日にかけて和泉堺・石津浜において戦うが顕家軍の南部師

行らが戦死して敗退し、吉野へ退却しようとしたところ阿倍野で越生四郎左衛門尉と武藤政清と

いう者に討たれて戦死しました。5月22日、21歳でありました。のちに従一位と右大臣を贈

られています。男山八幡に陣した顕信は北陸からの脇屋義助の援軍を待って抵抗しますが、援軍

来襲の報告を得た高 師直・師泰らは7月5日に男山八幡を攻撃、冷泉持家・家房を戦死させ、

11日には陥落させています。顕信・春日顕国はその後、河内を経由して伊勢に戻っています。

 顕家は戦死する一週間前の5月15日、後醍醐天皇に行政改革に関する七か条の上奏文を提出

しています。この七か条とは「顕家上奏文」と呼ばれ、建武政権の政治の欠陥を指摘した諫言の

文章であります。この内容としては第一に地方行政の整備・地方拠点の構築、第二に諸国租税の

免除による民の休養・倹約の行使、第三に官職の登用を慎重にする、第四に公家・僧侶への恩賞

の慎重対応、第五に臨時行幸・宴遊の暫時中止、第六に法を厳格にすること、第七に政治に無益・

国政に弊害を与える者の排除などとあり、天皇がこの諫言に従わなければ天下泰平は不可能と説

いています。まだ21歳の若者に建武政権の欠陥を指摘されるということは、すでに建武政権は

腐敗政治が横行していたと考えられます。第一の項目では南朝方が公武の差別視によって地方武

士に見放され、南朝地方拠点が地方武士によって落とされているので、地方武士の信頼を取り戻

すことで南朝地方拠点を確保することを念頭においたものと考えられます。第二の項目では相当

南朝方が民衆を酷使していたということが考えられます。諸国租税の免除による民の休養を促す

ということは、高額納税を義務づけていたために一揆発生が間近に迫っていたのでしょう。民衆

の支持を失えば、租税収入はおろか兵士の挑発も不可能になり、根底から南朝が崩壊することを

憂慮したと考えられます。さらに倹約もすすめていますので、財政的にも建武政権は宴会等によ

る奢多が多く、逼迫していたと考えられます。第三の項目は親房の「職原抄」と似たようなこと

であろうと考えられますが、建武政権が官位・官職を乱発していたことがうかがわれます。第四

の項目は戦闘の渦中に出て行く武士たちに恩賞が少なく、公家・僧侶たちが何の功績も無いのに

多額の恩賞が与えられることに、難色を示したものと考えられます。第五の項目は倹約と同義に

なりますが、建武政権は公家が多いために歌会や宴会が多く開かれ、無意味な行幸も行われてい

るためにその無駄金を使用するのを止めたほうがいいとの示唆でありましょう。第六の項目は読

んでもわかりますように当時かなり無法が横行していたのではないでしょうか。火付強盗などか

ら殺害事件にいたるまで乱発しており、これを北朝との戦争の理由によりほったらかしにされて

いるのをみておけなかったのではなかったのではないでしょうか。さらに朝令暮改の禁止の概念

も含まれており、これによる政治の混乱をも憂慮していると考えられます。第七の項目では建武

政権の為政者たちに無能の人物が多かったと考えられます。無能の者が政治を行って政権に害を

与えるようなことでは、政権の未来は暗雲として高貴出身でも速やかに排除して、低い身分の人

たちでも有能であればどしどし登用して政権政治を刷新すべきであろうということでしょう。顕

家は地方政治の経験から、中央政治にも地方政治と同様、地元武士の掌握や民衆の人心掌握等は

国政運営上重要であるということを教えたかったのではないかと考えられます。

 そのころ新田義貞は恒良親王と尊良親王を奉じ、洞院実世とともに越前気比社大宮司気比氏治

の援助で越前金崎城におりましたが、建武4年・延元2年(1337)3月に斯波高経・仁木頼

章・今川頼貞・高 師泰の攻撃により落城、尊良親王・新田義顕・気比氏治は自刃、恒良親王は

捕まり、新田義貞は杣山城に退去し再挙をはかることにしました。新田義貞は平泉寺の衆徒の援

助で勢力を挽回、暦応元年・延元3年(1338)には斯波高経の越前国府城にせまる勢いでし

たが、閏7月2日、斯波高経の援軍としてやってきた細川孝基と藤島で戦い、戦死しました。恒

良親王は捕まったあと京都に送られ花山院に幽閉されたあと、4月30日に毒殺されました。洞

院実世は吉野までのがれています。

 北畠顕家・新田義貞・楠木正成の戦死によって足利尊氏は征夷大将軍となり、南朝方の軍事力

が急激に劣勢になりました。北畠親房は軍事力再建のため義良親王・宗良親王を奉じて北畠顕信・

結城宗広と伊勢からの出帆を計画し、伊勢の地は子の伊勢国司北畠顕能に任せます。伊勢国司と

なった北畠親房の三男北畠顕能は確実な生年は不詳ですが、元亨元年(1321)ころに生まれ

たらしいです。顕能は中院貞平の子で親房の養子に入ったともされています。暦応元年・延元3

年(1338)8月17日に出帆した親房一行でしたが途中で暴風雨に遭遇し、親房は目的地の

常陸東条浦に上陸しますが、宗良親王は遠江白羽浜に漂着し、義良親王と顕信・宗広は伊勢吹上

浜へ逆戻りし、宗広は伊勢で病死しています。そして親房の出帆翌年の暦応2年・延元4年(1

339)には後醍醐天皇が崩御しています。常陸霞ヶ浦に上陸した親房はまず神宮寺城にはいり

ますが、北朝足利軍烟田時幹の攻撃により退去して筑波山南の小田治久の小田城に入城し、親房

の弟・冷泉持房の子・春日顕国(のちに顕時と改名)を迎えて東国経営の拠点とするのでありま

す。暦応3年・興国元年(1340)には伊勢に逆戻りしていた北畠顕信が常陸に下向を開始し、

多賀城をめざしますが北朝足利方の石塔義房に阻まれ、やむなく宇津峰城に入って親房と合流し

ます。そしてその地方の有力武将で結城宗広の子・結城親朝を頼みとし、数度にわたって軍勢の

催促と宗広の遺志を継ぐことを要請しましたが、効果はありませんでした。そして小田城在城中

には有名な「神皇正統記」の草稿が完成していました。3月29日には北朝方の結城直朝を大将

に佐竹・相馬氏が小田城を攻撃してきますが、撃退しています。下向してきた顕信は従三位・近

衛中将・陸奥介・鎮守府将軍となり陸奥に赴任して5月19日に白河城に在城、下総駒ヶ城・八

丁目城・鷲宮城・垣本城・善光寺城を攻撃して高 師冬を追い払い、東国経営にのりだします。

この顕信の生年は不明であります。これまでは兄の顕家に従って戦っていました。足利尊氏は東

国を攻めるために高 師冬を再度派遣し小田城を圧迫していきました。親房は結城親朝をはじめ

東国武士に援軍をもとめたが、所領や官位の昇進をもとめるだけなので「職原抄」を著して古来

の慣習を無視して、高い官位を要求する動きを牽制しようとしました。しかし、結城親朝ら一部

有力武士には要求通り高い官位・官職を与えて出兵要請しておきながら、小規模地元武士たちに

は官位要求牽制を行ったので小規模地元武士たちは南朝方を「ケチ・差別している」と見え、北

朝足利方に傾斜していったようです。暦応4年・興国2年(1341)の夏に興良親王(護良親

王の皇子)を小田城に迎えますが、10月になると高 師冬の攻撃が強まり、小田城主小田治久

の北朝軍への内通もあり、親房と興良親王は小田城を退去して西北の関 宗祐の関城にはいり、

春日顕国は大宝城に入ります。そして親房は関城を新拠点に変更し、大宝城の下妻政泰・春日顕

国と連絡をとりつつ抗戦しました。しかし康永2年・興国4年(1343)6月10日から北朝

軍に通じ始めている結城親朝が8月19日には完全に北朝軍に加担し、11月12・13日には

関・大宝の両城が陥落して関 宗祐・下妻政泰は戦死し、親房と興良親王は海路脱出して翌年の

正月ごろには吉野に帰りました。親房とともにいた春日顕国は常陸に逃れ翌年3月7日に常陸の

兵をつれて大宝城を奪回しますが、翌日にはまた奪われて捕まり斬られました。7月13日には

南朝方の堀河具信・葉室光世が拠る出羽藤島城も北朝軍に陥落させられ、北畠顕信の霊山城周辺

以外の陸奥・出羽南朝勢力は大幅に減退しました。親房が70通以上も文書を発し、要求するも

のを与えつづけて出兵を要請した結城親朝はついに南朝の味方とはなりませんでした。ここに親

房の東国経営は失敗に終わったのであります。陸奥の顕信は親房の吉野帰還後、南部・相馬諸氏

に所領安堵や官位の推挙をおこなって糾合し、霊山城・宇津峰城を拠点として奮戦します。

 伊勢国司の顕能は暦応元年・延元3年(1338)閏7月2日従四位下伊勢守になり、右近衛

少将と累進します。親房が東国へ出帆したあとの暦応2年・延元4年4月に高 師秋の伊勢侵攻

に対抗します。北伊勢の小串次郎左衛門・玉井刑部丞らは師秋の要請に応じて師秋軍は大軍とな

り、多芸付近の波多横山に着陣します。顕能も大宮尾張守・大宮兵部少輔・稲生常陸介を大将と

して長野・野呂・高柳ら国人衆も引き連れて師秋軍とにらみ合います。大宮尾張守の次男・大宮

範氏や神山城主の潮田幹景・南島吉津の加藤定有や伴 兼隆・鹿海興時らの奮戦により師秋軍は

北郡へ撤退、大宮尾張守らはこれを追撃し、ついに師秋は美濃の土岐頼遠のもとへ退却しました。

その後、師秋と土岐頼遠は美濃根尾城の脇屋義助(新田義貞の弟)を攻撃、脇屋義助は暦応4年・

興国2年1月に顕能に援軍を要請します。顕能は大宮尾張守に2000余の兵を持たせて美濃へ

援軍に行かせます。土岐・師秋連合軍は根尾城攻撃を中止して援軍攻撃のために美濃・伊勢国境

へ進軍しますが、1月26日の戦いで伊勢援軍に敗れてしまいます。しかし、兵糧が底を尽いて

将兵も負傷者が多かった根尾城は2月4日に落城、脇屋義助は伊勢援軍とともに多芸御所に引き

揚げました。8月ころから北朝足利軍の諸将との戦いが始まります。8月14日には佐々木道誉

とたたかい、9月になると出羽経氏と戦い、そして足利直義が直々に佐々木道誉に伊勢攻撃を命

じます。道誉は一族の佐々木四郎兵衛らを伊勢に攻め込ませています。翌年1月14日には高 

師秋が佐々木道誉・仁木一族と1万の兵で伊勢に侵攻してきます。顕能軍の加藤定有らが防戦に

奮戦、しかし師秋の工作により国人の長野藤房が師秋に味方、8月には顕能は大宮尾張守・阿曽

豊前守・加藤定有ら2000の兵で長野城を囲みますが、師秋の援軍により敗れて撤退、師秋軍

は勢いに乗じて桑名郡・員弁郡・鈴鹿郡・安濃郡を占領、さらに顕能は28日に師秋によって居

城玉丸城を陥落させられ、霧山城に移ってここを拠点に変更して奮戦しました。

 吉野に帰った親房は准三后となり後村上天皇を補佐、南朝方の指導者として活躍します。親房

が吉野帰還したころ、顕能は師秋についた長野藤房の討伐に動き出します。顕能の意をうけた長

野一族の佐野孫三郎入道は国司御教書をもって雲林院出羽守・細野掃部介らに長野の領地をあた

えるとの約束で裏切りを促します。貞和2年・興国7年(1346)3月、顕能は大宮尾張守・

阿曽豊前守を大将に3000の兵で長野城に出陣します。この出陣を合図に雲林院・細野が50

0の兵でこれに参加、3月10日に長野城を取り囲みます。長野軍は師秋に援軍を求め、700

の兵で籠城しますが、長野軍の矢部実俊が長野を裏切って木戸口を開放、雲林院・細野を引き入

れて長野城が陥落、長野藤房以下180人余が自害しました。雲林院・細野は恩賞として長野領

地を与えられ、雲林院は長野城城主となり、長野藤房の嫡男・豊藤は脱出して京都の仁木頼章を

頼ります。長野軍が壊滅して安濃郡が奪取されたの報告を受けた師秋は9月にも長野城に向かっ

て出陣、しかし雲林院の奮戦により師秋は苦戦、さらに顕能より阿曽・細野の2000の援軍が

米野山に着陣したことで長期戦に突入することになりました。翌年1月30日、阿曽・細野連合

援軍が師秋軍に夜襲を敢行、師秋の軍勢は大破して退却を余儀なくされました。貞和3年・正平

2年(1347)春には顕能は北朝方である志摩国泊浦を大宮尾張守に1000余の兵を持たせ

て攻撃させます。この攻撃で九鬼一族・鳥羽一族らが降伏、南朝方に属させています。翌年1月

6日には度会家行の家臣である渋谷弾正が志摩国泊浦の足利方守護代を攻撃しています。この年、

またも高 師秋が長野城へ攻め込んできます。雲林院はこれに屈することなく戦い、顕能自ら6

000の兵を援軍として長野城へ向かって出陣したために師秋は退却しています。

 貞和4年・正平3年(1348)1月5日に南朝方の武将の中心となっていた楠木正成の子・

楠木正行が四条畷で高 師直を中心とする県 下野守・武田信武・佐々木道誉・細川清氏・仁木

頼章の大軍に多大な損害を与えたが力及ばずに弟の楠木正時とともに戦死してしまいました。こ

れにより高 師直軍は1月28日に吉野へ侵攻し行宮を焼き払ったため、親房は後村上天皇と賀

名生に遷幸することになりました。顕能は親房より早馬にて事件を知らされ、大宮範氏・春日高

貞ら500の兵で吉野へ急行しますが間に合わず、師直軍の兵糧・武器を焼き払っただけでした。

師直は後村上天皇を捕らえようとしますが、顕能の来援と兵糧等の焼失により断念して退却して

います。師直帰京途中の2月8日には平田庄で四条隆資率いる四条畷の生き残りの武士団によっ

て襲撃され、佐々木道誉が負傷し、道誉の子・秀宗が戦死しています。顕能は焼失した行宮再建

のために十津川と伊勢から材木と建設作業員を送り、この功績で従三位になっています。

 このころになると足利家で内紛がおきはじめます。足利家の執事である高 師直と尊氏の弟・

直義の対立が表面化し、貞和5年・正平4年(1349)8月にはついに武力衝突に発展、赤松

則村を味方につけて長門探題足利直冬の上洛を阻止することに成功した師直は足利直義討伐を計

画、直義は兄・尊氏の屋敷に逃れ、師直は軍勢をもって屋敷を囲んで尊氏に直義引渡しを要求し

ます。尊氏はこの対立を抑えるために直義家臣で師直討伐の急進派である上杉重能・畠山直宗の

流罪と直義の出家・政務交代を約束させて師直に兵を引かせました。師直は9月10日に直義の

復活を画策した足利直冬の討伐を中国地方の武士たちに命じ、10月になると師直は直義に尊氏

の子・義詮に政務を強制的に譲らせ、12月8日には直義を出家させ、21日には配流中の上杉

重能・畠山直宗を殺害、一時的に師直が勝利をおさめました。しかし翌年10月16日に出家を

拒む直冬が九州挙兵をして、この機会に直義党が蜂起、尊氏は師直とともに討伐に出陣します。

そして26日には直義が南都に脱出して12月9日には直義が南朝方に降伏、13日には南朝方

や親房もこれを認めます。そして観応2年・正平6年(1351)1月7日には直義党の巻き返

しがはじまります。南朝方の援護を得て桃井直常や上杉朝定・上杉朝房・今川範国らと四国・山

陰の直義党が上洛して宇治八幡に着陣、足利義詮を京都から追い出して占拠します。2月17日

には摂津打出浜の戦いにて直義党が尊氏軍を破って、20日には師直・師泰の出家を条件に尊氏

は直義との和睦を決します。2月26日に高 師直・師泰兄弟ら高一族が摂津武庫川辺で直義方

の上杉能憲に討たれます。そして直義は一時的に政務に復帰しますが、義詮と合わずに政務を辞

退して8月1日に京都を脱出して北陸ににげ、佐々木道誉ら尊氏から離反して領国へ帰国する者

が続出します。さらに赤松則祐が南朝方に降って興良親王(護良親王の子・赤松宮とも)を奉じ

て白旗城に拠るという事件(すぐに尊氏に帰順)も発生します。このとき一時的に南北朝和睦の

話が北朝足利直義主導のもと楠木正儀を通じて水面下でおこなわれ、南朝公家衆の支持を得ます

が、親房が和睦に反対したために和睦の話は流れています。足利尊氏は直義討伐の後方安全確保

のために南朝方と和睦します。しかし、以前に和睦に反対した親房は尊氏の和睦を「元弘一統の

初め」にかえることを条件にうけいれて認めます。この認めた背景には北朝主導の和睦より南朝

主導の和睦を狙ったためと言われています。その後、南朝方は直義追討の命を発布しました。1

1月には尊氏は義詮を京都において関東へ下向します。

 観応の擾乱たけなわの観応元年・正平5年(1350)9月、尊氏は伊勢の北畠顕能の攻撃を

高 師秋に命じました。師秋は1万の兵にて長野城を攻撃、断水の計にて包囲します。この攻撃

の報告を聞いた顕能は自ら大宮尾張守・阿曽豊前守・愛洲伊賀守・矢野遠江守・九鬼右馬允ら7

000の兵で出陣します。師秋は顕能援軍を最初に潰そうと落城前の長野城攻撃を中止して草生

と久保の中間地点に着陣、激突に準備します。しかし深夜に大宮尾張守率いる夜襲軍に大敗を喫

して師秋は命からがら北伊勢矢田城に退却します。顕能はこれを追撃して矢田城を包囲、敗戦必

至となった師秋軍では小串・伊藤・小野山・玉井等の師秋方国人が一斉に顕能軍に寝返り、翌年

の1月9日には矢田城が落城、師秋は近臣とともに近江へ脱走を計画、途中で野武士等に襲われ

ながらも草刈りの人夫に変装して鈴鹿峠まで逃げ切ります。しかし、顕能家臣・松坂九郎に発見

されて捕らえられ、多芸城へ連行されて殺害されました。

 尊氏が下向したあと親房は子である伊勢の右近衛大将北畠顕能を京都入京の先陣とし、中院具

忠を京都に送り、そして文和元年・正平7年(1352)閏2月、顕能は伊勢・伊賀の兵300

0人を率い、19日に後村上天皇を住吉から石清水八幡宮に迎え、田中法印定清の坊を仮皇居と

しました。そして顕能は24日にも楠木正儀・千種顕経・和田正忠らとともに京都に進軍、足利

義詮・細川顕氏・細川頼春らを七条大宮・七条油小路付近で攻め、近江へ敗走させました。顕能

家臣の春日部高貞は伊賀路から信楽を越えて近江に侵入して敗走してきた義詮を攻撃、義詮は船

で近江四十九院へ入ります。顕能は26日にも3000の兵で四十九院を包囲、義詮は一戦も交

えずに摺針嶺を経由して美濃まで敗走しました。北朝足利軍が退却したあと顕能は親房に命じら

れて堀川具明ら500の兵とともに光厳上皇・光明上皇・崇光天皇・皇太弟直仁親王ら北朝皇族

を男山八幡に移して廃し、北朝方公家の更迭を断行し、宗良親王を征夷大将軍に任じて京都を占

拠しました。そして北朝皇族を八幡から楠木氏の城である東条城へと移し、さらに三条実春ら数

人の廷臣をつけて吉野の賀名生へと連れていきました。ここに一時的に北朝は廃止となりました。

 少し前の文和元年・正平7年(1352)正月に尊氏は鎌倉に入り直義と和睦しますが、2月

26日に直義は延福寺で尊氏に毒殺されて観応の擾乱といわれた足利家の内紛は一時終息します。

尊氏は次に関東を平定しなければならないので京都にはすぐには帰れませんでした。関東の笛吹

峠・小手指原の戦いで勝利して新田義宗・北条時行らをやっと平定して鎌倉に戻ったのは3月1

2日、京都を追われた義詮も佐々木道誉の援護を得て勢いを回復していきます。足利方は顕能の

留守に乗じて伊勢本国の攻撃を計画、4月にも仁木義長を伊勢守護に任命して長野藤房の子・長

野豊房を案内人に北伊勢に侵攻、国人の小串次郎三郎左衛門がこれに呼応して長野城を包囲しま

す。本国伊勢の留守居役である大宮尾張守は1000の兵で長野城救援に向かいますが、城主雲

林院出羽守が顕能とともに京都に行っているので長野城留守居には一族の者が就任していました。

しかし、この雲林院出羽守の一族が京都に侵入した義詮軍が顕能軍を圧倒している情勢を見て仁

木義長に内通、長野城は仁木軍に奪われて援軍の大宮尾張守はやむなく多芸城に退却しています。

後述の男山陥落と同日の5月11日には仁木軍が多芸城まで侵攻してきますが、大宮尾張守らの

奮戦により撃退し、翌日には顕能の帰還を迎えています。

 日付は戻り、2月11日には義詮は近江を出発して京都に侵入、顕能は楠木正儀・和田正忠ら

と防戦しますが苦戦し、男山八幡へ撤退します。義詮は15日には京都の中央部を奪還し、「正

平の一統」とよばれた南朝の京都占領は終了しました。顕能ら南朝方軍首脳部は楠木正儀らに河

内より援軍を呼び込むように命じ、約50日間男山にて抗戦しますが、東国の児島高徳の挙兵も

間に合わず、さらに兵糧が尽き、和田正忠が陣没、四条隆資が戦死するなどにより状況が悪化、

さらに熊野湯川庄司ら200人が義詮に降伏、5月11日ついに男山が陥落して親房・後村上天

皇ら南朝方は北朝方皇族を連れて再び大和を経由して賀名生へ逃れ、顕能は伊勢・伊賀方面へ退

去しました。尊氏は北朝方皇族と三種の神器の南方連れ去りによって継嗣皇族の擁立に困りまし

たが、佐々木道誉の献策によって男山八幡南朝天皇御座所から接収した空の唐櫃を神器とし、後

伏見天皇の皇后である広義門院に院政を開かせて、その院宣をもって妙法院入室予定の弥仁王(崇

光天皇の弟)を擁立して、8月17日には後光厳天皇として即位させ、10月4日には土岐頼康・

細川元氏を伊勢に派遣して伊勢阿坂城を攻撃させています。11月には直義の養子足利直冬と旧

直義党が南朝方と提携し、北畠顕能を先陣に文和2年・正平8年(1353)2月13日に兵を

挙げます。南朝方は四条隆俊軍を紀伊に挙兵させ、直冬に九州を平定させ、京都へ進軍させます。

このとき足利軍として紀伊に出陣した舟木頼夏は子・舟木頼尚に対して足利軍に参加することは

本意にあらずとして南朝方に味方して挙兵せよと命じ、頼尚は9歳の子・正尚とともに熊野を経

由して伊勢三瀬谷に入り、顕能の家臣となっています。6月になると京都は南朝軍によって占領

され、6日に義詮は後光厳天皇を二条良基の屋敷へ移し、比叡山まで逃れさせています。9日に

は義詮軍は敗れて近江を経由して美濃まで撤退しました。南朝方は洞院公賢を太政大臣に任命、

京都にて南朝政治を行おうとしますが、7月26日には義詮が勢いを盛り返して大軍をもって京

都を奪回、さらにこれをみた尊氏は29日、ついに大軍を率いて鎌倉を出発し美濃までむかいま

した。そして後光厳天皇を迎えて9月29日にようやく帰京します。顕能ら南朝軍は京都撤退を

余儀なくされ、顕能は伊勢へ帰還しました。そのときに兄・北畠顕信が宗良親王を奉じて陸奥よ

り伊勢に帰還しています。伊勢にもどった顕能を待っていたのは仁木義長の長野城攻撃準備でし

た。12月14日、顕能は長野城を攻撃、しかし肝心の仁木義長は不在であり、長野豊房は脱走

してしまい、捕まえたのは降伏した仁木軍に味方した国人の小串次郎三郎左衛門でした。雲林院

出羽守は小串を殺害して長野城主に復活しました。

 北畠親房は賀名生にて抗戦指令を発していましたが、文和3年・正平9年4月17日に同地で

62歳の生涯を閉じました。死去月日には諸説があり、9月15日や同年の夏ころ、延文4年・

正平14年(1359)3月上旬などに死去したともいわれています。死去地についても諸説が

あり、吉野の地や大和宇陀郡等であります。享年は67歳説もあり、正確なところは不詳です。

親房は神道・儒学・仏教に通暁し、神道論について書かれた「元元集」8巻や南朝の正統を書い

た「神皇正統記」6巻、「職原抄」2巻のほか真言宗教義について書いた「真言内証義」、その

か「二十一社記」、「東家秘伝」、「古今和歌集序注」などの著作があります。幼年の君主・

後村上天皇を補佐したことから三国志時代の諸葛亮孔明にも模されるほどの人物であり、万里小

路宣房・吉田定房とともに「三房」のひとりに数えられました。後に天徳院と追号され、法要が

南都の諸寺院にて行われました。南朝正統を論じた「日本は神国なり」という文言からはじまる

親房著作の「神皇正統記」の論理というものは、日本の支配秩序は皇祖神の命により永久に天皇

がその頂点になければならないという世襲天皇元首制度を論究し、元寇による神風等で起きた日

本神国思想を民衆意識の中に訴えるというものでした。そして伊勢神道の考え方にも同調し、支

配秩序の新本質を三種の神器の意味になぞらえて正直・慈悲・智恵決断としています。しかし、

この「神皇正統記」は南北朝どちらにつくか去就を決めかねている東国武士たちの説得のためや、

後村上天皇の教科書、立場が劣勢な南朝方の味方を増やすために「南朝こそ正統」という大義名

分の証し立てをするために書かれたとも言われています。この大義名分は儒教の放伐思想に同調

しており、不徳な北朝天皇は有徳である南朝天皇によって廃絶させられ、皇位は有徳たる南朝天

皇に継承されるという中国の王朝交代劇に似た様相を呈しています。しかし、親房が考えた支配

秩序は古来からの慣習を重視する復古主義的なものでした。慣習・秩序というものを重視した親

房は人事にも身分秩序を重視し、後醍醐天皇が公家・武士を問わない人事が政治を混乱させたと

批判、子・顕家の上奏文第七項目にも反しています。さらに出自・戦功のはっきりしない武士た

ちの官位・官職要求にも怒りをあらわにしています。そのために先述のように「職原抄」を著し

ています。親房は内政能力的には申し分ないのですが、復古主義者であり武士を平安時代のよう

に朝廷公家の家来としか見ることができない守旧派の人物だったようです。こういう形式の人物

が多く南朝を指導していっているので、武士の戦場経験から出る戦略を軽視し、公家の机上空論

に近い盤上戦略を選択し、武士からも見放されたり、不信感をもたれ、楠木・新田・名和ら稀代

の名将を失っていく結果となったことは否定できないと考えられます。親房は神道・仏教・儒教

などの古来慣習を重視する学問に通暁しているので、思想的に古来慣習重視の考えが親房の中で

強くなっていったのでしょう。親房の死後は伊勢国司であり、地方武士にも人望が厚い北畠顕能

が新しく南朝方の指導者となり徹底抗戦を主張していきます。

 文和3年・正平9年(1354)12月24日、足利直冬・桃井直常らが再び入京を計画しま

す。翌年の文和4年・正平10年(1355)1月16日、直冬軍先陣の桃井直常・斯波氏頼ら

が京都に侵入、足利尊氏は後光厳天皇を奉じて近江へ逃れ、22日には本隊直冬と山名時氏・石

塔頼房らが入京して京都を占領、3月6日には直冬は後村上天皇の綸旨を受け、佐藤清忠に足利

義詮討伐を命じます。しかし12日に播磨からきた義詮・赤松・京極の軍勢が尊氏軍と合流して

七条洞院油小路で直冬軍と激突、直冬は南朝の四条隆俊の援軍を受けるが敗れて男山八幡へ退却

します。翌日には尊氏と義詮は京都を回復し、後光厳天皇を京都へ還幸させています。京都を放

棄して男山八幡に脱出した直冬軍は山名時氏の支援で転戦したが、勢いの回復はできませんでし

た。

 この年の5月21日、足利軍の佐々木道誉が伊賀の国人河上将監・山中丹後入道を味方とし伊

賀に侵入してきます。顕能によって伊賀守備隊司令官に任じられた春日部高貞はこれに対抗する

ために出陣しますが、激戦の中で戦死してしまいます。春日部高貞戦死によって伊賀の顕能軍は

総崩れとなり、勢いをつけた道誉軍は伊勢の国境付近まで来て侵攻の機会をうかがいます。顕能

は大宮尾張守・大宮範氏・阿曽豊前守ら3000の兵を伊賀に出陣させ、大古曽井田山で合戦に

及び、大宮範氏の奮戦により道誉軍の目賀田左近・三井六郎・蒲生新三郎・安部三郎左衛門らが

戦死して道誉自身も脱出して山中城等に入城しますが、顕能軍の追撃にあい近江へ撤退を余儀な

くされました。この戦いの功績により、大宮範氏は従五位下尾張守に叙任され、戦死した春日部

高貞の子・高宗は跡を継ぐことを許されて天花寺源蔵人・秋山右京亮を差添え役として伊賀目代

に任じられました。この伊賀は交通の要所たるにおいてたびたび南朝軍・北朝足利軍との争奪の

激戦が行われ、翌年の10月19日にも南朝軍と北朝軍の伊賀守護仁木義長が戦っています。

 そしてそのあと畿内ではあまり大戦争がなくなり、南北朝の戦争は主に九州・関東でおこなわ

れました。室町幕府初代将軍として北朝方の指導者として君臨した足利尊氏もついに延文3年・

正平13年(1358)4月30日に死去しました。54歳でありました。あとをついだ足利義

詮は細川清氏を執事とし室町幕府2代将軍に就任しました。この年の10月、南朝方は越後にい

る新田義貞の次子・新田義興に上野・武蔵方面南朝軍の大将として招き、鎌倉を目指して進軍さ

せます。しかし、10日には鎌倉公方の足利基氏によって矢口渡の戦いで大敗させられ、義興を

はじめ世良田右馬助・大島周防守・井 弾正忠・由良兵庫助ら13人が多摩川の真ん中で自害、

北朝足利軍は旧新田残党を壊滅させます。翌年8月、南朝軍の九州方面総司令官たる征西将軍懐

良親王は、菊池武光・北畠信親(顕信の子)と合流して少弐頼尚・大友氏時ら北朝足利軍を筑後

川で激突、激戦となり6日の菊池武光軍の夜襲が決め手となり、少弐直資を討って頼尚を敗走さ

せて北朝足利軍を破りますが、親王自らの負傷や、北畠信親の戦死などがあり勝利は辛勝なもの

でした。この敗戦により北朝足利方は後光厳天皇より菊池武光追討の綸旨を出しています。翌年

の12月19日には義詮は畠山国清・細川清氏らをつれて南朝の河内方面に出兵、さらに翌年の

5月9日には河内の南朝方楠木正儀・和田正武の赤坂城や陥落させ、金剛山に退去させています。

 延文5年・正平15年(1360)4月25日、吉野にて反乱事件が発生します。護良親王の

子・興良親王(赤松宮ともいう)が赤松氏で唯一の南朝方である赤松氏範らと語らって足利義詮

に通じて挙兵、賀名生の皇居と公家・武士の屋敷に放火して南朝方の兵士と戦うが、南朝方の討

伐にあい反乱軍は崩壊、興良親王は奈良へ脱走して行方不明となり、赤松氏範は播磨へ脱出しま

した。このころには幕府内にまたも派閥の争いがはじまりました。幕府実力者のひとりとなって

いる仁木義長は細川清氏・畠山国清ら義詮側近の実力者と不和となり、同年7月16日には義長

は追放させられて伊勢長野城に籠城、8月29日に幕府は仁木義長追討の命令を出し、佐々木氏

頼・土岐頼康らを伊勢に向かわせます。義長は約2年間も徹底抗戦することになります。同年9

月28日南朝方はこの機会に石塔頼房ら2000の兵で北朝幕府方佐々木氏頼の近江市原城を攻

撃しますが、矢野下野守らが戦死するなど南朝軍は大敗を喫しました。次の争いとしては南朝討

伐の責任者で義詮の執事である細川清氏が将軍の親裁権の侵犯などによる越権行為や他氏排斥な

どによって幕府宿老衆から反発を受けており、佐々木道誉がついに義詮に讒言におよび、康安元

年・正平16年(1361)9月に追討対象者とされてしまいました。追討を受けた細川清氏は

若狭に逃れるが敗れて10月17日に近江にて南朝方に降伏します。そのときにはかねがね吉田

宗房を通じて南朝への帰順を要請していた仁木義長も勅免の綸旨を賜って南朝に降伏、顕能は長

野城救援のために大宮尾張守ら2000の兵を送っています。12月8日には細川清氏らは南朝

の楠木軍とともに京都に進軍、南朝方が京都を占領します。義詮は後光厳天皇を奉じて近江へ逃

れました。しかし間もなく勢いを盛り返して27日には京都を回復します。ここに最後の南朝方

の京都占領は終わりました。顕能は貞治5年・正平21年(1366)9月には正二位、11月

には大納言兼右近衛大将となり、応安元年・正平23年(1368)2月に内大臣、応安5年・

文中元年(1372)11月には従一位右大臣、さらに准三后になります。

 北畠親房の次男の顕信は陸奥国司として親房が東国から吉野へ撤退したあと陸奥の南朝軍の指導

者となっていましたが、康永2年・興国4年(1343)に親房が頼みとしていた結城親朝が北朝足

利方に降り、貞和2年・正平元年(1346)、足利尊氏が吉良貞家・畠山国氏を奥州探題として

下向させて以来、かなり苦しい立場となっていきました。翌年9月、宇津峰城が陥落して出羽に逃

れます。しかし、観応の擾乱やそれに伴う直義党の畠山国氏挙兵(国氏は吉良貞氏・結城親朝に討

たれた)などの奥州探題内の派閥争いが発生し、顕信はこれに乗じて挙兵し、南部諸氏を引き連れ

て多賀城・宇津峰城を奪回します。しかし観応3年・正平7年(1352)3月に吉良貞家・仁木

義長軍に多賀城が攻められ、翌年には宇津峰城が陥落します。その後、顕信は陸奥・出羽各地を転

戦するが貞治元年・正平17年(1362)に吉野へ帰還、応安元年・正平23年(1368)2

月に右大臣に就任して高官を歴任したらしいのですが、ここからがほとんど不詳に近くなります。

一説では康暦2年・天授6年(1380)10月17日(11月または12月とも)に64歳で死

去したとありますが、顕信は筑前大原で少弐頼尚と戦って戦死したともいわれています。顕信は貞

治元年・正平17年(1362)陸奥から吉野に帰還したときに顕能に代わって伊勢国司に就任し

て歴代伊勢国司として数えられることもあり、仁木義長も「国司顕信」と戦ったと言っているので、

国司に就任していたのかも知れません。しかし、父・親房から伊勢を預けられたのは顕能であり、

顕信が預けられたのは陸奥である。各々職掌が決せられているのに簡単に交代できるでしょうか。

顕信が陸奥経営に失敗して放棄したあとに経営に成功している伊勢を顕能の手から取り上げること

に顕能自身は不満を持たなかったのでしょうか。顕信の陸奥での失敗を知っている顕能がそう簡単

に伊勢国司の職を顕信に譲るのかどうかも考えものです。顕信が国司に就任していても、政策ミス

などによってまた顕能に国司職がまわってくることもあります。顕信は応安2年・正平24年(1

369)3月2日ころに剃髪入道しており、表向きは前年の後村上天皇崩御に関係したものですが、

実はなにかしらのミスがあって責任出家したとも考えられます。顕信国司在任期間で確かなのは仁

木義長との合戦中の貞治3年・正平19年(1364)ころで、このときから剃髪入道の時期まで

の国司在任とも考えられます。その後の戦いでは国司「顕信」というのもありますが、国司「顕能」

で、大将は顕能の嫡子・顕泰となっているものが多数なので、顕能―顕信―顕能という順番で国司

職が移り変わったと考えて妥当ではないでしょうか。そして同じ戦いでも「国司顕信」と「国司顕

能」という二つの記述がある諸書があり、さらに混乱させます。別には顕信の副国司というのも考

えられます。顕信は顕能の代理として仁木義長と戦い、仁木義長はこれを国司と間違えて記したの

かもしれません。顕信が国司の座にいたのであれば数年という短期間に過ぎないのではないかとい

うことです。この顕信の子は左中将信親・守親・親統と3人います。長男信親は九州筑後川の戦い

で戦死しており、次男の守親が父のあとを継いで陸奥国司となり、父の去った奥州で吉良貞家・結

城朝常らと戦いますが、間もなく吉野へ帰還しているようです。そのあと権大納言そして従一位内

大臣に就任します。守親の子・親能は奥州にとどまり津軽浪岡に居住していたので浪岡氏と改姓し

ております。高 師直軍にやぶれて戦死した長男北畠顕家の子供は顕成といい、この人も津軽浪岡

に居住していたので浪岡御所とよばれました。顕成の子・定永は行岡御所を称しています。この両

浪岡は及び行岡御所はのちの戦国時代初期に大浦津軽氏に滅ぼされました。その他には時岡氏を名

乗ったり、安芸の戦国大名毛利氏と提携して家臣となった有名な村上水軍の祖ともなっているとい

われています。

 南朝方の最後の京都占領が失敗に終わった後、南朝方は九州にて勢力を拡大することになります。

九州南朝の興りとしては暦応元年・延元3年(1338)に五条頼元らによって奉じられた懐良親

王が九州に下向、途中で伊予水軍の忽那義範のところに滞在し、康永元年・興国3年(1342)

4月に豊後を経由して九州薩摩谷山城に下向し、阿蘇惟時ら九州南朝軍を結集、北畠親房から派遣

された熊野・南海水軍とともに力を蓄え、貞和4年・正平3年(1348)に菊池武光によって肥

後に迎えられます。観応の擾乱がはじまると足利直冬の直義党に少弐頼尚が呼応、九州にも擾乱の

波が波及してきます。尊氏側の一色範氏が少弐頼尚と対立すると、その対立に乗じて少弐・一色両

陣営と結んだり攻撃したりして九州北朝勢力を減退させ、文和2年・正平8年(1353)2月に

親王は菊池武光・阿蘇惟澄・少弐頼資らと一色範氏を破り、九州随一の勢力を持ちます。その後、

大友氏泰を豊後に降伏させ、文和4年・正平10年(1355)から延文4年・正平14年(13

59)の間に一色範氏・少弐頼尚ら北朝軍をことごとく撃破して博多・大宰府を掌握、康安元年・

正平16年(1361)8月に征西将軍懐良親王は菊池武光・名和顕興らと太宰府に征西府を設置

して九州南朝独立政権を樹立し、ここを足がかりにさらに九州を平定していきます。翌々年には北

朝幕府方だった河野水軍の河野通尭が南朝方能島水軍の村上義弘を介して懐良親王に帰順、水陸軍

ともに征西府軍事力は巨大化し、中国の明国等の諸外国もこの征西府を独立政権とみなして倭寇の

禁止を求めるほどでした。さらに後村上天皇の皇子・良成親王を後任として迎えています。

 貞治6年・正平22年(1367)12月7日、2代将軍足利義詮が死去、足利義満が3代将軍

に就任し、執事には細川頼之が就任しました。翌年には関東で南朝方の河越氏・高坂氏を中心とす

る平一揆が北朝幕府方葛山次郎と所領問題でもめ、上杉憲顕の足利義満相続祝賀のために上京した

ところをみて武蔵川越城に蜂起、さらにこれに呼応して下野の宇都宮氏が挙兵します。鎌倉公方足

利氏満は討伐を決し、上杉朝房を川越に、上杉憲春を下野に派遣してこれらを鎮圧します。この平

一揆は伊勢関係書には前年の事件とあり、実際に南朝と深いかかわりがあるのかとか、発生理由な

どにも疑問の余地があります。平一揆の中の関 盛弘・神戸盛遠らは伊勢の多芸城に顕能を訪ね、

先祖旧領恩補の御教書を賜って顕能の家臣となっています。応安2年・正平24年(1369)9

月、足利義満は土岐頼康に伊勢攻撃を命じます。顕能は子・顕泰を大将に大宮尾張守・阿曽入道・

入江式部丞ら5000の兵をもって刑部郷で土岐頼康と戦い、頼康を破って美濃へ退却させていま

す。10月には顕能自ら兵を率いて三重郡に赴いて北朝幕府方諸城を落とし、顕泰が同郡に諸城を

建設して家臣を城主に任じて防備を強化します。三重郡には千種忠顕の次子・経顕を総大将として

禅林寺城に置き、管轄させました。

 南朝方は応安元年・正平23年(1368)3月11日に後村上天皇が崩御、武断派であり北畠

親房の娘を母に持つ長慶天皇が即位、さらに南北朝の対立が激化していくことになります。実のと

ころこの長慶天皇の母は親房の実娘とはいえなく、二条師基の娘・一条経通の娘・坊門清忠の娘と

もいわれ実父は不明、嘉喜門院勝子と呼ばれています。親房の養女として入ったと考えられます。

同年7月、関東で新田の残党を糾合した新田義貞の三男・新田義宗が一族の脇屋義治と越後・上野

で挙兵します。鎌倉公方は上杉憲将を派遣して、義宗を討ってこれを鎮圧しました。ここで南朝中

央部に異変が起こりました。応安2年・正平24年(1369)1月2日、南朝重臣で穏健派の楠

木正儀が武断派の長慶天皇・北畠顕能・顕泰・顕信・四条隆俊と意見が合わずに北朝幕府方細川頼

之を介して独自に足利義満と和議を講じて北朝幕府方に降るという事件が発生します。正儀は独自

で北朝幕府方や佐々木道誉と和平交渉などを行い、すでに徹底抗戦派となっていた南朝公家衆との

関係がギクシャクしており、貞治6年・正平22年の佐々木道誉との南北朝和平交渉で南朝使者葉

室光資による和平条件文書の「義詮の降参を許す」というような文章の提示による義詮の激怒によ

って決裂させられた恨み等もありました。3月16日、正儀の行動に激怒した長慶天皇ら南朝首脳

部は和田一族などの他の楠木一族に命じて正儀の東条城を襲撃、正儀は天王寺に脱出、細川頼之に

救援を要請し、援軍として派遣された赤松光範らとともに4月2日には京都に入って足利義満と謁

見し、河内守護に任じられています。

 応安3年・建徳元年(1370)、顕能は淳和院別当・奨学院別当・源氏長者となります。この

年の2月、顕能は伊賀目代春日部高宗に2000の兵で近江に侵攻させます。春日部軍は河上将監・

山中丹後入道ら国人を味方につけて佐々木道誉軍3000余と戦って勝利し、観音寺城へ道誉を退

却させ、武佐越智川付近まで侵攻し、放火して引き揚げました。8月には顕能自ら兵を率いて伊勢

国内の平定に力を入れ、勅書をもって伊勢の反乱分子を追討し、さらに伊賀に出陣して諸所の北朝

幕府軍を破って服部・河上らをことごとく傘下におさめ、9月にはまた近江に進軍、信楽の戦いと

10月の国見山近辺の戦いで佐々木道誉を破り、近江方面まで武威を広めました。翌年の6月10

日、顕能は安濃郡にいる北朝幕府軍の世保康政討伐に動き出し、安濃郡の戦いで康政を敗走させて

安濃郡を制圧します。

 南朝有力武将楠木正儀を味方につけた幕府は応安3年・建徳元年(1370)12月、九州に猛

将今川了俊を新九州探題として派遣して征西府の壊滅を計画します。菊池武光は先代九州探題の斯

波氏経・渋川義行のように簡単に今川了俊を倒せると考えていましたが、了俊は島津師久・阿蘇惟

村らと連携し、豊前高崎に子・義範を肥前松浦に弟・仲秋を派遣して大宰府をはさんで攻撃したた

めに応安5年・文中元年(1372)8月に陥落させられ、菊池武光は大宰府征西府を捨てて懐良

親王・良成親王を奉じて高良山に脱出することになりました。さらに翌年の11月16日に菊池武

光が死去、高良山も脱出して応安7年・文中3年(1374)9月17日に親王たちは武光の孫・

菊池武朝によって肥後菊池城に撤退しました。翌年5月に懐良親王は良成親王に征西将軍職を譲っ

て筑後矢部に引退、今川了俊は島津師久らと追撃し菊池城付近水島まできますが、少弐冬資が援軍

に来なかったことを理由に了俊は冬資を殺害、島津師久らはこの冬資殺害に怒り、了俊から離反し

菊池城を攻撃できなくなっています。

 応安5年・文中元年(1372)2月(3月とも)、南朝に降っていた仁木義長は再び南朝に反

して伊勢朝明郡水無瀬に城を構築して、大矢知城の南部頼勝を味方に引き入れて顕能に対抗します。

顕能配下の同郡の朝倉下総守らは大矢知城を攻撃するが敗れて逆に朝倉の茂福城を包囲されてしま

います。顕能は大宮入道父子を大将に2000の兵を送り、垂坂山に着陣させ、魚鱗の陣で備えま

す。仁木・南部連合軍は顕能軍を攻撃しますが仁木伊賀守・外山播磨守・南部左京亮らが戦死して

敗れ、仁木軍は伊勢落去を余儀なくされました。このときに康永2年・興国4年(1343)に伊

勢に母とともに身を寄せてきた旧新田義貞家臣の大館氏明の次男・大館氏清が伊賀から顕能軍に加

勢して鈴鹿山にて仁木義信らを討ち取る奮戦も見せているということです。翌年の応安6年・文中

2年(1373)には北朝幕府方の細川氏春は楠木正儀・赤松範資らと南朝の天野行宮襲撃を計画

します。この報告に顕能は数千人の兵で急行、途中で天野行宮から退避中の長慶天皇らと出会い、

吉野まで守護しています。天野行宮では四条隆俊・和田正武らが細川・楠木連合軍と戦いましたが、

8月10日に四条隆俊が戦死しています。

 顕能はその後、顕能国司在任中最後となる伊勢・伊賀・大和・紀伊などの近隣諸国の平定を開始

します。応安7年・文中3年(1374)1月から顕能は大和に出陣して北朝幕府方の武士をこと

ごとく討ち、2月19日大和般若寺に陣し、22日には伊賀路を経由して伊勢に帰国します。永和

3年・天授3年(1377)9月には伊賀で発生した反乱を数百の兵で鎮圧し、康暦2年・天授6

年(1380)6月13日には伊勢安保に土岐氏を攻撃しています。顕能は同年12月に出家して

曇宰と称しましたが、永徳3年・弘和3年(1383)7月(28日ころ)に死去しました。顕能

の生涯は戦闘に明け暮れたものでした。南朝支持の傍ら、周辺国にも武威を波及させ、伊勢国内だ

けでなく伊賀や近江にも兵を出しました。さらに永和2年・天授2年(1376)の笠置山皇居再

興造営事業には紀伊産の材木や建設作業員を送ったりもしています。和歌にも秀でており、「新葉

和歌集」には顕能の和歌が18首も収められています。有名なところでは「いかにして 伊勢の浜

荻吹く風の治まりにきと四方に知らせん」と「石清水にごれる末の世なりとも神のこころはさぞな

澄むらし」の2首があります。そしてこのあと顕能の子の北畠顕泰が登場し、南北朝は合一へとむ

かうのです。北畠親房の子供のなかで北畠を一番長く存続させたのは顕能系であります。顕能系は

江戸時代初期まで北畠氏を名乗り、そして有馬氏と改姓しました。あとの顕家・顕信・顕雄系はす

ぐに改姓してしまっています。

 南北朝どちらが正統かという論争は現在でも続けられています。これは江戸時代初期からはじま

りました。儒学の名分論がおもんぜられるようになったからであります。徳川御三家のひとつであ

る水戸藩は「大日本史」の中で神器のあるところが正統であるとし南朝正統論を強力に主張、のち

に頼 山陽も「日本外史」で南朝正統論をうけついでいます。この南朝正統論者のほとんどは足利

尊氏を逆賊・不忠の臣と罵っております。それはしかたのないことです。尊氏は反対する後醍醐天

皇を吉野に退けて新しく光明天皇を即位させ北朝を作り上げたのですから。私は両派閥にかたよら

ず中途半端ながら明治時代からの南北朝並立論であります。根拠としては両者とも正統であります。

片方が皇族ではないというわけではなく、両者とも第88代後嵯峨天皇からでていますので皇族に

はかわりないからです。決定的にいえば元弘の変のおりに後醍醐天皇が隠岐に流されました。その

ときに皇嗣として光厳天皇が即位し、正統となりました。光厳天皇は97代天皇としてもよいと考

えます。それを隠岐から脱出した後醍醐天皇がこれを廃し、後醍醐天皇がまだ在位中としたのでう

やむやになったのです。ここで後醍醐天皇が重祚という形をとれば南朝方が正統と確信ができるの

であります。後醍醐天皇自身も南北朝の混乱の責任者でもあります。両朝並立論は明治後期の国定

教科書にのせられましたが、国民教育上由々しき問題として政治問題まで発展しました。南朝正統

論者は政府を攻撃、政府は国定教科書の改訂に踏み切りました。そして編者の喜田貞吉博士を東大

から追放、そして関係者36人を免職処分にしました。さらに大逆事件の公判中に幸徳秋水が「現

天皇は北朝で、南朝の後亀山天皇から皇位を奪った」というような発言をしたらしいために論争が

再燃、時の首相桂 太郎は南朝正統を正式に取り上げ、明治天皇への上奏を決定するのであります。

明治天皇の勅裁によって南朝正統が正式に決定、問題になった教科書は改訂され一応論争に終止符

がうたれたのであります。北朝正統論者に味方するとすれば、現在の皇室は系譜上は北朝の流れで

あります。系譜上では北朝3代崇光天皇のひ孫の後花園天皇から現在の今上天皇に続いています。

たしかに歴史では南朝4代・第99代後亀山天皇が北朝6代・第100代後小松天皇に譲位という

形で南北朝の合一がおこなわれたのだから北朝が正統ということになりえます。しかしこれを南朝

方からみると北朝をつくった足利尊氏の孫の足利義満が南朝を脅迫し、半ば強制的に合一させたと

いうことになります。皇位も狙っていた義満のことだから北朝を正統としたほうが利用価値がある

と踏んだのでしょう。先述の明治天皇の勅裁についてですが、系譜上は明らかに北朝系列なのに何

故南朝を正統と勅裁したのかも疑問視されています。「幕末の活躍から消滅へ」の項にも書きます

が、明治天皇が実は南朝の後胤である大室寅之祐であったから南朝正統を勅裁したと言われていま

す。

 昭和にはいって南北朝論争は一段落したかにみえましたが、終戦直後に南朝の後裔と称する熊沢

寛道がマッカーサー元帥に皇位継承権を主張、そして東京地裁に現天皇不適格訴訟をおこしたので

あります。このような軽挙妄動は南朝正統運動に誤解と軽蔑しか招かないとおもいます。南北朝史

学の大家で北畠神社の宮崎有祥先生もそうのべておりますし、北畠氏学の大家の有馬範治先生もそ

うのべておりました。この熊沢寛道という人はたんにかたりだったわけではありません。寛道の父・

熊沢大然は明治41年から2回、南朝の皇胤として政府に承認をもとめ、上奏の請願文を提出して

います。しかし、実をあげることはできませんでした。寛道の代になると戦前だけでも5回も上奏

をおこなっています。大正4年の大然死後、寛道は「118代大延天皇」として即位し、時の昭和

天皇と真っ向から対立と挑戦をはじめました。法制史学者の滝川政次郎によると熊沢天皇(寛道)

は偽書とされる「甲州文書」の後醍醐天皇の予言である「朕崩じて六百年の後、世は火の海、泥の

海となりて日本天皇危うし、その危急を救うのは神宝なり」というもので敗戦を確信しました。と

いうのは大東亜戦争開戦日が後醍醐天皇崩御から600年後にあたるというわけです。そしてその

予言にある神宝を所有しているとして真の天皇として日本の危機を救うとしていました。ほかにも

あり、熊沢寛道の祖は足利幕府の謀略で皇位を失って尾張時之島に移住した南朝9代熊野宮信雅親

王であったといいます。(詳しくは次項・伊勢国司としての北畠氏を参照)時之島には熊沢一族の

墓地があり、墓石には十六花弁の菊花の紋章が付され、これこそ南朝の正統性を主張するものとし

ています。しかし滝川政次郎はこれを皇孫伝説のある木地師の出身に由来したものと指摘していま

す。戦前から活動していた熊沢天皇は斎藤 実・西園寺公望ら政府高官に南朝正統皇位継承者とし

て建白書を送りつけたりしています。そしてもう一人の熊沢天皇として熊沢信太郎という人物も現

れます。右翼の大物・藤田 勇は軍部の握る北朝昭和天皇と対抗するには南朝後胤を擁立するしか

ないとして、熊沢信太郎と提携して新政府を建設しようと、昭和10年に熊沢信太郎と藤田は連判

状に同志とともに血判し、クーデター計画をしています。これは熊沢寛道とも行ったとも言われ、

昭和13年に陸軍大将荒木貞夫から「その時を待て」と寛道・信太郎両人に送られています。しか

しこのクーデター計画や熊沢天皇の擁立を計画した諸処のクーデター計画も戦争の勃発により先送

りとされました。しかし戦争は敗戦で終り、熊沢寛道は昭和天皇戦争責任問題に乗じて先述のとお

り、マッカーサー元帥に皇位継承権を主張したり、現天皇不適格訴訟を起こしたりしました。さら

に日本国体弱体化を狙うために寛道を利用しようとしているGHQが寛道を支持し、アメリカのマ

スコミからの取材も受け、一時は「真の天皇」として大きな反響を呼びました。寛道は昭和天皇の

巡幸に対抗して自らも全国遊説して、昭和天皇の退位を求め、南朝奉戴国民同盟や政党・正皇党を

結成し、党首に就任しています。しかし終戦直後の日本を驚かせた熊沢天皇も次第に足元がぐらつ

きはじめました。前に述べた現天皇不適格訴訟では「天皇裕仁は実は北朝系でもなく、時の朝敵足

利尊氏の血脈を引く末孫であり、皇統簒奪者として国民を欺瞞してきた」とわけのわからないこと

を訴状に書いて強調しましたが、裁判所は「天皇は裁判権に服さない」と却下、その後も抗告した

が同じく却下されました。今度は衆参両議院に「南朝直系事実に関する特別調査機関を設けること

を断固要請する」と声明を発しましたが、黙殺されました。進退窮まりはじめている熊沢天皇は少

々前に共産党に共闘を申し込み、党首徳田球一に一緒に天下を取ろうといいますがさすがの徳田球

一も返答に窮したといいます。それから熊沢天皇の名前にも危機がせまっていました。戦前の熊沢

信太郎の他にも「熊沢寛道は分家で真の熊沢天皇の宗家」と名乗る宗家の新・熊沢天皇の熊沢照元

もあらわれました。それと呼応するかのように各地で「熊沢天皇」が乱立し、互いに偽者よばわり

しました。しかし本物はどれかなどさっぱり見当もつきません。そして現在、天皇に対する敬服の

気持ちを忘れている国民には関心などないでしょう。またあらわれたとて、現体制や現皇統に何ら

影響をおよぼすことはないでしょう。ただのかたりとしてマスコミのお笑いネタや闇に葬られたり

するのがいいところではないでしょうか。