逃避行から有馬氏としての再興へ

 

 天正4年(1576)11月25日、北畠具教をはじめ北畠一族がことごとく殺害されました。

その危機のなかを逃げ切った人がいました。9代伊勢国司北畠具房の正室で北畠政勝の娘の鶴女で

あります。このとき鶴女は北畠具房の子供を妊娠しておりました。田丸城に拘禁されていた鶴女を

北畠家重臣の鳥屋尾石見守と井上味兵衛専正に救出され、ふたりの指図により伊勢国内の桃が原(現

在の茂原)に難をさけたのであります。そして天正5年(1577)正月5日、同地の吉田家にお

いて千代松丸のちの北畠昌教を生むのであります。この吉田家というのは確実なことはよくわかっ

ていないのですが、吉田大悪才兵庫頭の屋敷(茂原城)が有力です。吉田家は吉田兼好の後裔で、

現在吉田家当主吉田兼明氏によると吉田家の支流(兼好の家系)が北畠家の公私を握る家司(諸大

夫)として北畠家と生死をともにしていくとあります。このことから吉田家というのは吉田大悪才

兵庫頭の屋敷である茂原城が有力なのです。そして、その報は父・北畠具房に伝えられましたが、

具房は滝川一益に押し込められておりどうすることもできず、それに織田信長は北畠家抹殺を目指

していましたので、北畠昌教出生を隠し、井上・鳥屋尾・吉田ら家臣に養育をたのみ、北畠家を再

興してくれるようたのむのであります。

 しかし、同年の夏に織田信長に気づかれ、織田信雄・滝川一益・滝川雄利などの伊勢組に探求さ

せられることになりました。よれによって鶴女と昌教と近臣で吉田家を去り、伊勢宇治方面へ逃げ

ていくのであります。その時、鳥屋尾の後任として北畠具親に具教暗殺を知らせた芝山秀時・大宮

吉守らが吉田家に入っていました。鳥屋尾石見守は北畠具親の要請をうけて北畠旧臣筆頭として川

股の戦いに出兵し、戦死します。吉田一族は信長からの探求を回避させるために桃が原に残り、信

長軍と対峙して昌教らの逃亡の猶予を稼ぎました。上記の近臣には北畠家家老に就任した井上味兵

衛専正、そして芝山秀時・大宮吉守ら数名です。芝山・大宮については明智光秀と羽柴秀吉との戦

いである山崎の戦いで明智方について戦死したという説がありますが、これは第2芝山家・第2大

宮家という土地土着した秀時・吉守の兄弟が昌教の居所を発覚されないように2人の名前を称して

明智方に参陣したものです。織田信長を本能寺で倒した明智光秀を北畠旧家臣はこれを絶賛、多く

の旧北畠家臣が明智方に参陣しています。 

 織田信長の探求はとどまるところをしらず、大多数の追手が差し向けられました。そこで北畠昌

教ら一行は北畠具教の娘で昌教の伯母・大和吉野飯貝門跡本善寺佐順証珍の妻をたずね、その縁に

より本願寺顕如の庇護をうけることになりました。そして石山本願寺に入り、昌教は出家して顕如

より「顕寿」の法名を賜ります。そして家老の井上専正も顕如の弟子となり、法名を「教順」と賜

りました。おりしもそのとき本願寺も織田信長と対立していました。天正8年(1580)、石山

本願寺が陥落し、顕如が本願寺を退去すると昌教は顕如の許しを得て、諸国修行の旅(実質は再興

拠点探し)にでるのであります。井上ら旧臣とまだ幼い昌教は北方へむかいます。その途中に父・

北畠具房の死去を聞いたとされています。ということは一度伊勢へ立ち寄ったのでしょうか。大坂

から北方へ向かうルートに東海道を使ったのでしょう。でも東海道の徳川領までは信長の勢力範囲

なのでよほどの覚悟で伊勢へ立ち寄ったのでしょう。しかし北陸方面よりはいささか安全ルートを

とおれるでしょう。大坂〜丹波〜若狭〜越前〜加賀〜越中を通るとなると越前の柴田勝家軍に捕え

られるおそれがあり、越中東部の上杉領まではかなり危険であります。東海道ルートなら伊勢まで

はまだ信長の勢力がおよんでいない紀州沿岸を通って伊勢へ入り、そこで旧家臣の船で安濃津方面

の港または鳥羽方面の海賊船から相模くらいまで海上移動が可能です。志摩の鳥羽方面には旧北畠

勢力下の海賊衆や信長の家臣化した九鬼嘉隆と対立している海賊衆がまだ残存しており、海賊船で

の海上移動は可能でしょう。陸上移動にしても自らが本願寺で一向宗門徒資格(浄土真宗の僧籍)

を取得しているので、強い味方となる各地一向一揆勢力を巧みに利用しつつ、尾張国内をなんとか

無事に通りきれれば、徳川領の三河に入れ、家康も目をつぶってくれて北方へいくのが可能でしょ

う。駿河に入れば武田・北条領で安全でしょう。この移動の途中で聞いた父の死にあらためて北畠

家の再興を決意するのであります。

 北方に向かった一行は出羽鹿角に至り、専正寺という井上専正を住持とした寺を建立します。そ

こを北畠家再興の本拠地にして武士たちを集めたのであります。その後昌教は還俗し、鹿角大湯村

の折戸に移動し、折戸館を建てて本拠地を移動します。その頃は関が原がはじまっていました。折

戸館の昌教らは津軽為信の客分武将として関が原に参加、為信と東軍に属して戦い戦功をあげるの

であります。戦後も津軽氏の客分武将として特に為信の子の津軽信枚から師匠待遇で優遇されまし

た。元和2年(1616)2月17日、北畠昌教は43歳で折戸館にて死去します。死の前に昌教

は北畠家の再興を家臣・子供たちに頼み、そして「直系の子孫は他家の禄を喰むことを堅く禁ず」

と遺言しました。そして昌教の再興の願いは長男の北畠昌清にゆだねられました。昌清は文禄4年

(1595)、折戸館で生まれます。市郎右衛門と称して井上専正の娘を妻として父の死後に家を

継ぎ、北畠家当主となりますが、北畠氏に理解のある津軽藩士の城島氏の斡旋により保護をうけて

いた津軽藩主津軽信枚に津軽藩の本拠地である弘前に近い浪岡というところに館を建立してもらっ

てそこに移ります。その後折戸館は専正寺の管轄下におかれ、のちに昌清の弟である北畠昌近が折

戸を姓として折戸昌近と称し、折戸館に入った模様です。昌近は生年は不詳で、左近と称して兄で

ある昌清とともに家門再興に力を入れますが、兄より先に慶安3年(1650)9月11日に死去

しました。はじめ折戸氏はすでに鹿角大湯折戸地方にいたとかんがえられていましたが、専正寺に

よると昌近と昌清の長男折戸昌広がはいったのが折戸氏のはじめということです。別説として北畠

昌教も折戸を名乗っていたということも伝わっています。

 元来浪岡は北畠一族ゆかりの地であり、北畠顕家の子の顕成系が浪岡御所と称して統治しており、

別に顕家の弟・顕信の孫・親能が浪岡に入り浪岡氏を称して統治しておりましたが、このときすで

に北畠氏ということはなく、天正年間にほとんど津軽為信によって滅ぼされていました。なぜ津軽

為信が滅ぼした浪岡北畠と同族である北畠昌教らを客分武将としたのかはまだわかっていませんが、

津軽信枚が教養文化に興味があって文化人でもある北畠氏から文化を学ぶために父・為信に客分と

しての召抱えを言上したとか、北畠旧家臣の個人武力に注目して召抱えたとか、浪岡北畠氏を滅ぼ

した際の罪滅ぼしなど色々説が乱立していますが、どれもあてはまると考えられます。北畠旧家臣

の個人武力といいますが、北畠昌清は北畠具教が創始した伊勢新刀流剣術を極めており、津軽藩に

剣術師範として藩士たちに教育を施していたこともありました。この伊勢新刀流は剣聖塚原ト伝の

新当流と上泉信綱の新陰流の融合分派で、塚原ト伝から一の太刀を伝授された北畠具教が剣祖で、

現在は廃絶して流派の名称しか残っておりませんので、どんな剣術だったのかは残念ながらわかり

ません。しかし、この剣術は免許皆伝になると新派の創始が認められると聞いたことがありますの

で、津軽地方に伝わる剣術にこれに近いものがあるかもしれませんが、わかりません。

 北畠昌清は浪岡を本拠地として再興運動に力をいれていくのであります。昌清は津軽藩士城島氏

に斡旋をたのみ、北畠旧家臣を津軽藩士として一時的に津軽藩に出仕させ、再興するまでの間、ま

っているように頼むのであります。旧家臣たちは泣いて昌清の命に応じたといいます。そして昌清

は津軽信枚の保護のもと武士としてより、旧来の本家である公卿としての復興を考えて朝廷に参内

の許可を求めますが、成就せずに長男の昌広に譲って引退するのであります。家を譲られた昌広は

生年は不詳でありますが、性格は勇猛で父より伊勢新刀流剣術を極め、家門再興に努力し、津軽藩

で剣術師範をして日々の糧を得てしました。しかし時が到せず、仏門に入り道閑と号しました。そ

の後昌広は再興をあきらめ、昌広系は仏門の人として仏の道に入ったり、先述したとおり折戸氏を

称して折戸館主としてつづいていきました。北畠昌清は再興をあきらめた昌広を折戸館主とし、夢

を自分の次男の昌範に託すのであります。

 北畠昌範は承応2年(1653)6月に浪岡で生まれます。父・兄について伊勢新刀流剣術を極

め、父について和漢学・有職故実の道を極めます。そして兄が当主を継ぐと、伊勢新刀流達人・和

漢学者・有職故実学者として津軽藩の藩士たちや一般庶民の教育に貢献します。しかし、名門北畠

氏に生まれながら、土民のような生活をしていることに嘆き、父の許可を得て諸国をまわり。各地

で北畠家の再興に努力、そして剣術の修行をするのであります。他国に剣術者をはじめ色々な人脈

をつくっていきました。

 浪岡に帰ったとき兄が仏門にはいったし、父・昌清も寛文5年(1665)に死去したので家を

継ぐことになりました。継いだとき、津軽藩主津軽信政や同藩重臣の城島氏をはじめ、奈良左内・

有馬吉俊(吉俊については旧北畠家臣という説あり)らと親交をもっていたので藩主を通じて幕府

や朝廷に再興を斡旋してもらうことに成功しました。そして諸国修行中に知り合った人脈にも再興

を協力してもらい、ついに本流正系滅亡後約50年にして再興がかなうのであります。諸国修行に

いく直前に有馬吉俊の娘を嫁して、有馬と改姓していましたので、源氏北畠家としてではなく源氏

有馬家として朝廷より北畠一族の北畠親顕の養子として認められ、従五位下として叙された模様

です。しかし、公家としての復活なのか幕臣(旗本系)としての復活なのかは、その後の研究で謎の

多いところです。資料的にも不足部分しかなく、歴史学的にはあってはいけない内容となっています。

有馬という姓にしたのは、一応朝廷が北朝系列であったために北畠という姓を使用するのをはばか

ったためとかいわれていますが、真偽のほどは確かではなく、北畠親顕の養子にはいったわけです

ので、北畠氏を称しても差し支えなかったと考えられますが、当時の有馬昌範がしたことなので、

現代の世でははかりしれません。しかし朝廷では、源平藤橘を公式の姓としていますので、苗字は

何でもよかったのかもしれません。この有馬吉俊家の有馬氏の語源は定かではありません。北畠家

家臣であったならば志摩水軍の関係で起きた有馬家などといえます。でも津軽家家臣であったなら

ば十三湖を中心とする東日流六郡の内三郡のひとつである「有馬(ウマ)」から出た「有馬氏」と

いえるのではないでしょうか。

 家紋は北畠家幕紋の割菱から笹竜胆・五三桐の併用に改めたようです。そしていままで住んで

いた津軽浪岡の地を領地荘園とすることを幕府・津軽藩より認可され、150石を領します。この領地

についてですが、浪岡全体を領地とした浪岡全体説と浪岡の五本松地区を限界とする浪岡五本松説

のふたつがありますが、幕末の変革により、わからなくなりました。浪岡館が五本松地区にあったこと

から五本松説が有力だろうと考えられています。しかし五本松だけでは150石も収穫があるのかという

のも問題と、形式上の150石なのかという問題もあり、領地説と並行して150石という石高数も疑問視

され、100石以下だったのではないかとか言われています。ここには北畠顕家系の浪岡御所及び浪岡

氏一族、または北畠顕信系の浪岡一族、折戸一族が有馬と改姓したりして代官として土地管理をしてい

たといいますが、代官名や土地行政まではわかりません。土地行政については津軽氏に委任していたと

いう説もでてきています。浪岡全体説は津軽側の情勢からみると、津軽家の領地という部分が浪岡地区

にはたくさんあるので、やはり五本松地区限界説の方が有力ではないかと考えられます。150石もあれ

ば生活はわりかし楽でしょうが、後々剣術道場・学問所の経営やその他の私的収入(写経や公文書の代

筆業・博打賭博開帳などによる非合法的収入等)における収入で暮らしていたと聞き及びますので、

150石は形式的石高ではないかと考えられますので、浪岡もまた形式的領地ということになると

いうこともありようには考えられます。でも後の弘前大地震における私財を投げ打っての復興復旧

活動や、隠居所としての浪岡利用などしておりますので、浪岡(五本松地区)を私的に自由利用で

きたということは間違いないようです。

 兄の折戸昌広が元禄11年(1698)11月8日に死去しています。再興に成功した有馬昌範も10年

後の正徳3年(1713)6月11日に61歳の生涯を閉じています。

 この有馬昌範は北畠有馬家という形でも、復興したことにかわりはありません。この昌範は北畠

有馬家中興の祖にふさわしい人物であると考えます。歴史各書には北畠具房・親顕で北畠氏は全く

断絶したとありますが、全く偽りの史実であります。具房は遺児ともいうべき昌教に家門再興の願

いを託し、滝川一益の押し込みをうけておりました。押し込みは幽閉・閉門と同様で外界との交流

を絶たれてしまうので、昌教情報がとどかなかったのでしょう。昌教出生の情報はとどいたのです

が、その時は奇跡的だったのでしょう。しかし昌教が出生したという情報は信長につたわり、具房

は監視を強化され、昌教の居場所がわからなくなってしまったのでしょう。そして解放されたあと

昌教の居場所を探しましたが、まもなく死去したので昌教を探し出せなかったのでしょう。もし昌

教が具房に発見されていたら、家門再興はもっと速くできたでしょう。具房が解放されたとき昌教

は本願寺から畿内の放浪へ向けて移動していた時期で定位地はなく、探すほうの具房も発見は無理

だったと思います。昌教が畿内から北方へいく旅路の途中で具房死去の報がとどくのです。