戦国時代と北畠一族

 

   信長との戦いにジャンプ

  

 私が考えるに戦国時代は応仁の乱からはじまり、織田信長の室町幕府15代将軍足利義昭の追放

でおわります。戦国時代は今は独立した時代として広く知られていますが、正式には室町時代末期

と考えるのがただしいのです。このあと安土・桃山時代となっていくのであります。そうなると前

々項の南北朝時代は1338年からは室町時代の初期ということになります。この年は足利尊氏の

征夷大将軍就任で、そしてその前は建武時代、後醍醐天皇の親政です。

 戦国時代は北畠氏にとって最悪の時代であります。国司としての権力は衰退し、名称だけの存在

になりかけてきたという時です。そして初期からの戦国大名の一員でありましたが、新興の勢いが

ある戦国大名のまえにはただの古い大名でしかなくなりはじめています。この戦国時代の伊勢北畠

氏としてははじめに5代伊勢国司の北畠政郷がおります。政郷は生年が不詳でありまして、60歳

代で死去したらしいので逆算すると文安・宝徳年間(1444〜1451)ぐらいでしょうが確か

ではありません。

 父は4代北畠教具で、はじめは政具と名乗っていましたが、文明3年(1471)の父の死去に

より5代伊勢国司を継ぐことによって政郷と改名しました。政郷は若いときから深く仏教を信じ、

後土御門天皇より紫衣を賜った玄虎という禅宗の高僧に帰依し、彼を伊勢に招いて一志郡阿坂村(現

在の松阪市に編入)に正法山浄眼寺を建立し、国司家の菩提寺としてこれに寺領を寄進しました。

現在、北畠氏の関係の宝物が保存されています。そして一志郡中村上庄中坊の供僧職と坊領等につ

いて滝野河下坊の権律師忍尊の領掌を認めています。さらに一志郡の積善寺や金国寺、飯野郡の一

乗寺など寺社を保護しています。また伊勢小倭に生まれた真盛上人との関係もこのころにできてい

ます。真盛上人とは、比叡山に修行した高僧で、朝廷・幕府高官に授戒し、諸国をまわって武士・

庶民の信仰を集めました。その後、近江の西教寺に住み、後土御門天皇から上人の号を賜っていま

す。この真盛上人が、明応3年(1494)に北畠氏家臣の家所長門守経成が小倭に成願寺を建立

した際に説法を担当、そのときに300人が帰依したといいます。そして政郷の嫡男材親がこの真

盛上人に帰依しています。また、政郷は弓馬の達人でもあり、和歌もよくしたということで、「こ

の国司弓矢の道に優れ、和歌の道にもうとからず。時の誉れありといへり」と評されています。政

郷の和歌は明応4年(1495)に作られた准勅撰連歌集「新撰莵久波集」に父・教具の連歌とと

もに載せられており、また文明2年(1470)の連歌師飯尾宗祗らを多気に招いて行われた百五

十番・五百韻の連歌合せにも出席しています。

 このころにはまだ応仁の乱の余波があり、父・教具は東西両軍にもつかずに「守護皇家之故」と

して不介入を明確にしていましたが、教具の死去した直後の文明4年(1472)3月、政郷は東

軍(細川方)に参加して木津に出陣した大内軍の山城国内における諸城を攻撃しています。さらに

翌年の10月には長野氏が美濃の斎藤新四郎を呼んで国人同士の争いを起こすと、北畠軍も巻き込

まれ、守護の一色氏による処理に不満を示した政郷は文明9年(1477)5月に西軍に鞍替え、

一色義直と戦っています。さらに9月には西軍の畠山義就が河内に行ったのを東軍が追跡すると、

政郷は大和宇陀郡で東軍に味方して義就を牽制するなど、応仁の乱では東西両軍にコロコロと鞍替

えを繰り返しています。文明5年(1473)9月3日、政郷は長野政高が安濃郡の神戸司職を押妨

していることを将軍足利義政に訴え、文明11年(1479)11月に長野政高を攻めたが敗れて

神戸城に脱出、逆に長野軍団に包囲されてしまいます。翌年4月に越智家栄の調停で和議、両軍撤

退しています。同年8月27日の関胤盛と長野政高との戦いには関胤盛に援軍し、長野軍団を破っ

ています。文明14年(1482)4月には畠山義就と畠山政長の両畠山の戦いには義就軍に味方

し、伊勢国内と大和宇陀郡の国人同士の争いにも積極的に介入、文明16年(1484)7月の大

和宇陀郡における秋山氏と沢氏の諸木野の関を巡る争いには秋山氏に味方して沢氏を討っています。

文明19年(1487)4月には越智氏が新しく道を開通して関所を設けて関銭20文の徴収をは

じめ、土地の長谷寺がこれに反発、長谷寺側が政郷に訴えて関所の破壊を行っています。これによ

り越智氏との対立が表面化、当主越智備中守死後に起こった跡目問題で対立はピークに達して越智

軍が伊勢道を封鎖するという事態に発展、しかしすぐに落着しています。さらに興福寺から寺領を

秋山氏が押妨したと訴えられた事件では、後柏原天皇が綸旨を出して政郷に停止させるように命じ

ています。

政郷と幕府の関係は応仁の乱における態度や、長享元年(1487)9月の将軍足利義尚の六角

高頼討伐での少数の出兵などによりあまりうまくいったものではありませんでした。それにより幕

府から詰問書状が出されています。この詰問書状は参宮路に設置した関所問題・幕府への奉公問題・

伊勢両神宮領三郡の押領問題・伊勢神宮外宮放火問題のことで、翌年の2月に政郷は幕府に対して

関所問題では、「国司は小分限であり、そこで関務をもって内者どもに扶持を加えるために設置し

たもの」と返答、幕府奉公問題では「国務のために伊勢に在国しているが、一族の者を代官として

京都に在京させている」と返答、神宮領押領問題では「三郡の地下人が侍を打倒し、凡下がふしだ

らな事をしているので成敗した」と返答、最後の外宮放火問題に対しては「内宮と外宮が争って、

内宮が放火した」と返答して詰問を回答しました。

 政郷の一生は戦いと仏教信仰の二つが強く現れています。しかし、戦闘の結果としてはあまり大

戦果をあげたとはいえません。北伊勢の高岡や神戸にも攻め込んでいますが、勢いはありませんで

した。伊勢の皇太神宮と豊受大神宮の対立や両方の門前町の民衆同士の対立がピークに達したのも

この頃です。伊勢の山田地区(神宮区域の門前町)は自治制である三方政治が行われ、その首領は

御師(祈祷師・参詣者の世話役・高利貸活動の元手)の有力な土倉(高利貸業者)が握っており、

当時は榎倉一門の村山武則が三方の首領であり、経済上の威力を擁して北畠国司家を恐れないほど

の勢力をもっておりました。さらに両神宮の神人(神官等の奉仕者)とともに交通路の遮断や社殿

と市中に放火したり、秩序を悪化させてました。神宮領不介入の原則があり悩みましたが、政郷期

のはじめは両神人の話し合いでの解決を選びました。ですが政郷と材親父子は宇治六郷(神宮区域

の門前町)の神人救援を理由にしばしば兵を出して、これを抑えようとしました。次の事件として

は、文明18年(1485)12月19日に伊勢神宮両宮の神人・両門前町の民衆に争いが発生し

て、遠くからきた参詣者が迷惑していると伊勢神宮内宮・宇治地区から北畠国司家に陳情があり、

裁量をもとめられます。しかし、「神三郡」は神領であるので国司の権限は及ばないということで、

文書で神宮外宮・山田地区にやめるように申し出るが、山田地区はこれに従わず外宮・山田地区側

の横暴が益々激しくなり、岡本に関を設けて内宮・宇治地区への参詣・移動を妨げ、宇治の民家を

焼くなどの乱暴をしました。内宮・宇治地区側も対抗して争い、やむことはありませんでした。さ

らに文明19年(1486)10月24日から山田地区の民衆が対立する宇治への通路を完全遮断

して、宇治に食糧が入ってこないという事件が発生します。宇治地区は政郷に救援を求め、政郷は

軍団を率いて山田地区を焼き払うことをしています。焼き払われた山田地区側は長享2年(148

8)6月に報復として宇治地区に放火するという暴挙にでました。その後も山田地区の民衆は宇治

地区を放火し続け、翌3年6月に政郷は山田地区を再攻撃するかどうかを評定しています。政郷・

材親父子は意を決して軍兵をもって宮川を押しわたります。外宮側神人及び不逞の輩はこれを恐れ

て神域の御垣内に潜み、正殿に火を放つなど前代見聞の不祥事となりました。さらに政郷・材親父

子は山田地区の過激派首謀者である榎倉一門村山武則を討つという武力解決を行い、残党も二見浦

にて叩き潰しています。これにより明応5年(1496)1月11日には山田一揆団が形成され、

田丸城を包囲する事件が起きます。しかし、政郷が出兵すると、山田地区と対立する宇治地区民衆

が田丸城を救援、山田一揆を敗走させています。この神社間(神社神域間)の対立は孫の晴具の代

まで北畠氏を悩ますもととなりました。神社間ではなく、伊勢神宮関係者のモラル違反的事件も起

こっています。文明15年(1483)に飯高郡御常供田代官による神税横領事件などです。これ

は神宮禰宜によって訴えられ、政郷が裁判しています。榎倉一門を討って山田地区を抑えたことに

より、山田民衆は国司を恐れて一時的な平和が訪れましたが、延徳元年(1488)6月、山田地

区が再び宇治地区に放火騒ぎをおこします。これが延徳3年(1490)まで行われた挙句、さら

には仲間の上野地区の民衆と語らって磯城に立てこもるという事件まで起こします。政郷と材親は

明応2年(1493)7月19日、ついに出陣して磯城の山田地区・上野地区連合軍を攻撃、同年

8月22日に陥落させ1000余人を討ち取っています。そしてその足で山田地区へ直行、地区全

体を焼き払い、斎宮にて首実検を行い、安養寺を本陣とします。材親の帰依する真盛上人はこの様

を憂え、言葉を尽くして諌められ、やがておさまります。

 明応6年(1497)には親族間で争いが起こります。政郷の子で、木造家の政宗に婿養子とし

て入った木造師茂が嫡男材親との不仲を理由に舅・政宗を味方に引き入れて木造城に材親討伐の兵

をあげます。明応4年あたりから、師茂派の家臣国人団である高柳刑部少輔方幸・大宮式部少輔勝

直・沢 兵部少輔方満・山室民部少輔勝兼ら11人が自分の領内への国司干渉拒否を明確にしてお

り、国司政郷と対立しておりました。これらの国人家臣が師茂を擁立し、政郷・材親に叛旗を翻す

ことになるのであります。木造軍は長野氏に救援を求めて政郷・材親と戦うが敗れて和睦、師茂は

自害したということであります。これに関してはもうひとつの見解があり、政郷が師茂擁立のため

に画策したという説があります。政郷は材親とその母親を拘禁したが、材親は脱出して沢氏と連携

して、木造城を攻撃します。木造軍は長野氏に救援を求めたが、長野氏の干渉に反対した政郷が材

親に組したので師茂は敗退し自害、木造政宗も剃髪したということです。この場合、沢氏は師茂派

を明確に打ち出しておりましたし、木造政宗の剃髪時期も7年後ですし、師茂派は完全に反政郷派

であり、政郷と材親を追放しようという試みに直接の政郷が組するはずも無く、前者が正しいよう

に感じ取れます。

 また宗教と北畠氏との関係になりますが、このころから修験道との関係がより深くなってきます。

修験道の道場である天台宗傘下の下太郎生の日神不動院・真言宗傘下の三多気の真福院などが伊勢

国内にあり、これを保護しています。直接的結びつきは北畠満雅時代までさかのぼりますが、地方

では情報が家の命運を握っているだけに、土着忍者等の隠密役に徹する軍団を配下に持たなかった

伊勢北畠氏はこの修験道に属する修験者山伏を情報収集の隠密役、そして重要交通路の警備役に使

役したことは間違いないと考えられます。

 そして文明13年(1481)に出家して無外逸方(この法号に関しては子の材親の法号という

説もある)と号したが、文明18年(1486)6月に病により二月堂に参篭、10月7日には従

四位上右近衛中将に任ぜられたが、永正5年(1508)12月多気にて死去しました。

 次に北畠政郷の子の北畠材親についてであります。この材親ですが、読み名としては「キチカ」

が正しいのですが、「タダチカ」とも読むとの説もあります。材親は若年から父に従って北伊勢の

長野氏や神戸氏と戦い、武勇の人でありました。官位変遷としては伊勢国司を継ぐ前の文明8年(1

476)12月26日叙爵します。同18年(1486)4月10日には右近衛少将、長享3年(1

489)7月8日従五位上、そして正五位下から従四位下に進み右近衛中将に任ぜられます。明応

4年(1495)1月5日従四位上、文亀2年(1502)8月23日参議、永正2年(1505)

10月4日には正四位下に進み参議を辞しています。同3年3月28日従三位、同年4月5日には

権中納言となり、同5年の父の死去により6代伊勢国司を継ぎます。(文明18年(1486)8

月6日に父・政郷より伊勢国司を譲られたという説もある)はじめ北畠具方と名乗っておりました

が、室町幕府10代将軍足利義稙の初名義材の「材」を与えられ、材親と改めるのであります。「北

畠源氏系図」によれば材親には兄がいたとされており、兄の名は政勝といい、田丸(玉丸)御所と

称しています。この政勝は国司の座についているとも言われております。その期間としては文明1

8年(1486)から永正5年(1508)までくらいの間で、先述材親国司就任別説の時期が政

勝国司就任の時期ということです。しかし、田丸には材親の実弟・顕晴がすでに入城して田丸御所

を称しており、さらに政郷の弟・政能の子に政勝がいるため、この政能の子・政勝と材親の兄・政

勝の同一人物性も考えられます。そしてこの田丸顕晴の実在性も不明確であるため、政勝の実在性

はあってもおかしくはありませんし、田丸顕晴との同一人物という可能性も考えられます。文明1

8年の浄眼寺開山の文書には政勝と具方(材親)の署名・花押があり、実在性がさらに濃厚になり

ますが、浄眼寺開山は政郷が大幅に尽力していたものであり、政郷の署名が当然あるはずなのに無

くて、政勝の署名があるのは不可思議です。こう考えると、政勝は政郷の別名または誤記とも考え

られるのではないでしょうか。

 材親は深く神仏を信仰し、伊勢や熊野に詣でています。伊勢国司として国内の安泰を祈ったので

ありましょう。そして儒学にも通じておりました。はじめ北伊勢の長野氏・神戸氏・関氏・工藤氏・

赤堀氏・楠氏ら諸豪族国人と戦っていましたが、材親は弟の具盛に神戸氏を継がせ、妹を長野氏の

嫁に出し、赤堀氏とも神戸具盛の次男治部少輔を養子に入れて縁を結ぶなどの政略結婚等によって

家臣団や勢力下に組み込み、北畠氏は南伊勢から北伊勢へと勢力をのばすことができたのでありま

す。

 永正6年(1509)、細川高国と戦って敗れた三好長秀が伊勢に敗走してくると、これを攻め

て自害に追い込んでいます。この戦いで細川高国に味方した理由としては、細川高国が材親の妻の

父であるという説があります。しかし、圧倒的に材親の方が高国より年上であり、実際には材親の

嫡子・晴具の妻が高国の娘なので、前説は誤りではないかと考えられます。晴具の妻の実家に味方

するということはありえます。しかし、このときまだ晴具は3歳であり、すでに婚儀をしていたと

は考えられないので、軍略・政略上の立場から高国に味方したと考えられます。この味方によって

細川高国との友好関係が樹立され、晴具と高国娘との婚儀が成立する要因となったのではないでし

ょうか。伊勢神宮両宮・両門前町との戦いについては、父・政郷とともにおこなわれたものであり

ますので、材親国司時代における神宮・門前町との戦いは大きなものはありませんでした。

 このころ材親は港湾を完全支配下に置くことを考え始めます。今までは影響下として役銭の徴収

だけでしたが、今度は港湾そのものを占領してその支配下に置くことでした。それにより、外部と

の接触や港湾の経済的利益の獲得ができることを望みました。そのため永正6年7月に一族である

愛洲氏の一軍が大湊を攻撃、制圧しました。この大湊は古くから伊勢神宮の港で、諸国神領から来

る年貢を一手に集め、神宮に輸送した伊勢神宮の重要拠点であります。ここの支配権を奪われるこ

とを危惧した両神宮神官・宇治六郷神役人・山田三方神役人は、「大湊は厳重な神領で、両神宮の

御膳米と神船調役を勤めている所であり、この発向により神供がなくなるので取りやめてほしい」

と訴えています。

 その材親は永正7年に権大納言に任ぜられますが、翌年腫れ物を患い、44歳で落飾し法号を心

江と称し、飯高郡大石村の山上に隠遁しました。よってそこは大石御所と呼ばれました。やがて永

正14年(1518)、50歳で死去しました。材親の国司在任期間はたった2年間くらいという

短期間でありました。はじめの方は父とともに神宮・門前町との戦い、国司時代は近隣国人・土豪

との戦いに費やされました。

 材親の落飾後、国司家を継いだのは長男の北畠晴具であります。晴具は文亀3年(1503)に

生まれ、はじめ親平と名乗って永正7年(1510)10月12日叙爵、侍従に任ぜられます。同

13年(1517)12月10日従五位上となり具国と改名、同15年左近衛中将となり12代将

軍足利義晴から「晴」の一字を与えられ晴具と改名します。大永5年(1525)12月31日正

五位下、同8年2月29日従四位下、同年3月6日には参議に進みます。

 父・材親時代からの山田三方の反乱や山田一揆の田丸城攻め、神宮の対立などの争いが絶えず、

さらには新興の一向一揆まで出現し、しばしば出兵していますが、抑えきれずに長期にわたって抗

争がつづきました。神宮との対立では、今までは宇治地区に味方して山田地区を攻撃していました

が、晴具治世後期のころからは両地区の門前町を占領して支配化にいれることを画策、天文3年(1

534)1月、山田地区の山田三方の軍団が国司に従わないという理由で出兵、宇治・山田両神宮

門前町は共同して晴具の軍勢と宮川で対峙し、両門前町軍団を討っています。さらに両門前町残党

軍団と二見浦・塩合の合戦でも倒し、両門前町を支配下におさめています。新興の一向一揆に関す

る対立は天文元年(1532)10月の事件があります。これは南都に発生した雁金屋願了率いる

一向一揆で、大和・伊賀の一揆衆を糾合して伊賀・伊勢と乱入しており、晴具はこれを鎮圧してい

ます。他には天文13年(1544)に関氏・長野氏・土岐氏・朝倉氏とともに六角氏に加勢して

近江の京極氏を攻め自害に追い込んでおります。このころには北畠国司家の武威は大きくあがり、

南伊勢五郡を中心に志摩・紀伊・伊賀・大和にまで勢力範囲をのばしていますが、抗争はいまだ抑

えきれずにいました。そして国人や大和宇陀郡の郡内一揆団相手の抗争も再燃し始めています。郡

内一揆団は古くから存在していましたが、戦国期になると一揆構成員の百姓の独立力が強まって国

司側もこの存在が無視できなくなり、郡内の秋山氏と沢氏の抗争には晴具自身、沢氏本人だけでな

くその家臣(郡内一揆構成員たる百姓)たちにも等しく覚悟を促さなくてはならなくなっています。

さらには郡内一揆団の逃散も起こっており、天文2年(1533)に秋山氏の家臣の一揆構成員が

当主秋山国堅に逆らって逃散するという事件が発生、秋山国堅は同郡の沢兵部大輔に逃散一揆団が

沢領内に入ってもこれを許すなという申し入れをしています。この国人・郡内一揆団・地侍階層は

自治法的な「掟」で統合されており、国人・郡内一揆団では喧嘩等は法に従って成敗すると相互確

認をしています。地侍階層では、喧嘩等の成敗は一致して事にあたると松尾為秀・飯岡実次ら地侍

と西左兵衛入道・中西半次郎ら家来衆との間で取り決めています。国人間の抗争では、大和宇陀郡

の秋山氏が宇陀郡の完全支配をもくろみ、勝手に郡の中心である西殿庄に私的税金を課す事件が発

生、晴具は同郡の国人沢氏に注意するように促しています。さらに秋山氏は同郡の芳野氏への攻撃

準備を始め、芳野氏と沢氏、地侍ら北畠配下国人と激しく対立しています。晴具は秋山氏の芳野氏

攻撃を許さず、芳野氏の芳野春竹丸は配下の地侍南 重綱・西田久延らとともに秋山氏の掟違反を

指摘しています。秋山氏の掟への不服従は完全には不明ですが、宇陀郡という狭い地域での自治階

層からの脱却が考えられます。元々、秋山氏(沢氏・芳野氏も同様)は北畠国司家の与力(直接の

家臣ではない)という待遇ですが、国人としての独立色が強く、さらに郡内一揆団という小規模勢

力の一翼を担っていますが、この構成員たちが権力的に巨大化していくことを抑えきれず、郡内一

揆団にかわる強い勢力と結合しようと考えたからではないでしょうか。北畠氏はこの対立と動揺を

巧みに利用して国人を把握、秋山氏・沢氏・芳野氏を家臣としています。後々秋山氏は宇陀郡に侵

入してきた三好氏の家臣松永久秀に近づいて、北畠軍と三好軍が戦うもとをつくっています。

 天文年間には田丸城の家臣池山伊賀守と山岡一党が城主田丸弾正少弼顕晴を殺害するという事件

が発生します。晴具は舟木兵部少輔を先陣に田丸に緊急出陣、山上城(山神城とも)に拠る山岡一

党らを包囲します。舟木が池山伊賀守の弟・池山五郎兵衛を射殺したことで、城兵は動揺、そこに

本田・家木の軍勢が城内に突入して勝利し、田丸の反乱を解決しています。田丸家は顕晴の子・具

忠が継ぐことになりました。

 北畠晴具は文武両道の名将で、弓馬は達人で和歌をよくし、能書家でもありました。永正17年

(1521)には細川高国らとともに600番の歌合せを多気御所でおこなっていますし、大永2

年(1522)には有名な連歌師宗長を御所に招き、しばらくのあいだ逗留させて連歌の興行もし

ております。管領細川高国は晴具の妻の父であります。細川高国は享禄2年(1529)5月、将

軍義晴が三好軍の三好勝長・柳本賢治に攻められて近江朽木谷に退いた際に婿である晴具に援軍を

求めて伊勢へ下向したものであります。その滞在中に有名な「北畠氏館跡庭園」を造ったとされて

います。その2年後、高国は再起をはかって甥の細川晴元や三好元長と摂津天王寺で戦いますが敗

れ、大物浦(尼崎)で戦死しています。

 伊勢・志摩近辺への北畠氏勢力拡大状況としては天文年間に志摩の鳥羽城を攻撃、それを支配下

におさめ、志摩の小浜・安楽島・浦氏ら諸国人を掌握して志摩国をほぼ制圧、その後大和にも進出

して吉野郡・宇智郡を制圧して支配下におさめます。このことで大和諸国人との対立が発生、筒井

氏・越智氏・十市氏・久世氏らと合戦に及んでいます。南方進出としては紀伊への進出がみられま

す。まず熊野地方から入り、尾鷲・新宮方面まで進出して支配化に編入、さらに十津川の侍たちま

で国司の配下にしております。伊賀における北畠氏の進出は、名張郡と阿賀郡のみの制圧となりま

した。このようにして北畠氏は近隣を制圧して勢力拡大を画策したのであります。最後は伊勢国内

における長野氏との抗争でした。天文12年(1543)、南伊勢の支配権をめぐって長野藤定と

対立が激化しました。晴具は秋山・沢両氏以下をもって垂水鷺山に出陣、長野藤定と直接対決する

こととなりました。長野軍は細野・分部氏を先陣に七つ備の陣で迎え撃つことになりました。長野

軍の赤備え河内武者の奮戦や、国司軍の家木主水佑・豊田五郎右衛門尉・垂水釈迦房らの奮戦があ

り勝敗は決せず南北に退却することになりました。その後は先述の京極攻めで一時的妥協はありま

したが、すぐに対立がはじまり、晴具は長野藤定をたびたび攻撃していますが、長野氏が滅亡また

は屈服することはありませんでした。

 晴具は天文5年(1536)に出家して天祐と号し、天文22年(1553)嫡男の北畠具教に

国司家を譲ります。そして永禄6年(1563)、多気にて61歳で死去しました。

 天文22年(1553)に国司家を譲られた北畠具教は享禄元年(1528)の生まれで、母は

細川高国の娘です。具教は剣術にすぐれた人で、剣聖塚原ト伝に剣を学び、「一の太刀」の秘伝を

受けるまでに上達したのであります。その後上泉信綱が多気御所を訪れて具教と手合わせしたが勝

敗は決せず、信綱は具教に新陰流の極意を伝授しました。そして信綱の紹介で柳生但馬守宗厳(石

舟斎)と試合をして、具教は宗厳を破ったのであります。具教の剣術の逸話としては、塚原ト伝の

養子である塚原彦四郎が養父ト伝より「一の太刀」の秘伝が具教にのみに伝えられ、自分には伝え

られなかったことに策を考え、単身伊勢の具教に謁見、具教に自分が養父から伝えられた「一の太

刀」と具教に伝えられた「一の太刀」を比較したいと虚言を弄して、具教の「一の太刀」を見分、

彦四郎はそれを習得したという。具教は塚原ト伝の新当流と上泉信綱の新陰流を併合して新しい剣

術流派である「伊勢新刀流」を創始しています。さらには和歌にも造詣が深く、北畠小原少将国永

と和歌を送りあっています。このように北畠具教は文武両道の名将でありました。具教の官位の変

遷は天文6年(1537)6月23日に叙爵、同月26日に侍従に任ぜられます。同14年(15

45)2月26日に従五位下、同月28日に左近衛中将、同16年3月23日に美作介(美濃介と

も)を兼任、同18年2月28日正五位下、同21年2月22日従四位下、同年12月28日参議、

翌年1月5日従四位上、同23年(1554)1月に正四位下から正四位上となり、萌葱の御衣を

賜っています。それから同年3月25日従三位権中納言に進み、弘治2年(1556)3月には田

丸城に公卿山科言継を招いており、翌年8月2日正三位になります。この時伊勢国内に禁酒令を発

してしますが、翌年に廃止しております。永禄6年(1563)に権中納言を辞して官位の変遷は

おわります。

 具教の時代は北畠国司家の勢力が伸び、長野氏との抗争も終焉に向かうころでした。天文年間に

伊勢安濃郡の長野藤定を葉野の戦いに攻めています。具教は1000余人の兵をもって山崎左馬助

を大将に長野氏を攻撃、長野方は細野・分部ら一族を大将に500余の兵でこれを迎撃します。山

崎左馬助は、戸木と七栗という地の中間地点にある葉野で長野方と激突することとなり、山崎は長

野方大将の一人分部与三左衛門を討ち取って勝利を宣言して引き揚げるところを長野方の細野藤敦

に討たれています。この戦いで分部与三左衛門という人物を討ち取ったとありますが、この人物は

後の分部光嘉であるため、戦死というのは間違いで分部軍を倒したという意味ととってもいいと考

えられます。または別人とも考えられます。光嘉自体、分部家の養子に入っていますので、養子先

の分部一族の一人とも考えられます。このとき、光嘉の養父・光高が戦死しているので、光高が有

力です。その後たびたび長野藤定と合戦に及び、永禄元年(1558)には和議を申し込ませます。

具教は次男の具藤を長野藤定の養子とし、永禄5年(1562)5月5日に長野藤定が死ぬと、具

藤が長野家を継いで長野氏一門・長野氏家臣を掌握しています。このようにして長野氏を配下にお

さめると今度は北伊勢の関氏と戦っています。具教は関氏と仇敵関係にある長野軍団を先頭に50

00余人の兵で安濃浦から軍船にて関氏を攻撃させます。関氏軍は5000余人の兵で三重郡塩浜

にて迎撃することを決定、塩浜にて伏兵して長野軍団が兵を揚陸するところを赤旗を合図に急襲、

長野軍団をことごとく撃破しました。関氏軍の被害は関氏軍に味方した神戸氏軍の神戸左衛門尉と

その兵たちの戦死くらいでありました。長野軍団は神戸氏の神戸具盛が関氏方に味方したことに激

怒、神戸具盛の神戸西城の攻撃を画策します。国司軍の一族波瀬御所の波瀬具之も家臣の矢川下野

守と阿曽弾正忠らとこれに呼応して神戸氏に味方する赤堀治部大輔具之(神戸楽三具盛の次男で現当

主具盛の大叔父)の赤堀城の攻撃を開始します。長野軍団による神戸西城攻撃は、兵士は数千人規模の

ものでした。神戸具盛は城を長野軍団に包囲されるとこれをわざとあしらい、長野軍団を深い沼沢

地に誘い込もうとします。ある深夜、長野軍団は神戸石橋の龍光寺門前を越えて移動中に沼沢地に

はまってしまいます。それを見た神戸具盛は1000余人の兵でこれを急襲、ことごとく長野軍団

を撃破することに成功しました。長野軍団はまたも敗れ去ってしまいました。これと並行して行わ

れた波瀬具之の赤堀城攻めは、思いも寄らない赤堀方の防戦により、落城させることができずに退

却しています。その後、具教は長野軍団に赤堀城の攻撃を命じます。長野軍団も連敗するわけには

いかず、計略をめぐらします。長野軍団は深夜に兵を城付近に伏兵して、極秘に城内に潜入させる

ことに成功します。この侵入に城内は混乱、ついに赤堀城が陥落することになりました。

 次に内乱的関係のことですが、弘治元年(1555)12月の飯高郡の豊田五郎右衛門尉(元北

畠氏家臣で垂水鷺山の戦いで戦功があった)と多気郡の野呂三郎が首謀となり、流浪人など数百人

を動員しておこした徳政一揆が発生しています。一揆団は斉宮城と城主留守のところを奪った智積

寺城で城主智積寺氏の妻子を人質に立てこもって対抗します。しかし豊田らは国司軍の一揆討伐司

令官たる船江城主本田美作守の家臣である中西清右衛門尉・高嶋次郎左衛門尉に討たれて鎮圧され

ました。永禄年間には大和宇陀郡の秋山氏が具教に対して敵意を持ち始めます。特に秋山氏の当主

秋山入道宗丹の子・秋山藤次郎は三好氏と縁組して具教の命に逆らいはじめました。具教は安保大

蔵大輔・磯田彦右衛門ら伊勢衆に命じて大和神楽岡城攻撃を命じます。安保と磯田は共に同じ場所

で死ぬと約束していたほどの大親友で、磯田が退却中に敵将に襲われ、首に負傷して討ち取られる

ところを安保が敵将を討って磯田を助けて退却するという美談な逸話があります。その後、秋山氏

は具教と和睦、秋山入道宗丹を大内山但馬守に預けます。秋山氏は藤次郎が死亡したので、その弟・

右近将監が継ぐことになりました。

 永禄10年(1568)8月、織田信長が出現し伊勢に攻め込んできました。滝川一益を先駆に

織田軍が北伊勢に奇襲をしかけてきて桑名・長島・多度に侵攻、桑名・員弁などが占領されてしま

いました。さらに楠城の楠貞孝を攻撃してこれを陥落させ、神戸の高岡城に迫りましたが、城将の

山路弾正はよく防ぎこれを撃退しました。翌11年(1569)2月、今度は織田信長自ら兵を率

いては高岡城を包囲しました。このときに千草・宇野部・赤堀・稲生諸氏が信長に降伏しますが、

山路弾正の指揮する高岡城守備兵を攻略できませんでした。信長はこれを倒すために別の手段にで

たのであります。信長は神戸氏と和議を結んで、三男の織田信孝を養子にいれて神戸氏を手中にし

たのであります。さらにその一族の峯・国府・鹿伏兎氏をも配下に編入させました。しかし、宗家

の関氏の関 盛信だけが六角義賢と通じており、配下にはなりませんでした。信長は続いて長野氏

を狙います。まず細野藤敦が拠る安濃津城を包囲してこれを攻撃します。しかし、藤敦の防戦によ

り陥落させることができませんでした。しかし、長野本家では藤敦の弟・分部光嘉と川北藤元が信

長の弟・織田信包を養子として信長の傘下にはいることが謀られていました。それゆえに雲林院・

乙部・中尾氏らの長野氏一族・長野氏家臣も分部らに同心し、ついに織田信包を養子にして現当主

長野具藤を追放することに決定します。しかし、細野藤敦だけは反対して安濃津城に立てこもりま

した。分部光嘉は一計を案じ、反対派の細野藤敦を潰しにかかります。分部光嘉は当主長野具藤に

細野藤敦が信長に通じていると讒言、具藤は父・具教に申し出て細野藤敦討伐に出陣します。細野

藤敦は是非も無しと逆に具藤の鑪鞴湯城を攻撃して具藤を多芸に退却させました。これにより長野

家は信長傘下に入ります。そしてその後、関 盛信も神戸氏・長野氏の信長への降伏をみてついに

信長傘下に入りました。織田信孝は神戸信孝となり神戸具盛の娘を娶り、信長家臣の幸田彦右衛門

尉・岡本太郎右衛門尉らを補佐係とし、関・峯・国府・鹿伏兎氏を与力としてつけられました。織

田信包は長野信包となり、上野城に置かれて神戸具盛の妹を娶ります。そして雲林院・分部・草生・

乙部・中尾・川北氏らを与力としてつけられました。

 翌12年8月、ついに織田信長は大挙して南伊勢に侵攻してきたのであります。国司北畠具教は

信長来襲の報に一族精鋭を集め、迎撃の態勢を整えました。具教軍1万6000余、それも8つの

城に分散してあるのでひとつの部隊は僅少でありました。それにひきかえ信長軍は当時織田領の畿

内・尾張美濃の兵を結集した7万であり、北畠軍の7倍以上でした。具教は迎撃態勢の一環として

今徳城に奥山常陸介、小森上野城には藤方御所一族と北畠小原具就、八田城に大多和兵部少輔、木

造城に木造御所一族、阿坂城には大宮入道含忍斎、船江城には本田一族、曽原城には天花寺小次郎、

岩内城には岩内御所一族を置き、信長の侵攻に対抗しようとしました。信長軍は南伊勢に入り、叔

父の津田信正を安濃津城に入れて長野軍団とともに今徳城の奥山常陸介と戦わせましたが、具教軍

の今徳城救援などもあり陥落させることはできませんでした。そのころ畿内において三好軍の一党

が乱を起こして、そちらの方を先に倒さなくてはならなくなったために信長は上洛し、一時的に伊

勢から撤退することになりました。

 信長の侵攻を助けたのは皮肉にも北畠具教の弟であり木造家の当主木造具政でありました。具政

の謀反の真意は北畠一族の馬揃えにおける自分の順位の不満と、それをもとにした家臣の柘植三郎

左衛門尉らがそそのかしたためでした。具教は秋山・沢両氏を先頭に兵数千で具政の戸木・木造の

両城を包囲攻撃しますが、城内の鉄砲名人海津喜三らの奮戦と織田軍の滝川一益の援軍に支えられ

て陥落しませんでした。それと同じ時に、信長は7万騎で伊勢に侵攻してきたのであります。北畠

具教は木造具政の謀反に怒り、人質にとっていた柘植三郎左衛門尉の娘(嫡子とも)を船江城主の

本田美作守に預け、本田の家臣の中西甚大夫らによって雲出川端で串刺張付けの刑に処しています。

 8月23日、信長は滝川一益・関氏軍で小森上野城を押さえ、織田信昌・長野軍団で今徳城を押

さえて交通路を確保、木造城で木造具政らと軍議をひらきました。26日にはそこを出発し、当時

源浄院の僧であった滝川雄利と柘植三郎左衛門たちを案内人として山際の道を南下、沿道に火を放

ちつつ大多和兵部少輔の拠る八田城に向かいました。その朝濃霧により八田城攻撃を中止、信長は

近隣の岩内城と阿坂城に降伏勧告を出します。岩内城の岩内氏は国司の一族であるため回答を保留

しますが、阿坂城の城主大宮入道は頑として拒否し、27日に1000人の兵で籠城します。織田

信長は木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉、以後秀吉とする)を先陣に襲わせます。しかし、小金塚付近

で船江城の本田軍によって信長本隊が奇襲を受けました。これは木造城での軍議で乙部藤政より船

江城に本田美作守の子・本田親康とその伯父・右衛門尉以下小原冷泉方・名張の北村仁蔵軍・西岡

団之助軍のほか弓一揆・十文字一揆の一揆軍団が立てこもっているために陥落は難しいと言われて

いたので、船江城無視の決定がなされていたために、本田軍が無傷でいいために行われたものでし

た。攻撃に向かった秀吉は阿坂城まで来るとすぐに阿坂城の堀際まで攻め込みますが、城主大宮入

道の子・大宮大之丞景連は無双の豪の者で弓の射撃がはやかったので、秀吉軍の兵は次々にうちと

られました。秀吉はくやしがり、馬のあぶみをふんばって立ち上がり、大声で「弓射る敵は教経な

るか為朝なるか、ただひとりの矢先に恐れ見苦しくも攻め口を退くことのあるべきや、かかれやか

かれ、進め進め」と叫びせめよせた。大之丞は先頭をきる秀吉の胸板めがけて弓を射掛けますが、

不運にも弓の弦が切れて矢は秀吉の左股にあたった。しかし秀吉は矢を引き抜き、門を打ち破って

城内に侵入してきたのであります。もし、このときに秀吉が討ち死にしていれば後の歴史は大きく

変わっていたでしょう。秀吉もこの負傷は生涯にたった一度のものでありました。阿坂の城内では

野外での華々しい戦果に対して、内応者が相次いで出現し火薬に水をいれたりされました。そして

ついに阿坂城は落城、大宮入道・大之丞は捕縛されてしまいました。27日夜、信長は城を滝川一

益に任せ、途中の船江城を無視して自分は大河内城に全力をつくすことにしたのですが、また小金

塚付近にて船江城の本田軍によって再度夜襲が行われます。しかし、信長はすでに用心しており、

逆に奇襲して本田軍を敗走させました。だが本田軍もこれで夜襲をやめるはずもなく、曽原の天花

寺軍と共同して信長が九鬼嘉隆の水軍の軍船で黒部地区に兵士を揚陸しているところをめがけて夜

襲を敢行しています。28日に大河内についた信長は桂瀬山に本陣を設け、城下に火を放って民家

を焼き払い、柵を二重三重に作って外部との交通を遮断して完全に城を包囲しました。8月29日

には織田軍の池田恒興が北畠軍の日置大膳・家木主水・舟木光春・堀内光経らが守る大手の広坂口

で戦闘を開始しました。搦手からは織田軍の丹羽長秀・稲葉一鉄らが激しく攻撃してきました。し

かし、城兵の奮戦がめざましく織田軍の損害は甚大でした。具教は広坂口の守将の功績を賞して感

状を与えています。このとき信長軍ははじめて実戦に鉄砲を用いました。さらに信長は見張りの番

兵を柵に配置して夜襲に注意を払っています。ですが、9月にはいると船江城の本田軍による夜襲

が敢行されることになります。本田軍は丹生寺付近の氏家ト全の陣所に放火・襲撃し、蜂屋般若之

助以下氏家方36人を討ち取るという戦果をあげています。信長も夜襲を計画、池田恒興・丹羽長

秀・稲葉一鉄はひそかに龍蔵庵口に入り、信長家臣朝日孫八郎の陣所から二の丸に潜入します。し

かし、ここで潜入グループが鬨音(ときのこえ)をあげたために具教ら城内の北畠方に察知される

ことになりました。北畠方は松明を投げつけたり、弓や鉄砲で潜入グループをことごとく撃退しま

した。そのあと門を開いて日置大膳亮・安保大蔵少輔・家木主水佑らが出てきて潜入グループと合

戦に及び、朝日孫八郎以下多数を討ち取っています。この夜襲のあと具教は夜襲から防衛するため

に家臣空円入道の進言をうけて出兵したあとの閉門や時間を計っての撤兵、入城時における人改め

のための「立勝・居勝」という合言葉を決めています。この大河内城を巡る合戦で、信長軍には浅

井長政の軍勢も応援に駆けつけていました。この戦いで浅井方は藤堂高則(藤堂高虎の兄)・多賀

良政が戦死しています。10月になると、信長の陣所に到着した滝川一益が伊勢衆を率いて大河内

城本丸と西の丸の間にある魔虫谷(真虫谷とも)を攻撃するために出陣します。しかし、城兵の弓・

鉄砲やあらかじめ用意されていた竹槍等によって次々に滝川軍は討たれたり、谷底に落下したりし

て総崩れし、その上に城兵の舟木光経・光教父子や潮田長助らが開門して攻撃してきたために完全

に壊滅、滝川軍は撤退を余儀なくされました。

 破竹の勢いの織田軍もおもいもかけない北畠軍の頑丈な抵抗に2ヶ月も包囲を続けていました。

しかし、北畠軍重臣鳥尾屋石見守が糧食の準備等を万全にし城の守りを固め陥落する気配はありま

せんでした。信長もいらだち、本陣の大木に人を登らせて城中に向かって「大腹御所(具房のこと)

の餅食い」など罵倒を浴びせ始めます。城内ではこれらの罵倒に激怒して大木に登っている人を射

殺すように命じます。秋山氏の家臣である諸木野弥三郎・秋山萬助・秋山志摩介(島之助とも)が

大木の男射殺担当官に選ばれ、特に諸木野弥三郎が実行官となりました。諸木野は大弓を持って敵

味方の見物する中、弓を射て4〜5町先にいる大木の上の男を大木とともに射抜きます。信長はこ

れに大いに驚き、さらに感激して諸木野の射た矢を引出物とともに城中に返還しています。

 このようなことがあっても大河内城は陥落する気配はなく、信長はついに謀略をつかうことにし

ました。まずは城中の武士たちに内応の約定をとりつけることでした。だがしかし、内応したのは

野呂左近将監ただひとりで、その野呂も城中で殺害されて内応作戦は失敗に終わりました。ついに

信長は具教と和議することに決します。信長は具教と和議を結び、次男の織田信雄を養子として具

教の子の北畠具房に与え、具教を多気に隠退させようとしました。大河内城の北畠軍は具教の三男

北畠式部大輔親成と家臣の蔵田喜右衛門行俊が信長の真意を見抜き和議に反対しますが、国司家の

執権的重臣水谷刑部少輔が織田信雄を養子とするのは信長から人質をとったとして賛成し、和議方

向へ傾いていきます。それに具教・具房父子も同意し、信長との和議を決定、具教は家臣・朴木隼

人正を使者に和議を結びました。信長によって包囲されていた大河内城の囲みがはじめてとかれた

のです。その日はまちまちですが10月4日から27日までの間ということです。「太閤記」では

大河内城の防備に手を焼いた秀吉は、別に多気城の大河内宮内少輔・森本飛騨守ら2000人を襲

い、具教・具房の妻子、一族の妻子37人をことごとく捕らえました。これを使って信長は和議を

決意したとされています。信長はついに武力で北畠国司家を倒すことができなかったのであります。

これは伊勢武士の奮戦の賜物でありまして、伊勢の誇りとしてよいでしょう。しかし信長の謀略の

前には伊勢武士の力も残念ながらおよばなかったのであります。

 織田信長の次男織田信雄が養子に入るときの伊勢国司は北畠具教の長男北畠具房でありました。

具房は天文16年(1547)の生まれであります。母は六角義賢の娘であります。天文24年(1

555)7月従五位下、弘治元年(1555)8月2日左近衛少将になります。永禄元年(155

8)に豊受大神宮前において元服します。同6年(1563)に父・具教より伊勢国司を譲られま

す。信長の阿坂城攻め中は細首城というところにいたらしいのですが、阿坂城落城後に城を焼き払

い、大河内城に入った模様であります。永禄12年(1569)、信長の次男織田信雄が北畠国司

家に養子にはいることが決定し、薬師寺を経て船江城に入ります。信長は信雄が12歳という若年

ということで、腹心の部下や北畠を裏切った滝川雄利・柘植三郎左衛門尉をつけて養子に入れまし

た。そして津田信正(信長の叔父)を南伊勢の奉行に任じて伊勢を勢力下に入れていきました。衰

退しきった北畠家はどうすることもできませんでした。信長は関所を廃止して、御師堤大夫のとこ

ろを宿舎に伊勢神宮参拝を行います。御師福井大夫はこれを憎み、参拝の帰り道を襲撃しようと計

画しますが、堤大夫の密告により逆に福井屋敷を攻められてしまいました。次に船江城の武士たち

は信長との前面対決を決して、信長岐阜帰城の途中の松阪の三渡で鉄砲を撃ちかけて襲撃していま

す。信長はこれらに激怒、船江城を破却することを命じます。同年12月、信長の命をうけた津田

信正は稲生勘解由左衛門尉を案内人に船江城の矢倉や城壁を破壊すると申し伝えました。津田信正

は曽原城に先述のことを伝えると、城主天花寺小次郎はこれを拒否、伊賀衆に下知して400余人

の兵を船江城に派遣して船江城破却中の織田軍54人を討って船江城から追い払い、稲生を射殺し

て曽原城兵と伊賀衆50人・一揆衆とともに立てこもります。さらにこれに家木主水佑・林 備後

守・森本飛騨守らも加わり大騒動となります。元亀元年(1570)に付城(敵城を攻撃するため

の出城)を構築して包囲しますが、曽原城の兵糧の備蓄量が豊富なために屈服せず苦戦しました。

さらに潮田長助もこれに乗じて四五百森に新城を築城して岸江又三郎・星合左衛門尉らと立てこも

り、信長は伊勢南方の城をひとつも破壊することはできませんでした。それで翌年夏、信長は具房

に圧力をかけ具房自ら出陣することとなり、具房の出陣を見た家木主水佑は主君に弓引けぬと投降、

具房軍は曽原城に攻撃をかけて天花寺小次郎を戦死させ、これを鎮圧しました。

 元亀元年(1570)国司北畠具教は出家し、不智斎または天覚と号し大河内城に引退しました。

翌年には北畠具教の娘・雪姫と信雄が船江城にて婚姻の式をあげ、元亀3年(1572)11月、

信雄は船江城から大河内城に移って元服し北畠三介具豊(のちに信意と改名)と名乗ります。信雄

の長男織田秀雄は雪姫との子供であります。そのとき具教は三瀬に築城して移り、三瀬御所と呼ば

れました。

 この信雄養子の一件ですが、一体誰の養子かということが疑問視されています。国司家の養子に

はいったのだから当時国司の北畠具房の養子ということになると考えられます。当時伊勢国司を継

ぐわけですから、先代国司の養子に入るのは当然の理でしょう。でも具房には当時まだ子供が居ま

せんでしたので、父・具教の娘、いわゆる自分の妹を信雄に嫁がせたのです。具教の娘を信雄の正

室にしたから具教養子説が浮上するのであって、具房が妹を養女にしたとならば、信雄を具房の養

子とすることができます。具教の養子説がありますが、それは先ほどの通り具教の娘・雪姫を信雄

の正室としたからでるのがひとつです。しかし、信雄の婚姻当時具教は出家しており、表向きには

無権限ということですから、具教に養子の話がいっても、具教は具房の養子にしろと言うはずです。

隠居の本文は国政(伊勢国政権)からの事実上の引退ですので、信雄を養子にとることはありえな

いと考えられます。伊勢国司記略にも雪姫を具房の養女として嫁がせたとあります。しかし、養子

の話が出たときまだ具教は出家しておらず、国司の職は譲ったものの未だ現役として北畠氏を指揮

しているので、具教の養子説が出てもおかしくありません。がしかし、先述の通り国司の職を継ぐ

のに現役国司の養子に入るのは当然だと考えられるので、具房養子説が有力だと考えられます。

 自説としましては、信雄養子は信長が強引に取り決めたことなので、誰の養子でもよかったとい

うこともありようには考えられます。今となっては具房・具教どちらの養子かと大論議されていま

すが、当時としては、どっちでもよかったと考えられます。信雄の心の中でしかわからないことで

しょう。信長にしては北畠及び伊勢一国さえ手中におさめられればよかったのですから、養子先は

どちらでもよかったのでしょう。強いて言えば具教・具房という人物の養子ではなく、伊勢国司と

いう官職の養子に入ったとすればどうでしょうか。でも、後の田丸城での北畠一門大虐殺のときに

具房だけが信雄によって「養父として助命」ということで助けられているので、ある意味、信雄の

心の中では、具房の養子となっているのではないでしょうか。

 天正3年(1575)、信長は具房に迫って家を信雄(具豊)に譲らせます。信雄は大河内城か

ら田丸城に移り、「御本城様」「御本所」または「御所」とよばれました。譲った具房は「中の御

所」と呼ばれ、多気郡三瀬に隠退していた具教は「三瀬御所」または「大御所」と呼ばれました。

田丸城にいた田丸直昌は岩出城に移り、直昌の父・田丸具忠は一ノ瀬御所に移されました。信雄の

国司としての行動としては、宮川以東の神領地を没収して宇治六郷に300石を課しています。そ

して神宮禰祇重大家の徳政を免じたり、山田三方に宮川上下渡の橋の橋賃を課して徴収を行ってい

ます。さらに、滝川一益と国内を検地し、長野信包と協議して伊勢南北の境界線として雲出川をこ

れに定めています。伊勢長島の一向一揆では天正2年(1574)9月下旬に神戸信孝とともに一

向一揆方の大嶋親崇が立てこもる大嶋城を攻撃しています。さらに長島の一向一揆の落人が松阪縣

(阿形)の法蔵寺に立てこもると、船江城の本田軍を派遣してこれを撃退しています。官位として

は天正2年(1574)6月に正五位下侍従に叙任、11月には左中将に叙任されています。天正

3年の夏、信雄は新規家臣となった度会郡赤羽新之丞の熊野山占拠の意見を取り入れ、赤羽を大将

として出陣させます。さらに加藤甚五郎に長島城を与えて赤羽に協力させて三鬼城を占領させます。

これをみた紀伊新宮城主の堀内氏虎は新宮・尾鷲・九鬼・鬼本ら熊野勢で突然蜂起、三鬼城・長島

城を陥落させます。世間では熊野勢は国司の配下なので前伊勢国司具教のさしがねではないかとう

わさしました。このようなことで織田信長は具教身辺を内々に調べたところ、3月に具教の重臣鳥

屋尾石見守が甲斐の武田信玄に使いして、信玄の上洛時に味方して岡崎まで船をだして迎えに行く

と約束していました。しかし途中で信玄が死去して約束はなりませんでした。具教は実のところ信

長に一泡ふかせてやろうと気構えしておりました。北畠具教は天正3年(1575)2月に一族の

北畠国永に「花におく霜も涙や染めぬらん昔の春を忍ぶ思ひに」という和歌を、天正4年(157

6)2月には「昔かたり今ひとたびと思う身のあすをも知らぬ世をいかにせん」という和歌を送っ

ています。具教は自分の運命そして北畠家の行く末をすでに予測していたのでありましょう。天正

4年1月には具教家臣の鳥屋尾石見守・右近将監父子が年賀の挨拶に岐阜城の織田信長のもとに行

った折、長時間待たせるなどの織田方の待遇の劣悪さに右近将監が激怒して「信長公は我が主君に

あらず、無礼なり」と、石見守と帰ろうとしたところ信長が登場します。信長は国司からの進物を

大庭の白砂の上に並べるなど、無礼極まりない態度で臨んだ上、鳥屋尾らに向かって長刃を打ち振

るなどの示威行動を起こしています。鳥屋尾はこれらにさらに激怒、信長が国司家を滅亡させよう

としていることを感じます。さらに信雄も自らの小姓が国司家臣の屋敷で小鳥を捕ったことが原因

で屋敷の主人である国司家臣によって打ち叩かれた事件を根にもち、信長に告げ口して国司一族虐

殺の建議をはじめています。

 ついに名門伊勢国司としての北畠家も最後の時をむかえました。織田信長は三瀬御所に隠居して

いる具教の殺害を決意します。信長は討手として藤方刑部少輔・奥山常陸介・長野左京進に領地の

朱印をあたえて誓紙を書かせて命じました。藤方は名代として家臣加留左京を赴かせたが、奥山常

陸介は病気と称して朱印を返還して出家しました。加留と長野は天正4年(1576)11月25

日、三瀬を軍兵によって包囲しました。織田軍の先鋒は滝川雄利・柘植三郎左衛門・苅野左京亮で

あります。三瀬の館では北畠具教は火辺に座し、夜着を着て3歳の徳松丸と1歳の亀松丸とおりま

した。近習の佐々木四郎左衛門がきて加留と長野が出仕してきたと言ってきました。具教はふたり

の子供を乳人につれていかせ加留と長野に対面したのであります。対面中、長野は突然槍をとって

具教に突きかかって来たのであります。具教は槍を受け止めて太刀を抜こうとしましたが、佐々木

によって太刀の刃をおとされ詰め置かれてとれなかったのです。そこに加留が太刀を抜き、具教を

斬り暗殺したのであります。具教49歳でありました。この三瀬御所の変では滝川雄利・柘植三郎

左衛門尉が参加しているといいますが、実行グループとは別の総合指揮官と考えられます。いまま

でのは「北畠物語」と史実をもとにした具教最期のシーンですが、別なものにはこういう風に具教

最期のシーンが描かれています。前述とは全く逆の展開で、具教は刺客としてきた者19人をその

場で斬り捨て、100余人に重傷を負わせます。そして7尺余(2メートル半)の石垣に飛び乗り、

矢倉に駆け上がりその上で同朋方阿弥の介錯で自害したとなっております。それから7年後に北畠

具教の暗殺を命じた織田信長も本能寺で家臣の明智光秀の謀反により49歳で自害しております。

 北畠具教を暗殺したひとりの加留左京の家臣・重内という者が北畠具教の首を提げて逃げようと

しましたが、急を聞いて駆けつけた芝山小次郎秀時・大宮多気丸吉守たちはそれを見つけ、重内を

その場で斬り捨て首を奪い返しました。そして国司代々の本拠地に葬ろうとして馬をとばしますが、

敵軍の追撃が厳しく、大久保清左衛門と松井新九郎・新次郎兄弟は栗谷というところで防戦しました

が、壮烈な討ち死にを遂げました。そのすきに芝山・大宮の両名は尾噺峠をこえて野々口というとこ

ろまできました。多気御所の北畠政成はその日朝に敵襲があったので、三瀬の具教の安否をたずねる

ために家老の芝山出羽守秀定に行かせています。秀定は馬を飛ばして庄司峠を越えて野々口にさしか

かったところ、息子の芝山小次郎秀時に会い主君の最期を知ったのであります。秀定は秀時・大宮の

両名に奈良興福寺東門院院主の具教の弟に急変を伝え、還俗して再挙をはかるように勧めなさいと命

じました。ふたりを行かせたと秀定は主君具教の首を傍らの山上に葬り、寄せ来る敵兵を蹴散らして

太刀をくわえたまま馬もろとも滝壷に飛び込み、壮絶極まる戦死を遂げて主君の後を追ったのであり

ます。その滝は出羽の滝と呼ばれるようになったということです。そして山上の首塚には、今立派な

五輪塔が建っています。この三瀬の館の戦いで武士14人が自刃、30数人が難に殉じ、具教の子の

徳松丸も亀松丸も殺害されてしまいました。

 その後多気御所も本格的に攻撃されました。城代は北畠一族の北畠左衛門尉政成であります。この

政成という人は伊勢国司4代北畠教具の三男北畠政能の孫であり、妹に北畠具房の正室鶴女がいます。

そしてとても剛勇な武将でありました。その朝読書中の政成のもとに田丸城からの使者という2人の

侍が面会をもとめてきました。もちろん自分の首をねらう刺客だということはわかっていました。い

きなり飛び掛ってきた敵のひとりに碁盤をなげつけて倒し、慌てて逃げ出そうとする残りのひとりに

手裏剣を投げつけて殺害しました。そして多気の城下に潜入して火を放った一味の者どもをことごと

く討ち取らせました。それから一族郎党を集結させ諸門を固め、奮戦を続けた羽柴秀吉を総大将とす

る織田軍を散々に悩ませました。しかし、織田軍の大軍の前に屈し、12月4日夕刻に政成は櫓に火

を放って、近親とともに自決し、壮絶なる最期をとげました。これによって多気御所と霧山城の武士

80余人が討ち死に、玉砕したのです。

 これより前、国司一族の具教の次男長野具藤・三男北畠親成・坂内御所一族をはじめ、大河内・波

瀬・岩内等の各御所及び一族もことごとく殺害することにしていました。田丸城に饗応するとの理由

でまず長野具藤・北畠親成・坂内具義を呼んでこれを拘禁、11月25日、織田信雄は合図の鐘を鳴

らして田丸城内の3人を土方勘兵衛・立木久内・森清十郎等に殺させ、田丸宿舎にいる病気の大河内

教通を柘植三郎左衛門尉・小川久兵衛に殺させます。坂内具信は天野佐左衛門・池尻平九衛門尉によ

って襲われるが、謀反した家臣によってすでに討たれており、さらに波瀬・岩内御所の一族等を婦女

子に至るまでことごとく殺害、国司一族を抹殺したのであります。しかし北畠具房は織田信雄の養父

ということでたすけられて滝川一益に預けられ、安濃郡河内に押し込められましたがのちに解放され、

その後の天正8年(1580)正月5日に34歳で死去しました。もうひとり逃げられた人がおりま

した。それは具房の嫡男を妊娠していた鶴女であります。このことは次の項目(逃避行から有馬家の

再興へ)で説明いたします。そして岩出城の田丸具忠・直昌父子も信雄の使者が来て許されています。

具房の死後、中院通勝の次男中院親顕が養子になりました。親顕は慶長8年(1603)9月28日

に生まれました。慶長12年(1607)1月6日に叙爵によって北畠氏の養子に入ります。同17

年(1612)12月28日、元服し従五位下侍従に任ぜられます。元和元年(1615)正五位下

左近衛少将、元和5年(1619)従四位下、同8年従四位上左中将、寛永3年(1626)正四位

下、翌年参議になります。しかし寛永7年(1630)8月3日、28歳で死去しました。無嗣であ

ったため、北畠家は有馬昌範の再興までの数年間形式的には本流断絶ということになりました。 

 話はすこしもどり、北畠一族ことごとく殺された天正4年(1576)11月25日、芝山出羽守

秀定の命によりその子の芝山秀時と大宮吉守は奈良興福寺の東門院院主のもとにいきました。芝山ら

は院主に院主の兄である具教の死を伝えました。院主はただちに還俗して北畠宮内少輔具親と名乗り、

伊賀の長木の吉原氏に身を寄せます。そして六角義賢の娘を妻としたらしいです。そこで具親は国司

家の再興の策をめぐらしました。三瀬谷では栗谷氏・唐櫃氏、長谷街道筋では菅野氏・谷氏・三田氏・

三竹氏、一志郡小倭の七人衆・川股氏・波瀬氏らが味方しました。そして具親は森城に迎えられ、芝

山・大宮・鳥屋尾・家木・峯・森等の旧臣も続々とはせ参じ、翌5年(1577)春、川俣谷・滝野・

山崎などに砦を建設してついに主家再興の挙兵をするのであります。多気郡波多瀬城の城主波多瀬三

郎実徳は15歳でしたが、叔父山副十六兵衛実有・六呂木十之右衛門実忠兄弟とともに挙兵しますが、

やぶれて捕らえられ、船江で処刑されてしまいました。その時織田信雄は三郎らを惜しみ、助命を申

すが三郎らは聞かずに刑に服しました。

 信雄は具親の挙兵に対して、森 清十郎に三瀬を、日置大膳に川股を、足助十兵衛尉に坂内を、滝

川雄利・柘植三郎左衛門尉・長野左京亮に小倭を与えて具親軍を迎え撃つことにしました。挙兵した

具親軍は鉄中砦での戦いで滝川雄利・田丸直昌・日置大膳亮らの大軍にはじめは健闘しますが、織田

軍の謀略の前に脱落者があらわれたりして不利な状況へと進んでいきます。しかし、激闘が繰り広げ

られ、日置・滝川が負傷するという事態も起こり、和睦をもって川俣城を開城しました。しかし北畠

具親方の鳥屋尾石見守などが戦死し、滝野・山崎の砦も日置大膳の弟・日置治大夫によって陥落させ

られ、具親方城の菅野谷城や三竹(御嶽)城も陥落または和議にて開城し、桃股城も信雄の家臣とな

った秋山氏によって陥落させられました。三瀬では森 清十郎が三瀬左京進以下を配下に組み入れ、

川俣では日置大膳が謀略をもって赤羽新之丞を引き入れます。阿曽城の大内山但馬守は熊野の堀内氏

善を引き入れました。そのとき、赤羽郷に攻め入って赤羽新之丞を討ち取って三瀬谷一円を信雄の支

配下に置きました。具親に味方した小倭七人衆の攻撃としては小倭を与えられた滝川雄利・柘植三郎

左衛門尉・長野左京亮によって攻撃と和議を巧みに使い分けて自然とこれを鎮圧します。川俣谷軍団

の攻略としては、川俣谷の一族・波瀬の峯氏が具親に味方して強硬に信雄に対抗、日置大膳・治大夫

兄弟と激しく戦います。しかし、治大夫により閼伽桶城・九曲城が陥落、さらに沢・秋山・芳野・船

江本田・三瀬の森が日置兄弟に加勢、峯城を包囲します。峯軍も奮闘しますが敗れ、峯本人と弟・乙

来栖平八郎は捕縛され、信雄によって火あぶりの刑に処せられました。このとき峯は信雄に対して「是

れ、侍を害せんの法ならんや、其の因果を見果てむ」と言っています。峯城攻撃部隊はそのまま鳥屋

尾右近将監の富永城を攻撃して陥落させ、張本人の具親自身がいる森城を大軍で包囲します。具親は

奮戦するが負傷してやぶれ、安芸の毛利氏を頼って落ちていき、備後鞆浦に居住しました。家木主水

佑も森城を退去して川俣山に隠居するが、追捕使に発見されて戦うが秋山氏の家臣・上津江新坊に斬

られ、戦死しました。一志郡三雲村小野江の玉井新次郎清秀も具親に同心したために信雄に攻められ、

玉井清秀とその父・玉井兵部少輔定義、弟・玉井新三郎是秀、その母が捕らえられて殺害されました。

 天正10年(1582)、本能寺の変で織田信長が死ぬと、具親は安芸から再び伊勢にもどってき

ます。そして安保大蔵少輔・岸江大炊助・稲生雅楽助以下3000人で挙兵して五箇篠山城に立てこ

もり、同年12月には大河内方面まで攻めていきました。しかし翌年の1月1日に織田信雄は津川玄

蕃頭・田丸中務少輔・日置大膳亮・本田左京亮等をつかわせて攻撃してきました。具親軍は本田軍の

中西帯刀などを討ち取る激戦を繰り広げたが、具親軍の敗色が濃厚となり、2日の深夜に松明を投げ

つけたり鉄砲をさんざん撃つという最後の抵抗を試み、翌日の早朝に城内に松明・鉄砲の火縄をつけ

たまま具親は密かに伊賀へ逃亡しました。午前中に信雄軍が空になった城を落しました。その後、具

親は伊賀で一揆を形成したが滝川雄利によって鎮圧されます。しかし具親は伊勢の武士たちと語らっ

て再興を試みますが、すべて失敗に終わりました。天正12年(1584)に蒲生氏郷が伊勢に入国

します。同年に豊臣秀吉が織田信雄と対立したとき、蒲生氏郷は秀吉につき、8月14日に1000

余の兵で小倭に出兵し、口佐田城・南出城を陥落させます。その足で蒲生氏郷は信雄方の堀山次郎左

衛門が拠る奥佐田城を包囲します。これを聞いた具親は伊賀から蒲生氏郷に協力して安保大蔵少輔を

使者に奥佐田城の堀山を説得して開城させ、さらには小倭軍団をも蒲生軍の配下に属させることに成

功します。この功績により具親は蒲生氏郷の客分に迎えられました。具親は秀吉に領地(多気郡有尓

村?)を賜りますが、これを辞退します。具親は朝廷に仕えることにして秀吉に許されるが、成就せ

ぬ前に天正12年(1584)、蒲生氏郷のもとで客死しました。

 具親・親顕の死によって伊勢国司としての北畠家は滅亡しますが、具房の遺児北畠昌教の系統によ

って再興にむかってすすんでいき、具親の夢であった公卿として再興するのはこののち70年後の延

宝年間であります。