伊勢国司としての北畠一族

 

 永和2年・天授2年(1376)5月、北畠顕泰は正三位権中納言に任ぜられ、父・北畠顕能

の譲りをうけて第2代伊勢国司に就任しました。しかし、永徳3年・弘和3年(1383)7月

の顕能死去の折に南朝から顕泰を伊勢国司に補任するということが出ているので、この年に伊勢

国司に就任したということも考えられます。顕泰は伊勢の多気城において北朝方の伊勢守護であ

る土岐氏と争っています。その後正二位権大納言兼右大将になっています。顕泰は康安元年・正

平16年(1361)に生まれたといわれています。顕泰の官位の変遷としては権中納言までは

確かなものとは言えないということですが、貞治5年・正平21年(1366)に従四位下左少

将兼武蔵守、応安3年・正平25年(1370)に正四位下右中将に叙任されているということ

です。顕泰の時代は伊勢の国人・土豪集団や大和方面の南朝配下の諸豪族・国人を従えるくらい

に勢力を伸ばし、伊勢国の関氏や鳥屋尾氏・水谷氏ら、大和国宇陀郡の秋山氏・沢氏、応安3年・

正平25年(1370)には伊賀国の国人服部・河上氏や名張郡、元中9年(1392)に志摩

国(志摩古和氏の知行安堵)と従えて、南朝方のトップとして君臨しました。この伊勢における

北畠氏による国人たちの掌握の背景には本来国人たちを掌握すべき伊勢守護が頻繁に交代して国

内平定のための兵力を十分に所持・発揮できなかったことがあります。それが国司北畠氏の伊勢

平定の要因になるのではないでしょうか。

 そのとき室町幕府3代将軍足利義満は両朝に対し合一をよびかけていました。条件としては南

朝側の後亀山天皇が北朝側の後小松天皇に神器をわたして正式に譲位するということと、今後の

皇位は先例にならって両統迭立というふうにすると決定しました。明徳3年・元中9年(139

2)閏10月2日、後亀山天皇は三種の神器(八咫鏡・草薙剣・八坂瓊曲玉)を奉じて吉野山を

出発、大覚寺を経由して5日には京都御所に到着して後小松天皇に譲位しました。だが納得でき

ない旧南朝側は楠木正勝・正之らが十津川で挙兵、旧征西府の征西将軍良成親王(後亀山法皇の

弟)が菊池武朝・阿蘇惟政・五条頼治らと九州で挙兵、下野の小山氏が関東で挙兵、東北では新

田・脇屋・伊達諸氏が挙兵、そして東海では井伊・小笠原・三浦諸氏が挙兵するなどしました。

しかし幕府は巨大な兵力でこれらを鎮圧しました。北畠顕泰は合一後も南朝側の元号である「元

中」を使用し、合一反対の公家や武士を集めて抵抗し、説得に来た久我大納言にも取り合わない

という態度に出ました。しかし、両統迭立によって南朝の寛成親王を皇太子にするという北朝の

後小松天皇と足利義満の誓約書によって幕府と和議を講じます。それによって顕泰は所領を安堵

され、明徳4年(1393)9月21日の足利義満の伊勢神宮参詣には饗応しています。このと

き、義満は顕泰の嫡子に一字を与えて「満泰」とさせています。そして木造氏と関氏は幕府の臣

下に入っています。応永5年(1398)閏4月には足利義満より伊勢国棚橋太神宮法楽寺の興

行沙汰と寺領すべてを三宝院雑掌に与える御教書を顕泰に給わっています。翌年の4月にも法楽

寺領への神人と愛洲一族の侵入をとどめさせる御教書も給わっています。だが、顕泰と北伊勢に

拠る伊勢守護世保氏とはトラブルが絶えず、明徳4年(1393)1月8日に鈴鹿郡に出陣して

世保康政・近江の佐々木一族と戦って勝利し、世保康政に関しては明徳4年(1393)の間に

2回も撃退しています。応永6年(1399)の応永の乱には幕府軍として長男の北畠満泰とと

もに出兵します。

 応永の乱とは中国地方の覇者の大内義弘が堺で起こした乱であります。義弘は朝鮮との貿易の

仲介などで経済力が強大化し、幕府にとって集権体制に沿わない外様大名として、それと対明貿

易の競合者として抑圧対象にされていました。応永5年(1398)、大内義弘は筑前方面で反

乱した少弐貞頼を鎮圧、しかし鎮圧後の足利義満の上洛催促に応ぜず、ようやく応永6年に大兵

を率いて和泉堺に到着します。しかし義弘は幕府の慰撫を退けて反乱を起こしました。義弘は鎌

倉公方の足利義兼を誘い、各地の大名の不平分子を糾合するものでありましたが、各地の挙兵分

子は間もなく鎮圧されました。義弘は堺に篭城しますが、足利義満自ら八幡山に出陣、12月2

1日には堺が陥落して義弘は敗死しました。この戦いで伊勢国司の北畠顕泰の長男北畠満泰が戦

死してしまいました。足利義満は国司軍の奮戦に大いに喜び、伊賀の半分・近江の甲賀郡を与え

ました。この応永の乱で大内義弘は旧南朝の師成親王や旧南朝方の諸氏を誘っているともいいま

す。師成親王は大内義弘の庇護を受けていたということと、楠木・菊池氏が大内軍に参加してい

ることもあり、旧南朝勢力もこの応永の乱に少なからず影響を及ぼしていることは間違いないと

考えられます。

 その3年後の応永9年(1402)10月、北畠顕泰は多気において死去したと言われていま

す。顕泰の死去時期については、応永16年(1409)とも応永19年(1412)9月とも

応永22年(1415)まで生きて第一次北畠満雅の乱にも出陣したとも言われて正確なことは

わかっておりません。後述の事になりますが、称光天皇への譲位直前の応永19年(1412)

6月12日に顕泰は斯波義重の屋敷を訪問して日野重光らと会談しています。議題については不

明ですが、この訪問の直後に称光天皇への譲位が行われているので、称光天皇即位問題が議題に

なったのであろうと考えられます。この訪問があるので、応永9年(1402)の段階ではまだ

顕泰は存命ということになるでしょう。跡目はついては長男北畠満泰が戦死してしまっているの

で、弟の北畠満雅が継ぐことになりました。満雅は生年は不詳であります。当時伊勢は南朝側で

ある国司と北朝側である守護の争いが激化していました。満雅は幕府と対立していた鎌倉公方の

足利持氏・大和の箸尾氏・越智氏と結び、土豪層の守護への反乱を利用して守護軍と戦いました。

そして応永19年(1412)8月29日、後小松天皇は4代将軍足利義持の指示で皇子の称光

天皇に譲位して条件のひとつの両統迭立は実現しませんでした。不実現は、旧南朝側の不満をま

たも増大させました。北畠満雅は応永21年(1414)9月、後亀山法皇のお召しにより良泰

親王を奉じて挙兵、これに河内の楠木正真・足利一族の足利義嗣が応じてきました。翌年2月に

唐橋入道と称する足利義持の奉公衆らしき人物の城を奪い、3月には北畠一族で足利方についた

木造俊康を木造城(坂内城とも)に攻め落とし、そして坂内(北畠)雅俊を木造城に、大河内

(北畠)顕雅を大河内城に入れ、そして玉丸城・多気城・坂内城にも一族を配し、北畠満雅は阿

坂城で総指揮をとることにしました。伊勢国内では関氏・神戸氏・国府氏・峰氏・加太氏ら諸氏

が北畠氏の挙兵に応じてきました。この挙兵に対し幕府の将軍足利義持は4月7日に土岐持益を

大将に仁木満長・世良康政・長野・雲林院諸氏等と大和国国人の兵5万余で出陣、さらに一色義

貫・京極氏・土岐一族を援軍として派遣して侵攻、まず北畠方の関氏が拠る拜野城を攻め落とし、

木造城を包囲します。坂内(北畠)雅俊は2000余の兵で立てこもっていましたが、城兵の長

井次郎左衛門と松田小太郎が幕府軍に内通、木戸を開いて幕府軍を侵入させて陥落、坂内(北畠)

雅俊は坂内城に退却します。その後、満雅は岩田川・雲出川付近にて幕府軍と戦いますが、4月

20日に幕府軍に雲出川を越えられて南伊勢に進まれ、5月16日にはついに阿坂城を包囲され、

陥落させられました。6月19日には畠山満慶が大和宇陀郡に侵入して第一次北畠満雅の乱の締

めくくりの合戦を行って乱を平定、8月18日に幕府軍は京都に撤収しています。しかし関東で

も足利氏に反乱するものがいて北畠氏に完全に勝てる自信がなかったので足利義持自ら和議を講

じ、後亀山法皇も了承して上野宮(説成親王か)を仲介調停人として派遣、和議が成立して終戦

しました。しかし、満雅軍の今徳城・柏原城・八田城・天花寺城・船江城等の城兵は幕府軍に夜

襲を仕掛け、糧道を断って退却させているようですが、真偽のほどは確かではありません。この

第一次北畠満雅の乱の阿坂城篭城戦にて有名な「白米城の故事」が行われています。「白米城の

故事」とは、城を包囲した幕府軍は陥落を早めるために山頂にある阿坂城に対して水を断つ計略

を使い、干攻めにしようとしたときに、北畠満雅の重臣である鳥屋尾重澄は敵前にて白米で黒馬

を洗い、幕府軍に水が豊富であることを見せつけ、幕府軍の水断ちを中止させています。この故

事により阿坂城は別名「白米城」とも呼ばれるようになっています。

 旧南朝に関する事績は諸説乱立であり、どれが正偽かは判断しかねますので、諸説を糾合した

私の持論を展開させていただきます。正長元年(1428)7月20日、称光天皇の無嗣の崩御

により北畠満雅は旧南朝方の小倉宮良泰親王(後亀山法皇の皇子恒敦とも孫・聖承ともいわれる

が、没年からして聖承が有力か・だが別説では独立した親王として後亀山法皇の皇子となってい

る)とその子の義仁親王を皇位につけようとしましたが、足利幕府6代将軍足利義教は後小松上

皇とはかって7月11日の談合の結果により北朝方崇光天皇のひ孫の彦仁親王(貞成親王の皇子・

後花園天皇)を皇位につけました。しかし旧南朝方は納得せず、7月6日ころに京都嵯峨から国

司館に移動していた小倉宮良泰親王・義仁親王は幕府に挑戦するために義仁親王の即位を宣言さ

せ天基天皇と名乗らせました。幕府は土岐持頼を伊勢守護に任じて追討を命じ、美濃守護の土岐

持益・美濃国国人・伊賀守護の仁木氏・伊勢の長野氏らにも出兵の準備をさせました。満雅は8

月23日ころに小倉宮を奉じて挙兵し、足利幕府討滅を宣言しました。幕府に反する鎌倉の足利

持氏もこれを支持します。足利持氏に関しては、満雅の方から連携を要請したということですが、

足利持氏が小倉宮を奉じての挙兵を満雅に依頼したということも考えられます。そしてこれに応

じて各地の武士も挙兵しました。兵力は国司軍1万余・大和の越智維通軍3000で進撃しまし

た。それに対し幕府は8月ころから土岐持頼より足利持氏の軍勢を率いての上洛と満雅の出兵が

近々行われるのではないかという情報を三宝院満済を通じて知らされています。さらに9月に入

ると大和国宇陀郡の秋山氏・沢氏が満雅に協力しているという情報をキャッチ、大乗院坊人らを

出発させています。9月22日には幕府高官会議が開かれ、管領畠山満家は細川持元・赤松満祐

ら大名8人に関東足利持氏をどうするかについての意見を求めています。その会議の中で、満雅

をすぐにでも討伐するかどうかについても話し合われています。でもすでに8月20日の段階で

土岐持頼を総大将として7000余・畠山持国軍7000余が出兵し、25日には長野・雲林院

氏らが味方につき、伊勢へ進軍させています。北畠満雅の子の北畠教具らは防戦につとめ、雲出

川において土岐軍を大破、土岐持頼は近江に退却しました。足利義教は土岐持益を筆頭に細川・

佐々木・仁木・一色・世保・大館諸氏総勢6万、さらには後詰として赤松満祐・山名宗全ら2万

をさしむけました。満雅は自ら陣頭指揮をして少々を撃破したけれど、岩田川付近で山名宗全・

赤松満祐の側面攻撃をうけて崩れ、一族精鋭数百人とともに壮烈なる戦死をとげたのであります。

正長元年12月21日のことでありました。北畠満雅の首級は京都の羅生門に近い四塚にさらさ

れ、一志郡・飯高郡の所領も没収して幕府についた長野・雲林院氏に与えられました。天基天皇

(義仁親王)も伊勢を脱出、美濃へ隠れましたが土岐持頼の追手に襲われて殺されてしまいまし

た。このあと旧南朝方は小倉宮良泰親王が再び総帥となりました。 

 北畠満雅が戦死したあと幕府は北畠軍に追い討ちをかけるべく翌年2月には仁木氏が大和宇陀

郡の秋山氏・沢氏の追討に出兵、2月16日には関氏を追討するために国人たちに将軍の御教書

が出されています。秋には土岐持頼・仁木持長・一色義貫軍2万を北畠教具追討の名目で伊勢に

再度侵攻させました。しかし、土岐持頼は雲出川の手前で止まって攻撃続行を拒否、三宝院満済

を通じて第二次北畠満雅の乱における人的被害が甚大であり、守護知行地不足による所領管理や

収益の不可、さらには前年12月に許可された半済の撤回による将兵の離散のために攻撃続行不

可を申請しています。でも北畠教具と叔父で後見人の大河内(北畠)顕雅は幕府と和議を決定し、

三宝院満済と赤松満祐を介して降伏します。幕府は関東の危険及び各地一揆の動静と満済と満祐

のとりなしで和議を了承し、旧領の一志郡・飯高郡の安堵・小倉宮良泰親王の京都迎奉を条件と

しました。顕雅は永享2年(1430)4月に赤松満祐の同道で将軍足利義教に銭貨三千疋・太

刀・馬を献上し、三宝院満済によって将軍足利義教に拝謁できることになりました。ここで満済

は顕雅を国司としています。この一件に深く関わった満済が国司を間違えるはずなく、一時的に

伊勢国司の座が顕雅に移ったとも考えられますし、国司代という考えもできます。さらに当時伊

勢国司になる権利があった満雅の嫡子・教具はまだ7歳であり、嘉吉元年(1441)に19歳

で伊勢国司に就任しているので、その空白期間に顕雅が暫定国司として国司業務を行っていたと

も考えられます。満済が「国司」という言い方をしている以上、顕雅に国司の座が移ったのでし

ょう。でも満済の間違いということもあるということも考えられるということです。ここで北畠

氏は北畠親房以来の対決者である足利幕府と妥協し、平和への道を選んだのであります。小倉宮

も諸大名負担による帰京費用により京都に戻っています。7月には足利義教従一位拝賀の使者を

送っており、永享6年(1434)2月には出家しています。

 ここで一番喜んだのは幕府であります。幕府はやっと最大の対決者である北畠氏と和議して関

東の鎌倉公方足利持氏討伐に全力をそそげるようになったからであります。永享10年(143

8)、足利持氏は関東管領上杉憲実や関東に潜伏していた新田一族と共同して幕府に対し反乱を

起こしました。幕府は大軍を送り込み、翌年2月には鎌倉軍を撃破し足利持氏を自刃においこみ

ました。それと並行して起きた永享9年(1437)7月の将軍足利義教の弟・足利義昭の良泰

親王を奉じての挙兵をも撃破しました。義昭は行方不明となり、九州で島津氏に処刑されていま

した。なぜ足利一門で戦いがおこるかといいますと、5代将軍足利義量の死後、クジ引きによる

将軍継嗣の決定が諸候補者とその推薦者の不満をあおったからであります。対立勢力を叩き潰し、

専制政治をおこなう足利義教は各守護大名にも不安の念をもたせたのであります。嘉吉元年(14

41)6月24日、播磨・美作・備前の守護の赤松満祐が義教を自邸に招いて謀殺するという嘉

吉の乱が発生、赤松満祐・教康父子は播磨木山城にこもりましたが山名宗全に滅ぼされ、満祐は

自刃しました。赤松教康は縁戚でもある伊勢国司の北畠教具のところへ逃げましたが、教具は教

康を自刃においこみました。

 この事件から3ヶ月後の9月23日、第2の嘉吉の乱とも言うべき禁闕の変が旧南朝の総帥・

小倉宮良泰親王の皇子の泰仁親王(後亀山天皇の弟説成親王の子世明親王の子である金蔵主とい

う説もある・泰仁親王と金蔵主同一人物とも考えられる)の手によっておこされました。泰仁親

王は比叡山延暦寺の僧・越智維通・楠木正秀・日野邦氏らと結託し、兵3000を率いて同日深

夜に禁中に突然侵入し、3種の神器を奪ったのであります。しかし追手により八咫鏡と宝剣は奪

い返され、曲玉だけは楠木正秀らによって比叡山へうつされました。幕府は後花園天皇に要請し

て翌日に朝敵討伐の命令を発しました。これにより去就を決めかねていた比叡山延暦寺僧徒らも

急に幕府方に寝返り、9月25日には比叡山東塔根本中堂と西塔釈伽堂に立てこもっていた越智

維通らは逃げ場を失い、奮戦したものの敗れて討ち死にし、泰仁親王や側近の日野有光ら公家そ

して武士たち(金蔵主の兄の通蔵主は流罪のあと殺害されている)もその場で自刃または捕縛さ

れて処刑されました。しかし比叡山に曲玉をうつした楠木正秀は脱出し、近江の甲賀郡にいる泰

仁親王の弟・空因法親王(還俗して尊義親王と名乗る・泰仁親王が良泰親王の子なら弟にあたる)

や円胤法親王(還俗して義有王と名乗る・説成親王の皇子で通蔵主と金蔵主の叔父)を奉じて吉

野の奥十津川へむかいました。しかし前に天基天皇を名乗った義仁親王の皇子の勧修寺権僧正教

尊法親王(小倉宮良泰親王の皇子とも)は通謀の嫌疑をかけられ流罪のあと殺されてしまいまし

た。嘉吉3年(1443)5月には総帥の小倉宮良泰親王が死去し、尊義親王が総帥に、義有王

が副総帥となりました。尊義親王と義有王は吉野朝廷再興のため、洞院実澄・葉室光朝・越智通

忠・楠木正秀・和田正頼・赤松叙祐ら3000を集め、攻勢にでました。義有王は吉野から紀伊

に進出し、北山に挙兵して畠山持国軍を破り、文安3年(1446)に幕府から派遣された細川

勝元軍3万と戦うことになりました。細川軍は旧南朝方の城を次々に陥落させ、拠城の阿瀬川城

を囲まれて義有王と楠木正秀・和田正頼らは戦死しました。尊義親王は2人の皇子の尊秀親王・

忠義親王をつれて十津川から三ノ公に移り中興天皇と名乗りました。しかし在位6年で尊秀親王

(自天皇)に譲り、太上天皇を称しました。文安4年(1447)12月にはこれも旧南朝後胤

である円胤・円悟兄弟(説成親王の子といわれる)が北山で挙兵しようとしたところを畠山持国

によって討たれています。この事件は円胤独自挙兵説が濃厚であり、必ずしも兄弟共同挙兵では

ありません。そして享徳4年(1455)には幕府に忠実にしていた旧南朝後胤玉川宮(長慶天

皇の子といわれる)の子孫(子・孫ともいわれる)である梵勝(相国寺慶雲院主)・梵仲兄弟に

よる逐電事件が起きています。この兄弟逐電の背景には先述の禁闕の変の余波による教尊法親王

の流罪のあとの殺害を見た事による恐怖、次回旧南朝が蜂起したときには自らの生命の保証の危

険というのがあったのだろうと考えられます。

 嘉吉の乱で将軍足利義教を討った赤松一族は家門再興のため、遺臣たちは幕府に主家再興を嘆

願しました。そこで幕府が出した条件とは前々から後花園天皇から要請を受けていた神璽の奪還

というものでした。康正2年(1456)12月20日、赤松遺臣の小寺藤兵衛・小河兵庫助・

上月満吉ら30人は大和国宇智郡に集合して兵庫助縁故の吉野郡小川荘の小川弘光と旧南朝方国

人越智家栄と策略をめぐらしました。小河兵庫助らは偽って旧南朝に仕官を要請します。しかし

楠木正秀ら在来武将が小河兵庫助らを旧赤松ということで反対しました。そこで旧南朝でも実力

者の小河弘光は強力に支援し、買収と贈賄を駆使して長禄元年(1457)11月に仕官が認め

られました。それから1ヵ月後、密かに兵を集めた兵庫助らは12月2日夜に自天皇の大河内御

所と忠義親王の河野御所を襲撃する長禄の変を起こします。このとき旧南朝方である越智家栄が

反乱に参加しています。この越智の叛意については不詳ですが、赤松旧臣で総指揮官である小寺

藤兵衛が考え出したものでありましょう。自天皇と忠義親王は自決して神璽は奪われてしまいま

した。しかし追手によりまたも神璽を奪い返されて自天皇らの父の中興天皇(尊義親王)の弟・

尊雅親王のもとへ届けられました。それにより尊雅親王は総帥となり興福天皇を称しました。神

璽奪回に失敗した旧赤松残党はさらに旧南朝方を買収し、興福天皇を追及しました。天皇は三ノ

公から黒木御所、奥吉野そして市川御所へ、最後に紀伊の神の山高福寺へと移り、逃げていきま

したが、長禄2年(1458)3月に旧赤松残党軍によりに殺され、ついに神璽が奪われ8月3

0日(12月20日とも)に北朝に戻り、赤松家は再興を許可されています。天皇の皇子・信雅

親王は家臣により山を脱出し、同国牟婁郡近露にこもりました。旧南朝の皇胤たちはほとんど殉

難し、すたれていきました。

 話は戻り、北畠満雅が戦死したとき子の教具はまだ7歳でありました。教具は応永30年(1

424)に生まれました。叔父・大河内(北畠)顕雅の後見のもと19歳で伊勢国司・右近衛中

将に任官しました。このころになると北畠家は地方の大大名としての地位を確保していき、代々

「多気御所」と人々に呼ばれておりました。後見人(暫定国司?)として政務を代行していた大

河内(北畠)顕雅は第二次北畠満雅の乱後に幕府の実力者三宝院満済の知遇を得て、満済を通じ

て北畠氏の安泰と保証を図ろうとしました。そして幕府への帰順・国内平定制圧という2大方針

を打ち立てています。永享3年(1431)2月12日と3月の2回の足利義教による伊勢神宮

参拝には満済とともに将軍に奉仕しています。これらのことなどにより永享12年(1440)

には幕府側との提携を強化し、幕府は伊勢守護の世保氏を罷免して伊勢国政を国司に任せて分領

を定めさせています。しかし、守護職そのものは廃止とはなっておらず、一色教親が伊勢守護に

なっています。嘉吉元年(1441)に顕雅は従三位非参議に叙任され、そして享徳2年(14

53)9月に出家、名実共に北畠教具が伊勢国司領を完全支配することになりました。その後顕

雅には大納言の官位が贈られています。北畠教具の官位の変遷としては宝徳3年(1451)に

正四位下となり、享徳元年(1452)参議、従三位と進み、康正2年(1456)3月29日

には権中納言になりました。長禄2年(1458)、従二位となり、文明元年(1469)8月

28日に権大納言になります。

 特に教具のころは伊勢神宮両宮や「神三郡」の宇治・山田の両門前町や大和国とのいさかいが

発生した時期でもあります。永享4年(1432)の神三郡土一揆を皮切りに、ちょくちょくと

土一揆が起こっています。大事件としてはまず長禄元年(1457)11月に発生した大和国興

福寺大乗院門跡の尋尊による大和国宇陀郡の秋山氏が請け負った年貢を無沙汰しているので国司

から秋山氏に警告してほしいと要請してくる事件があります。宇陀郡は北畠与力家臣の秋山・沢・

芳野の3家があったからで門跡側も国司に要請したものです。また宇陀郡における門跡領につい

ても国司に交渉もしております。寛正初期には宇陀郡にある宇陀関の領有権をめぐって国司と興

福寺の定清五師と山城国人が争っていますが、結果的には国司が領有することになりました。寛

正3年(1462)、今度は伊勢神宮門前町のひとつである山田地区の米屋が張本人となって田

丸に押し寄せたのを機に出兵、山田地区を征服しようとしましたが、宇治六郷神役人の反対にあ

い、田丸付近でとまりました。このため、伊勢神宮への神供米や祈年祭の奉幣使は通路が塞がれ

て参向することができずに苦情がだされておりましたが、文正元年(1466)には開通してお

ります。享徳2年(1453)には神三郡に散在している神税上分を注進することを求める書簡

を伊勢神宮内宮に送っています。そして幕府に反抗した畠山義就を金胎寺城で攻略もしているよ

うでもあります。幕府との関係については、先述の通り、父・北畠満雅の乱後の和睦で提携を強

化しておりました。しかし、幕府から見ればまだまだ危険な存在でした。正長年間の和睦の段階

では弱小化しているもののまだ影響力が少なからず残っている旧南朝勢力といつ北畠氏が再度提

携するのかという問題でした。さらに、幕府に反対する大覚寺僧足利義昭ら将軍になれなかった

足利一門の蜂起に北畠氏がくっついてしまうことも恐れていました。先述の永享9年(1437)

7月の足利義昭の挙兵や同年8月の河内国における楠木氏とそれと結ぶ大和の越智維通の挙兵へ

の参加などです。それを防止するため、将軍足利義教は嘉吉元年(1441)3月に伊勢神宮参

拝という名目で伊勢へ下向して北畠氏の様子をうかがったり、翌年には飯尾貞元・布施貞基を派

遣して国司と両神宮・両門前町との和解の斡旋をしています。その北畠教具ももう幕府に反抗す

ることはありませんでした。前にも述べましたが、嘉吉の乱で足利義教を謀殺した赤松満祐が山

名宗全らによって追討されて、満祐の子の赤松教康が伊勢へ逃げてきたのを嘉吉元年閏9月1日、

一志郡丹生俣村薬師堂付近の教康の隠れ家を300騎で包囲して誅殺しています。赤松教康の伊

勢逃亡の理由ですが、姻戚関係ということが大きな理由となっています。姻戚関係とは、赤松・

北畠両家とも同じ村上源氏系列ということです。それとは別に、北畠満雅の乱後の和睦交渉に赤

松氏が相当尽力したこともあり、この恩をたよって教康が伊勢の教具に救援を求めたとも考えら

れます。しかし、北畠側も教康を庇護して幕府に物申すこと力など無く、やむを得ず誅殺してし

まう状況になってしまったのでしょう。

 そのころ幕府では大変な事件がありました。時の8代将軍足利義政は将軍継嗣問題で弟の足利

義視を還俗させ、管領細川勝元を後見役としましたが、その後すぐに妻の日野富子に足利義尚が

誕生、富子は義尚を将軍にしようと山名宗全を後見役としました。将軍家でも継嗣問題があると

いうことは他大名家でもおきていました。畠山家では義就と政長、そして斯波家では義廉と義敏

が家督をあらそっていました。応仁元年(1467)、ついに衝突がおこり、細川の東軍16万

と山名の西軍9万(のちに大内が2万で参加)が京都で激しい戦乱をくりひろげました。その後

地方にも波及、国人層の反乱をもひきおこし国中が混乱しました。文明5年(1473)に細川・

山名両大将があいついで死去すると戦乱は下火になっていきました。そして諸将が帰国しはじめ

文明9年(1477)には京都周辺での戦乱は終結していきました。応仁の乱における北畠教具

の動きに関してですが、教具は直接介入することは控え、特に目立った行動はいていません。伊

勢の国人である関・長野両氏は東軍に属していましたが、東西両軍から参加の打診があっても「守

護皇家之故」と称して不介入を明確にしていました。しかし、乱中に北畠教具のもとに足利義視

が京都を脱出し、伊勢へ放浪してきました。足利義視が放浪した理由は、東西両陣営の去就の不

確定と京都の戦乱への不快感とも言われています。そして教具を頼った理由についても不明確で、

教具が軍事力・経済力を保持していながら中央政界への政争への無関心・不介入であるのと、そ

れに付随して和歌などの貴族的文化を持っていたというところに足利義視はひかれて伊勢に放浪

したのでしょう。それと足利義視は京都出発直前に国司一門である木造教親の屋敷を訪問してい

ます。このときに木造教親から国司館へ行って教具を頼りなさいという示唆をうけたから、伊勢

放浪を考えたということも考えられます。義視の伊勢へのルートとしては、応仁元年(1467)

8月23日夜にまず木造教親の京都屋敷に立ち寄って伊勢国司館に放浪するということを話し合

い、京都を出発、24日に近江に入って福寿寺(国司家臣・梅津氏の兄弟の住持する寺)に立ち

寄り、25日には多羅尾を経由して伊賀に入り、服部郷にある荒木の菩提寺に一泊、29日には

伊勢小倭の常光寺に到着しています。ここで教具は足利義視のお迎えに出発、9月3日から9日

の間に常光寺に入っています。そのとき同じ小倭にある聖寿寺にて和歌を詠んでいます。教具は

伊勢丹生に屋敷を造ってそこに足利義視を逗留させています。このとき、足利義視の従者の一人

として後に戦国大名の走りとなる北条早雲(当時・伊勢新九郎盛時と名乗っています)が一緒に

伊勢へ下向しています。

 義視が伊勢にいる間、足利義政は教具に義視を頼むとし、滞在費用として伊勢の半済を義視に

附して教具がそれを奉行しています。義政は義視に京都に帰ってくるように御内書を送り、さら

に応仁2年(1468)4月9日に後土御門天皇から勅書が来たために義視も京都に帰ることを

決心して13日に惜別の会が開かれ、和歌を詠み交わしています。足利義視の京都帰国ルートと

しては、6月26日に木造の東明寺に、8月17日には岩田の円明寺(丹明寺とも)と経由して

長野地区・近江多羅尾と通り、7月12日には京都に帰っています。途中の木造東明寺にて美濃

守護代斎藤妙椿より馬が献上されています。北条早雲はそのまま伊勢にとどまり、その足で招聘

を受けている駿河の今川義忠(早雲の妹の嫁ぎ先である)のところへ行っています。足利義視の

京都帰国と並行して、教具は自分に命じられた伊勢の半済の奉行を勝手に行っている北伊勢の世

保孫三郎政康を攻めるために6月18日に木造城に入っていました。その後、上箕田城・林崎城・

柳城・若松城と陥落させていき、6月29日に最後の城・楠原城を陥落させて世保政康を神戸へ

追い、そこで討っております。

 応仁の戦乱もたけなわの文明元年(1469)10月、この機に乗じて旧南朝の後胤信雅親王

が熊野で、尊慶親王(小倉宮良泰親王の末子ともいわれている)が吉野でそれぞれ挙兵します。

信雅親王に至っては即位を宣言し、年号を「明応」とまで改めています。翌2年5月、山名宗全

の西軍は没落した旧南朝の後胤(この場合信雅親王であるが、完全な詳細は不明)の挙兵に目を

つけ、擁立を計画します。はじめ畠山義就は自領の河内方面が旧南朝方の楠木氏に奪取されるこ

とに危惧して反対しますが、西軍に転じた足利義視らの説得により了承します。しかし、いざ擁

立というときには足利義視が難色を示しますが、山名宗全の強行により擁立となります。しかし、

宗全の死去により擁立は破棄されてしまい、この後胤(この場合信雅親王)は東国へ脱出してし

まいました。なぜにはじめ擁立賛成派だった足利義視が土壇場で難色を示したかは、確かなこと

は不詳ですが、新天皇としての擁立に難色を示したものと考えられます。はじめのうちは義視も

ただ奉じるだけと思って賛成していたら実は新天皇として擁立することになってしまったことに

難色を示したのであろうと考えます。この旧南朝後胤擁立というイベントを使って西軍は北畠軍

を自陣営に引き込みを計画しますが、「国司左右未聞」という状態で教具は動きませんでした。

しかし、出兵することはありました。それは文明4年3月のことで、旧南朝後胤を擁立した西軍

ではなく東軍に組して木津に出陣、大内氏の拠る山城の諸城を攻撃しています。さらに翌年10

月には、国人の長野氏が美濃の斎藤新四郎を引き入れて他の国人と争った際も出兵しています。

 このあと信雅親王は、文明10年(1478)11月に実母・藤の方の実家の親族である甲斐

武田氏を頼っています。しかし優遇されず、文明12年(1480)に甲斐を退去して駿河三島

から海路で陸奥にいる旧南朝家臣・標葉氏を頼っています。しかし長享元年(1487)12月

に相馬氏によって標葉氏が滅ぼされると、田村氏の領内に移っています。延徳2年(1490)

にはここも追われ、陸路で上野・信濃と移動、木曽路から美濃に入り尾張一ノ宮時之島にある曼

荼羅寺に入ります。ここで信雅親王は出家して現覚と称し、母の実家である武田支流八代熊沢家

の熊沢氏を名乗り、姓としました。ここに熊沢氏が誕生したのであります。その後は僧侶として

生活し、永正11年(1514)6月に60歳で死去しました。江戸時代の儒学者熊沢蕃山はこ

の子孫です。

 応仁の乱の最中の応仁2年(1468)、興福寺との間で領地問題がまたもや表面化し、宇陀

郡の萩原庄の領有請け負いなどをめぐって興福寺六方衆の直務権の主張と対立しました。文明元

年(1469)、北畠教具は権大納言となります。文明2年(1470)、今度は宇陀郡の萩原

関の領有権をめぐって国司の家臣が訴訟を起こし、そのために伊勢神宮詣の交通が遮断されると

いう事件もおこっています。これは宇陀郡における国人と興福寺側の民事的訴訟であり、このよ

うな事件は文明年間には多数発生、先述の事件のほかに同地萩原庄の中にある開補氏の薬師寺堂

領について、興福寺による直務を中止せよと申し入れ、寺側は拒否を示したが開補氏側はこれを

強引に領地に編入、寺側も無力なためにほっておいたら関所と庄へ莫大な税料を課す行為を行っ

たのです。これに寺側は大いに反発し、開補氏は国司の家臣ということもあって、国司に伊勢神

宮詣の参道を遮断して抗議した事件や、興福寺の尋尊の先代安位寺殿の料所であった宇陀郡田口

関の関料を国人の豊田慶英が奪い取っていた事件も発生しています。いずれも国司に解決を要請

し、国司側が対策を立てて解決しています。そして安濃津・若松浦・矢野浦などの港湾都市への

賦課も活発におこなっています。

 教具は応仁の乱における介入の仕方にみられるような政治的駆け引きだけでなく、文芸にも大

きく秀でていました。特に和歌については多くの秀歌を残しています。享徳2年(1453)6

月に六角堂法師専順法眼(法印とも)を宗匠として長谷寺において連歌会を開催しています。そ

して京都の公家で当時一流の文化人であり、有職故実・和歌の大家である一条兼良との交友がみ

られます。この交友は教具自らも有職故実や和歌に造詣があったからだと考えられます。文明元

年(1469)12月に一条兼良に鮮魚が教具より贈られています。さらに一条兼良は教具の死

後に教具が書写した北畠親房著の「職原鈔」に後書を加えて「職原鈔」文明本を作っています。

その文明本はのちに清原宣賢らによって京都及び畿内における有職故実学の教科書として広く使

用されました。そして和歌の面では、明応4年(1495)に作られた准勅撰連歌集「新撰莵久

波集」に教具の連歌が載せられています。また文明2年(1470)には当代の大連歌師飯尾宗

祗らを多気に招いて嫡子の政郷とともに百五十番・五百韻の連歌合を行っています。さらにこの

連歌合の優劣判定などを応仁の乱を避けて奈良に行っている一条兼良に頼んでいます。一条兼良

はその後、この連歌合に後書を加えて「北畠家連歌合」を著作しています。そして教具は高野山

に阿弥陀院を造営して、鐘や灯篭を寄進しています。その教具も文明3年(1471)3月23

日に腫れ物のために49歳で死去しました。普通に屋敷にて没したのではなく、長野氏または世

保氏との戦いの最中における陣没とも言われています。

 応仁の乱終結から戦国時代へ突入し、守護大名の没落などがおこってきます。北畠氏も衰退へ

とむかう時代になるころです。このころになると国司としての権力はすでに無くなり、豪族化し

たという見方や、戦国大名として再出発したという見解になります。しかし時すでに遅く、弱小

大名という見解しかできない方もいるでしょう。だけれども次の項でのべる織田信長との戦いに

対し、信長に苦酸をなめさせたのは事実、完全に戦いでは倒せなかったのでありますから、戦国

大名としての力量はありあまるほどあったといっても過言ではないと考えられます。単なる伊勢

の独立勢力として片付けてほしくはないと感じる次第であります。